【姉ちゃんと】真夏の夜の夢[14]【エッチ】


カテゴリー:姉ちゃんとの体験談
tag:


 私たちはまず布団を抱くマサルの腕を解くところから始めた。ベッドに片膝をつき、静かに指を一本ず

つ広げていく。マサルの手は汗ばんでいた。一本、また一本。その様子をミサキはマサルの足の方から興

味深そうに眺めている。手が布団から離れると、手首をそっと両手で掴み横へずらしていく。一瞬、マサ

ルの寝息が大きくなった気がして、二人ともその状態で制止した。その時のミサキの顔ったら、眼をまん

丸にして、子供のシーサーみたいなんで、そのせいで思わずマサルの腕を落としてしまいそうになった。

それからしばらく待ってその腕をベッドのわきにそっと置いた。

 マサルは見事に仰向けになり、両手はだらんと横に広げられている。だだ、あとは丸まった布団がマサ

ルを縦に二分するように乗せられているだけだった。ようし、そう心に呟き、私は上半身にかかる布団を、

まるで宝を覆う布を取り払うかのように、そっと慎重に持ちあげた。その間にミサキはマサルの右足に引っ

かかる布団を取り外す。私はミサキの手際の良さに感心した。そして、私たちは細長い布団の両端をそれぞ

れが持ち、それを床の上に危険物でも取り扱う業者のようにそっと置いた。私たちは一瞬見つめ合い、そし

て再びマサルに視線を戻す。

 マサルは文字通りパンツ一枚の姿でそこにいた。無防備にも片膝を曲げ、口をぽかんとあけて寝息をたて

ている。いたずらじみた八重歯がわずかに見える。それは先ほどよりもいくらか深い眠りに入っているよう

だった。あらためてマサルの体を眺めていると、やはりとても中学生の体格とは思えるものではなかった。




あどけなさが残るのではなく、まさに今この時にしてあどけない顔をしているのである。「かわいい……」、

今度は本当に小さく呟いてしまった。ミサキは私を見て満面の笑みで頷く。

 



カテゴリ:姉ちゃんとの体験談の関連記事



エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

【姉ちゃんと】真夏の夜の夢[14]【エッチ】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


エロ体験談まとめ 前後のページナビ!

2017年12月26日 | エロ体験談カテゴリー:姉ちゃんとの体験談

このページの先頭へ