【姉ちゃんと】姉「クパァって何?」 【エッチ】

「ねえねえ、クパアって擬音ってどういう時に使うのかな?」



こんなことを姉にいきなり聞かれ、俺はアセッてしまった。



「ちょ、ちょっと姉ちゃん?

何だよ、いきなり・・・」



「うん今ね、スマホの懸賞サイトでクイズやってて、それに出て来たの。

”次のような擬音が出る状況を50字以内に説明せよ”って・・・。

その中のひとつなんだけど、全然思いつかないのよね。

○○だったら知ってるかな、って思って」



(どっ、どういう懸賞サイトだよ!

そんな問題出すなんて・・・)




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年11月3日 | エロ体験談カテゴリー:姉ちゃんとの体験談

【修羅場】古屋大臣と安倍総理つえー【激怒】

<>1名前:ハバナブラウン(栃木県):2013/04/24(水)17:22:48.11ID:KYDnixjq0?PLT(12<>791)ポイント特典



徳永エリのご注進質疑「拉致被害者が落胆してます」

議員席から「してない」の連呼

古屋大臣「靖国参拝したから落胆したの?誰?名前出して」

徳永エリ答えられず。 #nhk #kokkai



安倍総理「徳永エリさん、拉致被害者が靖国参拝を落胆してるというのは本当ですか?裏も取らずに言ったならこれ民主党を代表してる質問ですから問題になりますよ」











<>3名前:エジプシャン・マウ(東京都):2013/04/24(水)17:25:01.24ID:6tjWYYhG0<>

まるで変わってない


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月10日 | エロ体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【浮気】Eカップの隣の主婦1【不倫】

<>615配達屋New!04/04/2508:52ID:nZusTCIs<>

その日の夕方、いつものようにべランで煙草をすってたんだ・・・

今日はうちの側に洗濯物が干してありました。隙間からちょっとのぞいたところ

私は「どきっ」としました。ブラウス・ショーツといっしょにブラジャーが

干してあるじゃありませんか。初めてです・・・



「すげー、でっかい」見た瞬間、私の股間は熱くなり・・・

もう一度覗きました。ちょうどタッグが見え、E80、95と書いてあります。

こんなでかいブラジャーしてるんだ!



<>617配達屋New!04/04/2509:03ID:nZusTCIs<>

煙草をすってるとガラガラとガラス戸が開きました。

どうやら干し物を取り込むようです。

気配がするとまずいとおもい、私は少し離れました。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2014年3月20日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【妹と】妹「今から兄にクイズを出します。不正解の場合罰ゲームです【エッチ】

<>1:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/09(火)00:20:14ID:btmSNN7U<>



妹「今から兄にクイズを出します。不正解の場合、罰ゲームです」



兄「いきなり人の部屋に乗り込んできて何を言ってるんだおまいは」



妹「AとB、2つの中から選んでください」



兄「人の疑問を無視してカードを差し出すのは止めろ、場を読めない司会者は降ろされるぞ」



妹「新番組ですからある程度は視聴者も許してくれます」



兄「回答者席に座った覚えは無いんだがな……ていうか暇なのか? 妹」



妹「父も母も旅行で明日の夜まで帰ってこなくて宿題も終わって明日は日曜で晩御飯も食べたしさて何をしよう、


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年2月16日 | エロ体験談カテゴリー:妹との体験談

【会社】つづき【職場】

食卓を囲んで

緊張した表情の長門や伊藤とは対照的に

達也一人だけが上機嫌でワイングラスを傾けていた。



「若葉さーん、俺、少し妬いちゃったなー。すっごい乱れ方だったよねw」



言われた瞬間、かぁーっと血が上っていった。

顔が真っ赤になっていたに違いない。



「ば、ばかなこと言わないの!」



自分がさせたくせに何を言ってるの!

思い切り達也を睨みつけてやった。



「あらら・・ご機嫌斜めでちゅか?」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月10日 | エロ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【姉ちゃんと】姐弟【エッチ】



“タッチ〜”は非常に早い土曜日の朝は言った、本当の早期いることを確認します。 8つの時、親も出て行く。

これは、非常に混雑してトリプル未満の四〇〇フィート家である。 私は兄と私の細胞ベッド、彼の次のセル内のと同じ部屋で寝る。 快適で、また、非常に便利で良いが服を着る。 私は彼一六は、17歳です。 朝は、あまりにも不快で覆われて、小Xueさんは、マークマークです。 液体の流出が濡れて下着を持っています。

浴室の思想は、彼女を洗浄するが、あまりにも早く土曜日の朝に一緒に。 彼は良いしないように要請します。 だから、まだベッドの中で、優しくクリトリスをこすりタッチ指を助けることができなかった、Aiyeもゆっくりと流れる。

“うーん…ああ… …”快楽の絶え間ない流入。

“シスター!は騒々しいので、早く、[OK]を?”彼の兄弟によると、そして年間静かに、

高速の指は、本当に危険な、停止するが、幸いにもしなかった彼は目を覚ます。

彼女もやと言えば、彼女は私の友人は、昨日、私は持っている彼女の神秘的なトイレに行くと私に電気の陰茎を取り出した。

“見て!多くの素晴らしいものを!”彼女は言った

“そこに募集しない、ああ、のようなものは”私は尋ねた

“これは何ですので、!あなたはしなかった使用?”

“コースではない!”

“良い​​試みが必要です。”彼女はすぐに私のスカートをオフに設定します。

“DIDはあなたはそれを試して今で言う?”

“もちろん、それは時間がかかるかもしれない!条件は、クラスの30分前に存在することができます!”


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2014年1月2日 | エロ体験談カテゴリー:姉ちゃんとの体験談

【初体験】最悪な男に処女捧げたった 【大人】

スペック



私 当時

中2 地味友達少なめ 半登校拒否

顔は中の下 身長は150ぐらいかな



相手 薄い顔で極度の狐目 弥生顔 以下(弥生人)



中学時代、特に恋愛をするわけでもなく

見ためにもまったく気を使っていなかった私は

学校でいじめにあい、どんどん引きこもりになっていった。

家で過ごす暇な時間をどう潰すか考えた末、いきついたのは

当時流行していたモ○ゲーだった。



当時のモ○ゲーは、今ほど規制はなく割りと自由に連絡先が交換できたため


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年1月2日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【寝取られ】渡辺さんとFカップな彼女3 【NTR】

喧嘩して怒った彼女が403に書いた通りの状況になった後、その話しを聞きました。

それから9月中は気まずい関係が続いていて、彼女の方でも関係を修復しようと色々考えた結果、

渡辺さんにこんな関係は学校にいる間だけにしましょう。と。

渡辺さんは抵抗したそうですが「渡辺さんにはこんなことより就職とかもっと他にすることがあるでしょ。

それに仕事をしていない人と付き合うのは無理です」とハッキリ告げたそうです。

10月に入って少し元の関係に戻りつつあったんですが、自分の仕事が色々詰んでいて、一人になって仕事のこととか

考えたい時間も欲しくて、彼女と少しだけ距離を置く時期がありました。

自分自身でまだ人間として未熟だと自覚しているので、そんな時に彼女が傍にいたら当たってしまうかもしれない。

そう思い、自分なりの優しさのつもりでした。

そんなある日、彼女から電話があって、10月15日の金曜日に前の生徒さん達と飲み会がある、と聞かされました。



ちょうどその時まだ残業していて、支店長にひどく叱られた後で、そんなどうでもいいことで電話してくるなよ!

って感じで「いちいち言わなくていいよ」と冷たくしてしまったんです。

でも反射的に「その飲み会、渡辺さんも来るの?」と聞いている自分がいたんですが、彼女からの答えは

「たぶん、来ないと思う」で、ほんの一瞬どこか安心したような、残念なような複雑な心境だったのを覚えています。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年10月28日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【会社】勝気そうに引き締まった口元 【職場】

『え?!』俺は思わず心の中で唸った。

今まで俯いてばかりいた菜緒が、皆の前へ一歩出ると、しっかりと顔を上げた。

毅然とした表情でじっと正面を見据えている。

美しいと思った。俺はこんな最悪な状況だというのに、素直に妻を美しいと思った。



「菜緒です!よろしくお願いします!」よく通る声が静かな室内に響き渡った。



背筋をピンと伸ばし凛とした美貌を引き締めながら、ゆっくり男達を見回す。

目が合った男達は萎縮し、ある者は慌てて視線を外し、またある者は顔を赤らめて俯いた。

一番前に居た男などは、緊張したのか噴き出た汗を必死に拭っていた。

菜緒の堂々たる態度を前にして、言葉を発する者は誰一人居なかった。

『このまま終われ、頼む、終わってくれ!』そう願った。

しかし、それは空しい願いだった。静寂を破ったのは、やはり田近だった。



「さすが!クールビューティー菜緒!今日も健在だねぇw」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2013年10月25日 | エロ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【フェラ】小学校低学年のいとこに…【クンニ】

今現在僕は中3です。

で、僕には小学校低学年(女)のいとこがいます。仮にYとしておきます。

えっと、僕の名前は仮にAとしておきます。

では、本題へ

半年ぐらい前のことです。

ある休日、僕は祖母の家に遊びに行きました。その時ちょうどYも遊びに来ていました。で、おばあちゃんが買い物に出掛けたので、僕はYの遊び相手をしていました。まぁ、トランプとか、お絵かきとか、鬼ごっことか、かくれんぼとかです。

かくれんぼは、だいたい5時半頃から始めたので、だいぶ暗かったです。←家の中で灯りもつけずにやっていました^^;

で、しばらくやっているうちに、「暗いんだからちょっとぐらいYにイタズラしても大丈夫かな!?」と思い始めました。すると僕のアソコがどんどん硬くなってきます。どうしても性欲が抑えられません!

気づいた時にはもう行動にでていました。

まず暗そうな場所に隠れる。するとYが僕を探しに来る。 当然、Yが「A君み~つけた!」と僕のところに来る。

ここまでは計画通り。しかしここからが難関!!

どうやってYに僕のアレをしゃぶらせるか…

考えた末に思いついたのは、物当てクイズと偽ってアレを舐めさせること!!

で、実際にYに言ってみたらアッサリ「いいよ」と言ってくれた。

A「じゃぁ、お口…おっきく‥開けて‥」←ドキドキしすぎて声が震えてる


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2013年10月18日 | エロ体験談カテゴリー:フェラ・クンニの体験談
1 / 3123

このページの先頭へ