【アニメキャラ】「暴れん坊力士!!松太郎」の最終回がバッドエンド過ぎると話題に 【SS】

ちばてつやさんの相撲漫画「のたり松太郎」を原作としたテレビ朝日のアニメ「暴れん坊力士!!松太郎」が、9月28日に最終回を迎えたのですが、これがバッドエンド過ぎると話題になっています。



同アニメは今年4月から放送開始。ちばてつやさん原作作品としては初のテレビ朝日でのアニメ放送であり、また、俳優の松平健さんが連続TVアニメとしては初の声優をつとめたことが話題を呼びました。タイトルの「暴れん坊力士」も松平健さんの代表作「暴れん坊将軍」にちなんでいます。



迎えた最終回、ネタバレになるので詳細な記述は避けますが、ストーリーとしては以下の様なかんじでした。

・松太郎は十両昇進がかかった大一番に臨む

・しかしその前夜〜当日朝に令子にフラれた腹いせもあってケンカを買ってしまい、暴力沙汰に

・相手を病院送りにするが、自分もボロボロに

・大一番には家族や令子も観戦に来たが、松太郎はなかなか現れない

・休場かと思われた時、ボロボロな姿で登場

・松太郎は令子の声援を受けて善戦する

・しかし、途中で令子が「坂口(松太郎)君は私のせいでつらい思いをしたんだ」と気付き、取り組みの途中で帰ってしまう

・その帰る姿を見た松太郎は、土俵上で目に涙を溜め、気が狂って笑い出し、力が抜け倒れ敗北

・その後、松太郎の暴力沙汰が新聞で報道される。親方「あのクズめ。わしらにはどうこうできる器じゃなかった」

・松太郎は部屋を破門され、田中とともに部屋を離れどこかへ旅立つ。松太郎「まあいいか。明日は明日の風が吹くってな」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||

2014年10月1日 | エロ体験談カテゴリー:アニメキャラの体験談

このページの先頭へ