【友達と】17才のスワッププレイ【エッチ】

彼女は17才。私は45才。犯罪的なカップルだ。彼女もオレも相当スケベである。。彼女の躯にセックスのよさを仕込み、彼女は何度もイクような躯に仕上げた。フェラの技術も日に日に腕を上げた。そんな彼女を私ひとりで独占することはもったいない。他の男にも若い肉体と教え込んだ性テクニックを味わってもらいたいという願望が沸き上がってきたと同時に、若い肉体にオレ以外のペニスを経験させたかった。

或る週末の土曜日、彼女をスワッピングクラブへ連れて行った。彼女にはオレ以外の男にも抱かれることを命じていた。彼女は他の男とセックスをする不安より期待の方のが強かったようで、そのクラブに行く途中で彼女の股間に手を伸ばすと、そこは熱を帯び、強く湿っていた。

「他の男に抱かれてみたいのか?」私が訊くと、彼女は返事をせずに頬を赤らめて下を向いた。

そのクラブは都内の高級住宅街にある洒落た一軒家である。夜の9時。すでに10組前後のカップルが集まっていた。私たちは一緒にシャワーを浴びた。私は彼女の股間にボディソープを垂らして丹念に洗った。そこからはぬめりの強い粘液があふれ出ていた。

「ねえ、私が他の男性に抱かれても怒らない?別れるなんて言わないでしょう?」

彼女は心配そうに訊いてきた。

「お前がオレの知らない人に抱かれながらイクときの声を聞きたいんだよ。だから他の男に抱かれてもかまわないよ」

シャワーを浴び終わると、すぐに2階に案内された。プレイルームと称された部屋には、すでに5組にカップルが全裸になってセックスをしていた。

「いい・・・イっちゃう」

「だめ・・・我慢が出来ない・・・」

「オマンコがイっちゃう」

男性に組み敷きられながら、女性が代わる代わるに絶頂を放つ。それを何度か繰り返した。オレのペニスは固く起立している。彼女の股間に手を伸ばすと、愛液があふれ出ていて、尻の方まで垂れ流れていた。これが17才の陰部かと想像しただけで我慢が出来なくなった。

クラブが用意してくれたガウンをはだけ、彼女の陰部に顔を埋め、敏感な箇所を舌で責めた。彼女の愛液を啜り、音を立てて飲み込んだ。

「入れて、あなたのが欲しいの」

成熟をしていない女の子の声に強い刺激を受けた。オレは我慢できずに、彼女の硬い割れ目にペニスをあてがい、一気に埋め込んだ。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月2日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】陽子のおもいで  第11章 すべての穴を愛せよ・・・【エッチ】

五月晴れの季節が終わって梅雨に入ると、陽子と僕は外での愛し合いが出来なくなり、ホテルに入り浸る回数が断然増えてきた。ホテルへは殆ど陽子の車で出かけた。

陽子はいつもノーパンの状態で、僕はチノパンの中は何もはいていない状態が常だった。

そして周りの人の目を盗んではお互いを触り続けていた。それが最近では結構大胆になってきて陽子は運転しながら左手でぼくを逝かせてしまい、お陰で車内は飛び散った精液の跡だらけになっていた。

特にこの日は陽子のたっての願いで一週間風呂に入らずに過ごした状態だったので、いつもより体臭がしているはずでした。

カリの裏の部分にチン糟をいっぱい着けたままのチンポが欲しいというリクエストだったので、そのとうりにして合うことにしたのだ。

ホテルの部屋に入ると、相変わらずお互いお風呂にも入らず、汗臭いままの体で陽子の舌による愛撫を全身に受けてた。

陽子は僕のパンツを降ろして、すでに天井に向いている亀頭部分を見るやいなや「一週間ぶりなんだからたっぷり楽しみましょうね・・・う~ん・・・最高・・・良いニオイねえ・・・たのしみ・・・」とチンポに話しかけて歓喜の声を上げた。そしてチンポを握ったまま、2人でベッドの上に素っ裸で横たわり、僕の股の間に顔を持ってきて鼻先でクンクン臭いをかいてその噎せ返るような男の臭いを楽しみながらチンポに顔を近づけてきます。

「わ~あっ・・・いっぱいチン糟を着けてくれてるんだ・・・ありがとう・・・じゃあ・・・むかせていただきま~す!」両手で大事そうにチンポを包み込みそっと握りながら亀頭を包んだ皮をむいてゆきます。

「わあ・・・ちょっと指で触っただけでポロポロとチン糟が剥がれてくるわ・・・もったいない・・・」と指に着いたチン糟を舐め取りながら、まずは睾丸に吸い付きます。

玉を2つとも殆ど同時に口に含み、口の中で袋の外から睾丸を探って自分の方に引き寄せる。

そうして両方の玉を歯の裏側に置いて舌で突っつきながら転がすのだ。

時々クリッとなりながら気持ちいいやら痛こそばいやらで変な気持ちになる。

睾丸と遊びながら袋全体も舐め回すのでベタベタになってしまって、陽子の息が掛かると涼しい。

袋の上を流れていった自分の唾液を肛門にまで舌を這わせてから舐め吸い取ってゆく。

僕の臭いが移った唾液だからそのままにしておくのがもったいないのだそうだ。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月27日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】小さな彼女1【エッチ】

ミキちゃんは7歳の小学2年生で、身長134cm 体重不明 クラスでは後から2番目ということ。

年の割りにはかなり大きい子です。

あまり詳しく書くとウソっぽいのでデータはこんなもんで本題に。

あっ、私がミキちゃんと知り合った理由は、バツ1な私の彼女の連れ子です。

まず、普段彼女に使っている苺のローターを手渡してみました。

スイッチを入れてあげると

「なんだぁこれービリビリして面白い〜」

と舌に絡む様なこの年齢特有の口調ではしゃいで私に擦り寄ってきました。

私があぐらをかいているとそこに収まるように座るのがいつもの事なので、

どれどれと私がローターを手に取り「ビリビリ攻撃だぁ」とおへその辺りに

押しつけるとくすぐったがりながらも、いやがらずにニコニコしながら

「そんな攻撃平気だもん」と私の手を見つめていました。

この日はサイズの小さくなったワンピースを着ていたので、パンツ丸出し

スタイルで座っているミキちゃんに今度は

「クンツァイト様のスーパービリビリ攻撃を耐えられるかな?」と


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||

2014年6月22日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】友達の妹の卒業式【エッチ】

つい最近の事なんだけど、俺の友達の誘いでそいつの妹の卒業式に何故か行かなてはならなくなってしまったのです。

その妹は、女子校だったので俺はドキドキしながら車を正門で止めて待っていました。

卒業式が終わったのか、制服姿の女の子が出てきました。

こんなにマジマジとみたのは初めてで、かなり興奮していました。(笑)

「かわいいな♪」って思って見ていると、

一人のちょっと「ドキッ!」とするような「かわいい美人系」の子が近づいてきました。

少し、見とれていると私の車の窓を叩いてきました。

俺は我に返り焦りながら窓をあけました。すると、女の子は

「あのぉ〜、Tさん(俺の名前)ですよね?」

と、聞いてきたのだ!

「なにやつ??」と思いつつ、

「そうだけど、誰?何か用?・・・もしかして!!逆ナン??」

と、思わず聞いてしまったのでした。(苦笑)

「違いますよぉ〜。N(友達の名前)の妹のR(名前)ですよ。顔、覚えてません?」

と、言われて、初めて気が付いたのでした。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2014年5月19日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】まだ続々々・隣の少女【エッチ】

水曜日。イレギュラーで火曜日にジジイが佳純ちゃんを抱いたので、初?ジジイのすぐ後に佳純ちゃんとエッチできる。

しかし、ジジイのエロテクに、昔のバイブ(張型)による攻めはたまんないだろうなぁ。

昼過ぎまで寝て、起きると、佳純ちゃんからメールが。

今学校終わったから、急いでシンさん家いきます!

カスミ。

だそうです。

明日も休みだし、ジジイも来ないだろうし、佳純ちゃんとやりまくるか!ムフ。コンコン。

「どうぞー」

「シンさん!来たよー」

佳純ちゃんがニコニコ顔で入ってきた。

「佳純ちゃん、やけに嬉しそうだね?」

「えへへー」佳純ちゃんが俺に抱き着いてくる。

なんだ?どうしたんですか?いきなりやりますか?

「どうしたの?」

「友達がね、シンさんカッコイイって!」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年5月15日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】子供【エッチ】

俺は数年前とある田舎の村に親戚がいたのでたまたま行く事になった。

そこで親戚の娘春子(小6)と久しぶりに会った。

春子と会うのは子供の頃以来でほとんど初対面と変わらなかった。

田舎だけあって都会のチャラチャラした感じの娘とは違って素朴な感じの女の子だっ

た。

そしてその夜俺が部屋に一人でいると春子が入ってきた。

都会の話を聞きたいってな事だった。

俺は最初普通に話をしていたが元々ロリで春子位の年がかなり好きだった俺は次第に胸

や太股あたりをちらちら見ていた。

夏で春子はかなり薄着というのもあったからかもしれない

が、自分でも気付かない内にいやらしく見ていたようだ。

春子はそれに気付いたらしく「にぃエッチやなーあたしの見たいの?」などと言ってき

た。

俺ははぐらかしたが春子は「見せてあげてもいいよ」などと言ってくる。

俺は理性に勝てず見せてと言ってしまった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2014年4月15日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】修学旅行で、女子3人と【エッチ】

高校の頃、修学旅行で広島・京都に行った。

1日目は広島見学。

原爆ドームなどを見てホテルに行った。

男子は6階で女子は7階。先生達は4階だったので、簡単に女子の部屋に行けた。

みんな携帯を持っていっていたので、ホテルでメールしてたら、

女子達が「あたしらの部屋であそぼ」って言ってきた。

時間は2時半。俺と同じ部屋の男子は全員寝ていた。

さっそく女子の部屋へ行く。廊下は静まっていて、みんな寝ているみたいだった。



女子の部屋の前についてインターホンを押すとすぐにドアが開いた。

その部屋には亜美、奈都妃、千秋の3人がいた。

みんなかわいくて、男子にも人気のあるほうだ。

お風呂に入ったばかりなのか、みんな髪が濡れていて妙に色っぽかった。

俺が一人で来た事にはみんな何も言わなかった。

メールの雰囲気も「一人で来てね」みたいな感じだった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年2月14日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【ゲイ】年下の男の子【ホモ】

腕を後ろ手に拘束されて後ろから肉棒を出し入れされてすごく嫌なんだけど

痛みとかはあんまり無くうめいていると男が「早く済ませたかったら腰をグラインドさせろ」

とか言われて一生懸命腰をふっているとなんか変な気持ちに・・・

「ここをこうすると締まるんだ」とか言われて乳首をつままれると本当に肛門がきゅっと

しまってなんだかすごく気持ちよくなって声が出そうになるんだけど、悟られるのが

嫌だから必死で声を殺していると男も終焉が近づいてきたようで腰をつかんで激しく

前後させてくる。自分も息が荒くなってきたところに「けつまんこのなかにだすぞ!」

とか言われて自分も「いっちゃう、イク」とか声だしちゃって一緒にフィニッシュ!!!





 私もゲイじゃないはずなんですけど、アナニーで感じているときは

時々男の人のが欲しくなったりはしますね…(恥)。

女の方が好きなはずなんですけど、不思議なものです。



 ふたなり美少女って、私はあまり萌えませんね。仮に、ふたなり美少女


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月8日 | エロ体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの体験談

【マニア】男の娘とセ●クスした話してもいいかい【性癖】

まあ男の娘って言ったら聞こえは良いんだけど

ぶっちゃけ女装した男なんだけどねwww

二ヶ月も前の事なんで一部曖昧なとこあるが話させてくれ

ふたなりのエロゲ好きがこうじて三次元に手出して後悔やら興奮した話させてもらう

同人やらエロゲやらのふたなりに手出しまくって本物とどうしてもやりたくなった俺は本物の男の娘とやりたくなったんだ

だけど風俗とかは病気怖いし極普通に男の娘と出会いたかったんだ

まあ出会えるはずもなくあるサイトに出会いの募集をしてみた

募集をかけたところ普通にメールが送られくる訳だ

ほとんどはおっさんの女装娘なんだけどたまに若い子からもメール来た

俺はその中でも夜の仕事してなさそうな経験なさそうな子を選んで仲良くなってみる事にした

相手の子は19歳でまだ体はいじってない女装初心者だった

写メ観た感じではまあ女の子に見えるレベル

俺はその子と毎日少しづつメールで仲良くなっていったんだ

その子の経験は女性はあるものの男性とはまだ一回もないという事だった

むしろ女とあるならただの女装癖じゃん…って思ったが一回して自分は女の子として扱われたいって事に気付いたみたいな事を言ってた


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年1月30日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【友達と】おい…【エッチ】

同じアパートに住んでるバツイチ33歳。

10歳の娘が居て彼氏と別れて引っ越してきたが、何とも言えない

身体つきに生唾ゴックンでしたが、話しかけて来たりしてよるに

飲みに来る事も。

何回か飲んだ時に暑い日だったんですが、シャツの胸元から谷間

がチラチラ見える服装で色白で堪らなかった。

酔った勢いで抱き付いてやっちゃった。

肌も柔らかいし胸もおっきくてそのまま身体をまさぐり愛撫する

とおれは入れちゃいました。

「ナマダメ」

と言われながら突き上げて行くと

「イクッ!」

と向こうはすぐに身体を力ませ、何回もしてました。

俺も揺れる胸を見てると我慢出来ずに抱き付いてギリギリで抜こ

うとしたら、グイっと腰を掴まれそのまま発射してしまいました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||

2014年1月18日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 212

このページの先頭へ