【友達と】愛おしい人【エッチ】

昨年の年末の出来事をお話しします。

私は、35歳、小学生の子供が一人います。主人とは5年ほど前に離婚しました。ヘヤーサロンを営んでいます。夏頃まで従業員を一人雇っていましたが 、結婚を機に辞めてしまったため今は一人で営業しています。普段は夜7時まで店を開けていますが年末で忙しく、8時頃まで営業していました。住まいは実家の近くなので子供は学校帰りに実家に行くようにしていました。ちょうど店を閉めようと準備しているところへ顔なじみのKくんが入ってきました。Kくんは高校2年生で、実家が離島のため親元を離れて一人でアパート暮らしをしている子です。高校に入学してからずっと通ってくれている子です。私にとっては実の子供(子供と言うより弟かな)のようにかわいい存在になっていました。「こんなに遅くから、もう閉めようと思ったのに」と言うと「ごめん、友達と話こんで遅くなった」との返事でし

た。髪を切りながらいつものように話していました。

「お正月は、実家に帰るんでしょう?」と聞くと「来年は3日に帰る」というので訳を聞いてみると友達と初詣に行くとのことでした。女の子3人と3対3でとのことです。嬉しそうに話していました。「へー、彼女出来たの?」と聞くと「ううん、そんなんじゃない」と行って照れていました。すかさず私は、「最近の高校生ってませているんだってね、前にテレビでやっていたけど高校卒業するまでに半分近くが経験しているんだってね」と言うと「なにが?」と聞いてきたので「性体験」と言うとみるみるKくんの顔が赤くなってくるのが分かりました。

私はその時Kくんをちょっとからかってみようと思いました。

「Kくんはもう済んだ」と言ってみました。するとKくんはますます顔を赤くして「そんなもん、まだだよ」と言いました。

そのときから私は自分が変になってきていることに気づいてきました。妙に心臓の鼓動が激しくなり、興奮してきたのを覚えています。私は、「ちょっと待ってね、お客さん来るといけないからシャッター先に閉めちゃうね」と言って店のシャッターを下ろしました。再びカットを始めると鏡に映るKくんは伏し目がちになっていました。鏡越しに私を見ることが出来なくなっているようでした。その時うぶなKくんが愛おしく思えて来ました。更に私は続けました。「じゃあまだ童貞なんだ」Kくんは黙っています。

「女の子に興味がないの?」と聞くと「興味は有るよ」と恥ずかしそうに答えました。「男の人って最初は、ソープとか売春宿に行って経験するんだってね」「でもね性病を移されることって多いみたいよ、Kくんはそんな所行っちゃだめよ」私は冷静さを失っている自分に気づき始めていました。洗髪のためシートを後ろ向きに回転し、背もたれを洗面器に倒しました。Kくんの顔をタオルで目隠しをし洗髪を始めました。私は洗髪しながら意識的にDカップの胸のふくらみをKくんのほほや肩に押しつけるようにしました。Kくんはじっとしています。わたしは、Kくんの股間をちらっとのぞいて変化を見ているとみるみる盛り上がってくるのが分かりました。Kくんは目隠しされているので私の視線は分かりません。興奮しているのは、明かです。私は、Kくんの耳元でささやきました。「Kくん、しばらくそのま

までおばさんの質問に答えてね、正直に答えてよ、いい?」Kくんは「うん」とうなずきました。とても緊張しているようです。「童貞捨てちゃいたいと思う?」「うん」「おばさんのこときらい?」「ううん、嫌いじゃないよ」目隠しされているので、まだ答えやすいのかも知れません。「おばさんがKくんの童貞奪ってもいい?」「え、本当ですか?」「うん、でも約束して欲しいの、誰にも内緒よ、いい?」「は、はい」「おばさんがちゃんと教えてあげるから、そのまま動かないでね」

私はKくんの髪がまだ濡れていることを忘れていました。急いでタオルで拭きました。「Kくん、キスしたこと有る?」Kくんは「いいえ」と顔を横に振りました。私はKくんの目隠しをしているタオルをあえてそのままにして、Kくんの唇にわたしの唇をそっと重ねました。その瞬間にKくんの体が一瞬ピクッと動きました。それからKくんのあご、ほっぺに唇を触れました。そして私は左手を伸ばし、Kくんのジーンズの膨らみの上にそっと手を置きました。その時もKくんの体がピクッと動きました。私は、Kくんの耳たぶにキスをしながら「大きくなっている」「そのままじっとしているのよ」とささやきました。私は、左手でジッパーを下ろしました。そしてはち切れそうに膨らんでいるブリーフを探り、Kくんのモノを引っ張り出しました。それを見た瞬間、私は、身震いし、Kくんのモノに目が釘付けにな

ってしまいました。私は前の夫と別れて5年間、男性との交わりは一度もありませんでした。仕事と育児に追われる毎日でした。でも正直言いますと自ら慰めたことは2,3度ありました。今5年ぶり、いや6年ぶりかな前の夫の浮気が発覚してから1年近く夜の営みを拒否していましたから。久々の男性自身それも若さではち切れんばかりに膨張して脈打っています。私にはそれがすごく立派なモノに見えました。よく見ると亀頭の部分が半分だけ顔を出していました。仮性包茎って言うのかな、、、。私はKくんの耳元で「Kくんのモノ大きい、立派なモノだね」とささやきました。Kくんは、「ほんとう、でも恥ずかしい」と声を震わせて言いました。私は「皮をむいてあげるから、少し痛いかもよ、じっとしててね」と言って、Kくんのモノをそっと握りました。その時「う、、」と声がしてKくんの表情が変化

しました。「あ、ご免なさい、冷たかったでしょう?」私は思わず左手を離しました。「私冷え症だから、手が冷たかったでしょう、ご免ね」私は、セーターに手のひらを擦りつけ暖めてからもう一度Kくんのモノを握り直しました。私の左手にはKくんのモノが脈打っているのがハッキリと伝わってきました。その左手をそっと下にズリ下げました。皮はいとも簡単にむけました。「痛くなかった?」と聞きました。「ううん」とKくんは答えました。でもよく見るとむけた皮と亀頭の根本のところに白いカスが溜まっていました。

「ちょっと汚れているから、きれいにするね」と言って蒸しタオル機からタオルを取り出し、冷やすためにぱたぱたと振ってから「ちょっと熱いかも」と言ってKくんのモノにかぶせました。そして亀頭の先から亀頭の根本にかけて、少し強く拭きました。するとKくんが「ああ、出る」と行った瞬間に先っちょから白いモノがピュンと飛び出しました。私はあわててタオルをかぶせました。するとタオルの中でまるで違う生き物のように脈打っているのが分かります。Kくんの顔を見ると顔の表情がゆがんでいるのが分かりました。快感なのか苦痛なのかどちらともいえない表情でした。しばらくして脈打ちが静まりました。「もう、出ちゃった」と聞きました。Kくんは「うん」と震える声で答えました。「若いからしょうがないよね」私はタオルをKくんのモノから離しました。わたしは、一瞬Kくんの方を見て、

Kくんが目隠しされているのを確認してから、そっとタオルを開き中を覗きました。白いドロドロとした液体がいっぱい有りました。そして、だいぶ前に覚えのあるあのツンとする臭いが鼻を突きました。私は、急いでタオルを丸め洗面器に放り投げて、新しい蒸しタオルをもう一枚取り出しました。そして「もう一度きれいにするね」と言ってKくんのモノを拭き始めました。でも驚いたことにKくんのモノはまだ衰えることなくおへそに向かって反り返っていました。ちょうど皮のかぶっている部分のめくったところまでは、ピンク色でそれから下の部分は少し黒ずんでいました。亀頭のカリの部分はまだ発達していないのか、前の夫のモノと比べると丸みが有り盛り上がりが有りませんでした。その時私は一瞬Kくんのモノを口に含みたい衝動に駆られました。でも私はまだその経験がないことを思い出しました。

前の夫は、そのような要求を私にしたことは有りませんでした。私も夜の営みは夫のなすがままで、受け身に徹していましたから。でも知識としては有りました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年1月27日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】23歳の彼女が温泉旅館で巨根のオヤジに寝取られる 【NTR】

これは去年の秋に彼女と行った温泉旅行での出来事です。

オレは鉄鋼所に勤めてる28歳で

オレの彼女はそこの事務をやってるOLで歳は23。

名前は仮名ですが「かおり」としておきます。

うちの会社の事務員は色気のないおばさんと

普通の主婦だがパソコンができるパートさんの二人だけだったんだけど

そのパートさんが旦那の転勤で退職することになり

新卒採用できたのがかおりだった。



第一印象のかおりは特別可愛いというわけでもないがブスではなく中の上だが

よく笑う娘で、人懐っこい愛嬌のある娘だった。

オレは両親が温泉好きで小さい頃からよく家族で温泉旅行に行ってたんだけど

かおりも温泉好きだということがわかりよく話があった。

そんな彼女の事を好きになるのに時間は掛からなかった。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年1月22日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達と】予想以上過ぎたwww【エッチ】

<>1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/05(木) 10:47:04.32 ID:wt5e3R6u0<>



おいおいww





<>5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/05(木) 10:48:46.79 ID:wt5e3R6u0<>



昨夜、嫁の経験を暴露されたんだけど、予想以上過ぎたwww





<>12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/05(木) 10:50:45.97 ID:wt5e3R6u0<>



経験人数50人以上ってなんだよwww

俺は嫁だけだぞwww




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月16日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】ちんちん洗脳術2【エッチ】

風呂場の前で妹(中学生)が一緒に入って良いか確認してました。実は俺、中高校生の裸が大好きです。俺は大歓迎で妹を風呂に招きました。俺『いいよ。一緒に入ろう』と言いました。風呂場の扉がガラガラと開き、妹『入るね…』妹は恥ずかしそうに胸を手で隠してましたが、薄く生えた毛は丸見え!!お湯に入る前体を洗い始めていました。ボディーソープの泡で胸を隠している様にも思えるが無駄な行動だ。俺は妹の背中からお湯をかけてあげました。妹は背中を少し丸めていました。妹『お兄ちゃん…私、体に自信ないし…子供だし…緊張しちゃっうよ』と言い訳してました。俺『俺はそんな事、気にしないよ。可愛いいよ』と言ってあげました。妹『本当に?胸が小さいよ…それでもいいの?』相当コンプレックスらしい。

俺は『いいよ。見ないからお湯に入りなよ』妹『うん。お兄ちゃんは体洗ったの?背中洗ってあげるよ』

俺『まだ洗ってないから、全部洗って貰おうかな♪』意味ありげな言葉を妹にいいました。妹『うん。いっぱい洗ってあげるよ。』

俺はお湯から出ながら、わざと妹の目の前でチンポを見せつけた。妹『わっ…わっ…お兄ちゃんの…見ちゃった。恥ずかしそうに笑っていました。』俺の


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||

2015年1月15日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【初体験】教え子の処女を奪い結婚後も調教し続けた 【大人】

私は、中学の教師をしている。今時の中学生は、教師など人とも思っていないようなところがあるが、それは私たち教師や、両親にも責任があるのかもしれないと思うようになった。



教え子の母親と肉体関係を結ぶ同僚や、生徒に手を出し退職した同僚、結婚した同僚を見てきた。

私は、教師になって25年経つ。教え子と結婚する同僚を見ながら、私は未だ独身だ。



時代が時代なので、教え子に告白されたり、自宅まで押しかけられたこともあった。

でも、私はそういう誘惑をすべて断ち切り、未だに独身でいる。

私は、一人の少女に心を奪われた。そしてまだ若かった私は暴走して、その少女と関係を持った。



少女は、初めから私に恋心を持っていた。そして私は、少女のマゾ的な性質に気がつき、それを成長させていくことに腐心した。



その少女は、名前を優香と言った。名前の通り、優しい顔をした、実際に心も優しい少女だった。



教師になって右も左もわからない時期も終わり、多少余裕が出てきたとき、優香に出会った。

優香よりも、いわゆる美少女は何人かいたけど、私の好みに完璧に合致するのは優香だった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年1月6日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 8 【NTR】

60





自ら秘裂の柔肉を開き挿入を待つ果歩。



早く入れてと言わんばかりに、膣口からは涎が垂れていた。



富田 「ハァ・・・いくぞ・・・」



富田は屈曲位の体勢で、腰を前に進めた。



粘液で淫らに濡れ光る肉棒は、一段と激しく勃起していたが、もはや挿入に手間どることはなかった。



グチュゥ・・・・




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年12月31日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達と】○学生【エッチ】

二十歳の時に当時14歳の子の相談に乗っていた時に「広○さんを好きなんです。彼女はいるんですか?」と告白されたが、彼女もいて、ましてや相手は中学生とゆう事で「俺がフリーでみやこが大人になったらね」と断った。

そして1年ちょっとが経った頃「私はあなたの事が好きだから、彼女がいてもいいから駄目?」と再度告白してきて泣きながら抱き付いて来た。けなげな気持ちに嬉しくなって「本当に俺でいいの?」と聞くと「広○さんがいいんです」と答え泣きそうに言う。

頭を撫でながら抱き寄せる。愛しくなり上を向かせると目を閉じ何かを待ってる。優しくキスをすると「うふっ」と余程嬉しいのか照れる。

部屋に入り抱き締めてキスし、舌で唇をこじ開け差し込むと「んっ」と可愛い反応し、体の力が抜けたのかベッドに倒れ込む。まだ子供と思っていたが、体は立派に成熟しCはありそうな胸を服の上から揉む「あっ」と呻きしがみついて来る。

セーターに手を入れてブラの上から揉んでみる。そしてブラの隙間から手を滑り込ませるとマシュマロの様な柔らかさだ。優しく揉みながら乳首に指が触れると「あっ」と声が出て同時にピクッと体が反応した。

指で転がすとコリコリとしてきて「はっはっ」と息遣いも荒くなってきた。セーターをたくし上げると恥ずかしそうに手で隠す。優しくどかし乳首を口に含むと「んっ、ん〜」と喘ぎ舌で転がすと「あっ!あ〜っ」と声を上げる。

手を股間に這わすとオマンコの辺りが既に湿っている。クリの辺りを指で刺激すると「あっあっ」と声を上げながら腰が動く。中に手を入れると産毛の様な柔らかい陰毛に触れた。

更に指先が堅くなり始めてるクリに当たり体をピクンと震わせ「あんっ」と小さく喘ぎながらしがみついて来て俺の胸に顔を埋め小刻みに震える。オマンコにも指を這わしてみるともうビショ濡れだ。中指で掻き回すとクチュクチュと音がして準備はOKの様だ。

パンティを脱がせ上に乗りチンポをあてがうと亀頭にぬめりを感じて腰を押すと「痛いっ」と腰を引く彼女、まさかと思い「初めて?」と聞くと「うん」と頷き「初めてはOさんって決めてたの」と言う。「いいの?この先出来る彼氏じゃなくても」「Oさんにあげたいの、もらって」と言いギュッと抱き着く。

「分かった!優しくするから」と言って体を起こしヌルヌルしたオマンコに再びチンポの先をあてがい「体に力が入ってると余計に痛くなるから力を抜いて」と囁き、緊張を解く為にキスをしながら胸を揉んで指で乳首を摘む「あ〜っ」と喘いだ、その時にフッと足の力が抜けたと同時に腰を一気に押す。亀頭がニュルッとした感触の後に暖かい粘膜に包まれた。

「痛〜い!痛いよ〜」と彼女は痛がり上にずり上がり頭をヘッドボードにぶつけた。痛みが治まるまで待ち太ももを抱え体を元の位置まで引き下げ体勢を整えて腰をゆっくり動かし始める。

すると「うっ」と眉をしかめるので「少し痛いかも知れないけど我慢して」と言い、腰を動かし続けると最初「うっうっ」と言っていたが15分もすると「あっあっ」になり更に続けていると「あ〜あ〜あ〜」と喘ぎ始めた。それと比例して始めきつく締め付けていたオマンコも愛液の量も増え粘膜も馴染みいい具合に絡み付く(30分以上もしてれば当たり前か)

長過ぎると疲れるので「もう出すね」と言うと「うん」と頷く。腰をマッハで動かすと「あんあんあん」とゆう可愛いい喘ぎ声を聞きながら「あっ出そう」「出して」「出る、うっ」と次の瞬間ドクッドクドクと数日分の白濁液をみやこの膣の奥に注ぎ込んだ。

するとみやこは「私の中がOさんのでいっぱい」と言う。確認無しで中出ししていまい「中に出しちゃったけど大丈夫だったの?」「来週には生理来るし多分大丈夫!それにOさんのが欲しかったし」バージンのなのにそんな知識だけは持ってる。

次の週に入り生理が来たと聞いて一安心した。それから暫くしてみやこに彼氏が出来たとお母さんから聞いた。憧れを引き摺って普通の恋愛が出来るか心配だったので安心した。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2014年12月29日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】私の初H ②【エッチ】

今度は、彼が大きなアソコを出してきた。

無意識に私は彼のアソコを取っていた。

ちゅぱ…っ、ちゅぱ…っ

いやらしい音を立てて、何故か私は彼のアソコを舐めている。

そう思うと、とても私がおかしく感じる。

頭の中は真っ白になり、

とても性欲が増していた。とんでもない位に、

私のアソコは濡れて、おまんこから溢れだしていた。

「ほんっと、ちなってHだな…」

いつの間にか深くしゃぶっていたようで、

喉の奥に、コツコツと当たった。

さっきまでの仕返しだ!

…と、闘争心をメラメラと燃やし、

自分の玩具で練習した、必殺技を繰り出した。

「んんん…っ」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年12月27日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】童貞を卒業【エッチ】

俺は22歳の真性童貞(風俗・ソープも経験無し)で、

この歳になるまで、まともに女性と付き合ったこともありませんでした。

それ故に、なかなかチャンスに恵まれなかったと言うか、キスすらも出来ませんでした。

そんな俺も、2週間前に22に。

別に何の気なしに、友達の家に行くことになり、そのまま泊まってしまいました。

その日の夜は、一緒の布団で寝ましたが、Hはしませんでした。

事が起こったのは、次の日の朝です。

目を覚ましたとき、隣に女の子がいるなんて初めての事で、正直興奮してました。

俺が起きたのと同じくらいに、相手も目を覚ました。

何をするわけでもなく、布団の中で手を繋いだり、抱き合ったりしてじゃれていました。

その内相手が、 俺の首筋にキスをしたり、お腹のあたりを柔らかい手で愛撫し始め、俺は後戻り出来ない気が…。

「このままだと最後までやっちゃうよ?」

最初に口を開いたのは、予想外に自分でした。

「やっちゃう」 って、俺は童貞なのに出来るのだろうか…。

精一杯、理性と本能の間を往復した結果が、こんな言葉でw


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年12月23日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【妹と】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間 【エッチ】

僕は高校2年生で、エスカレーターで大学も行けるので、気楽に毎日遊んでいる。

家も、そこそこ裕福で、本当になにも不満がない毎日だ。ただ、少し奥手なので、彼女はまだいない。

でも、趣味のクライミングやビリヤードをしてる方が、女の子とデートするよりも楽しいと思うので、焦ったりはしていない。



そして夏休みの今、恒例行事の家族旅行に来ている。母の弟の家族と合同で、軽井沢のロッジを借りて1週間も過ごす。

テニスをしたり、サイクリングをしたり、川で遊んだりで、けっこう楽しいイベントだ。

いつもは、僕の弟も行くのだけど、今回はゴルフ部の合宿があるみたいで、僕と両親だけだ。

母の弟家族は、一人娘の愛花ちゃんと3人だ。愛花ちゃんは、6年のはずだ。ほぼ一年ぶりなので、きっと凄く成長していると思う。



昔から一緒に遊んでいるので、従姉妹と言うよりも、兄弟みたいな感覚だ。会うのが楽しみだ。



そして、現地集合で合流すると、やっぱり愛花ちゃんは凄く成長していた。5年から6年への一年は、ビックリするくらい変化があった。





髪も伸びて、背も伸びて、愛花ちゃんが急に大人になった感じがして、少しドギマギした。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年12月22日 | エロ体験談カテゴリー:妹との体験談

このページの先頭へ