【外国人】【海外で本当にあったエロい話】安宿で外人とS○X 【喘ぎ声】

ミャンマーを旅行した時の話。





ミャンマーのゲストハウスに到着したが



空いているシングルルームが



ハリーポッターで最初にハリーが住んでいる部屋みたいな場所だったので



従業員に「どうにかならないか」と相談していた。







すると




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年6月28日 | エロ体験談カテゴリー:外国人との体験談

【風俗】超高級風俗嬢 【嬢】

「各お部屋で、ゆっくり癒やされてくださいね」、「その前にまず私がここで気持よくしてもいいですか?」、こんな風俗嬢っていうか嫁が欲しいわw




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||

2015年6月23日 | エロ体験談カテゴリー:風俗での体験談

【フェラ】彼氏のいる純朴なJKをケツ穴奴隷にした記録2 【クンニ】

雨の日に、自転車で私のBMWに突っ込んできた芽依。まだ女子校2年だ。今時珍しいほど真っ黒な髪に、真面目そうな黒縁眼鏡をかけた彼女は、実際真面目で、私の言いなりにする事が出来た。



ただ一点、付き合い始めたばかりの彼のために、処女だけは奪わないで欲しいと懇願してきたので、私は彼女をケツ穴奴隷にすることにした。



繰り返し浣腸をされて、腸内のモノをすべて出し切った芽依。排泄する度に、涙で顔をグチャグチャにしながら絶叫していた芽依……。

『も、もう許して下さい……。見ないで……うぅ……』

若い女の子にとって、繰り返し繰り返し排泄姿を他人に見られてしまうのは、耐えがたいほどの恥ずかしさがあったと思う。



彼女は、湯船の縁に身体をもたれかからせるようにして四つん這いになっている。色気のない黒縁眼鏡と、今時ではない真っ黒で地味な髪型の彼女。その裸体は、少女と成熟した大人との中間にあるようで、くびれは少なく子供っぽいのに、胸はDカップ以上はありそうな感じだ。



私は、この何色にも染まっていない少女を、メチャメチャにして私色に染めたいと思っていた。



「彼にも見せたことない姿を、こんなおっさんに見られて、どんな気分?」

私は、わざとからかうような口調で言う。

『うぅ……。ゴメンなさい……。見られちゃったよぉ……』


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年6月20日 | エロ体験談カテゴリー:フェラ・クンニの体験談

【学校で】図書委員のMさん 【エッチ】

私が中学3年生の夏休みの話。



そのときの私は、長い夏休みも暇なり学校に本を借りに行くにした。

田舎の学校だったけど近所の図書館より近いし、図書室の本は多かった気がする。

夏休み期間は図書委員が交代で登校し本の貸しだしをしていた。





私はお昼の時間を狙って行った。

この時間は借りる人が少なく、気分が良いと思ったからだ。

図書室のドアに鍵がかかっていた。

図書委員がいないのは想定していなく、しまったと思った。

奥のドアなら開いてるかと思ったがやはり閉まっていた。

すると、さっきのドアから音がしたかと思うと開き、女子生徒が顔をだした。

おとなしそうな女子生徒は「お弁当を食べてたのでドアを閉めていました、すいません」と話した。

図書委員らしい女子生徒は上履きの色から2年生だとわかった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2015年6月8日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【温泉】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった2 【混浴】

息子と二人でスキーに行き、泊まった温泉宿は、金田一耕助の物語に出てくるような、秘境の隠れ宿みたいなたたずまいだった。

そして、そこを切り盛りする若女将は、和服のよく似合う色気あふれる良いオンナだった。

それだけでもこの宿にした甲斐があると思っていたが、お客さんとして泊まっていた女性二人が、最高にエッチな白ギャルと黒ギャルだった。二人とも美容師で、スノーボードのために来ていたとのことだったが、混浴風呂でその素敵な裸体を見せてもらえた。



そして、キャバクラ状態で彼女たちと食事をし、夜には若女将のスペシャルマッサージまでしてもらえた。





『じゃあ、マッサージ続けますね#9825;』

若女将はそう言うと、スッと立ち上がり、着ていた作務衣を脱ぎ始めた。そして紫のセクシーなブラジャーも脱ぎ、全裸になると、

『たるんでて恥ずかしいです……』

と言った。確かに、38歳という年齢なので、明奈ちゃんと比べると垂れてしまっているが、それでも抜けるように白い餅みたいな胸は、私の欲情をかき立てた。



肌の白さは、景子ちゃんと同じくらい白いと思う。でも、加齢のせいか、それとも経験数の違いからか、彼女の乳首は親指ほどの大きさがあり、なおかつ色素も沈着していた。そして、少し大きめの乳輪も、同じように少し色素が沈着していた。癒やし系の上品な顔からはギャップがあるエロい体に、私はイッたばかりなのに、先ほどからずっとカチカチのままだ。

そして彼女は、ポーチから小さなプラスチックのボトルを取り出すと、中身を手の平に垂らし、私の身体に塗り広げ始めた。それは、良い香りのするオイルだった。

『オイルマッサージしますね』


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年4月26日 | エロ体験談カテゴリー:温泉・混浴での体験談

【風俗】30歳最高のフェラチオ 【嬢】

ついこの間とうとう30歳の誕生日を迎えた。

恥ずかしい話、彼女いない歴30年目突入・・・。

未だに女の子のおっぱい以上触れたことなし・・・。

女の子に触りたいな・・・なんて思いながら

いつも無修正動画で妄想しながらオナニーの日々。

30歳になり危機感を覚えた俺は遂に

まずヘルスで女の子に慣れようと思い

意を決して横浜のヘルス街の店を調べまくった!!

だがしかし・・・多すぎてどの店がいいのかわからない・・・。

若い女の子の店なんて、緊張するから怖くて行けないし

かといって同年代の女の子がいる店はなんか過激すぎて

今の俺にはハードすぎる・・・

そんなことを考えながら消去法で一軒に絞った!!

若くもなく、ババアでもないちょうどよさそうな店。

安くて嬢もいいと評判のお店があったので、


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2015年4月17日 | エロ体験談カテゴリー:風俗での体験談

【風俗】初めてのデリヘルは22歳の女の子にイカサレ・・・ 【嬢】

先日、初めてデリヘルを呼びましたが

20歳を過ぎてからも、ずっと行ってみたいと思っていました。

なかなか勇気が持てなくて・・・



しかし、やっと呼ぶ決心をして、HPで調べて

予約をせずにデリヘルに電話にしてみました。



「予約してないんですけど。大丈夫ですか?」

受付男性「今ちょっと混んでいるので、あと40分近く待ってもらいますが。」



と言われ、出勤女性の名前を伺うと

初めてで分からないので

受付男性のオススメでということで

「じゃあ、キョウコ(仮)ちゃんいかがですか?」とのこと。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2015年4月14日 | エロ体験談カテゴリー:風俗での体験談

【風俗】神奈川のデリヘルはすてたもんじゃない! 【嬢】

若いオキニ姫を開拓に、久しぶりに新しい店へ。



HPなどで探していると、小生の好みに合う姫を発見。

さっそく予約し、色々と準備を。



ご対面の姫は、小生の好みどおりの小柄で細身の姫。

ちょっとギャル系といった感じで、少々そっけなさも。



実はこの手の姫は、最初はシャイで人見知りの子が多いですが

プレイやトークを重ねて馴染んでいくと情の深さがわかる子が多いのは

いろいろな姫と接してきた方ならおわかりかと思います。



あきらめてはいけません。



また、サイズはプロフィールにあった数字よりも明らかに1段小さめ、


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2015年4月5日 | エロ体験談カテゴリー:風俗での体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 エロシーン 【NTR】

その晩、富田が食事に連れて行ってくれたのは焼肉店であった。



焼肉店と言ってもそれぞれの席が個室になっていて、店内には大きな揃ったワインセラーまで完備しているという高級焼肉店だ。



アルコールは取らなかったが、富田と山井は本当によく肉を食べる。



一皿何千円もする高級肉を次々と口に放り込んでいく2人の食欲に、果歩は驚きの表情を見せていた。





そして食事を終えると、3人は富田のマンションへと向かった。





山井 「ご馳走様でした富田さん、いやぁマジ美味いっスねぇあの店。」



果歩 「ほんとに美味しかったです。でもまたご馳走になっちゃって…。」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年2月9日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達と】他人(ひと)の皮を被る 四話【エッチ】

 結局、一週間が過ぎても晃が捕まる事はなかった。

 どうやら奈津美は、自らが穢されたと他人に知られる事を良しとはしなかったらしい。

 晃は不安から夜ごと由希を呼び出しては抱いていたが、ようやく安堵して動き始める。 次に興味を惹かれたのはスワッピングだった。

 カップル同士が互いのパートナーを交換し、マンネリ打破や嫉妬による欲情を目的に楽しむというものだ。

 他人を装って手に入れた恋人を、さらに別の男に抱かせる。

 それにひどく興奮した。

 ネットで探すと、スワッピング相手を募集しているカップルはかなりいた。

 だがほとんどが中高年カップルだ。

 せっかく由希という極上の女を出すのだから、相手にもそれと釣り合うだけの魅力が欲しい、

 と晃は思った。 妥協せず探っていると、一人妙な人間を見つけた。

 山のようにスワッピングを申請されながら、それを全て撥ねつけている須川という男だ。

 調べてみると、どうも須川自身は50過ぎであるにも関わらず、パートナーが現役の女子高生らしい。

 添付された写真を見ると、なるほど中々に可愛かった。 髪は黒のセミロングで、女子高生らしい若い体つきをしている。

 スカートから覗く太腿は由希と奈津美よりややふっくらしているが、脚の綺麗すぎるあの2人と比べるのがそもそも間違いかもしれない。  

 普通に高校のクラスにいて、学年に2、3人はファンがいそうなタイプだ。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年2月4日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ