【M男】昔付き合ったセーラー服が変態だった 続編 【痴女】

どうも。お待ちの方すみませんでした。



彼女とはたまたま浜松町の交差点で再会しました。会ったのは22の時が最後なので俺が34、向こうは33になっていましたが少し大人びた服装な位で何にも変わっていませんでした。

仕事中で時間がなかったこともあり、メアド交換して夜に都内の居酒屋で会いました。個室の席に着くなり、

「いやあ懐かしいな。ちょっと太った?先輩君は結婚したんだっけ?」

「したよ。Sと」

「ああー、大学の子?へぇー」

「Uは結婚したの?」

彼女はUとします。前の報告時は名前だしてなかったかと。

「いやーしてないんだよね。出会いが少なくて」

と12年ぶりのお互いの報告をつらつらと始めました。その時は下心とかなんもなかったんですが、酒も進み、Uがこの12年なにしてたかの話で、社会人になって大手の会社を2年で辞めてブラジルに留学したり、ドイツに留学したりしてた話になりました。

「なんか色々やってんだな。活動的ですごいわ。そういやあの時の大学院生は?」

「あー社会人になってからすぐ別れちゃった。向こうがブスと浮気したから」

「へー。その後は?」

「なんかね、特定のはいなかったって言うか、長続きしないって言うか…」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年9月7日 | エロ体験談カテゴリー:M男・痴女の体験談

【友達と】調教三日目【エッチ】

家出少女亜樹をペットにして3日経った。

ようやく出血も収まり、すんなりと自分から飲み込むようになり、

少しずつ感じるようになってきたようだ。

それよりも、多分相当のMだろうと思っていたが、Mはもちろんの事、

変わった潮吹き体質のようで、穴の中のツボを刺激して潮を吹くのではなく、

クリトリスを摘んでコリコリするとドバ〜ッ!と吹いてしまうのには

ビックリした。

初体験の翌朝、シャワーを浴びながらビデオを持ち込み、大股開きで撮影を

しながらクリに吸い付くと、ちょうどあごの辺りに熱いものを感じた。

舐めるとしょっぱくて、 亜樹〜おしっこしたでしょ〜??と聞くと、

え??してないよ! なんかムズムズしちゃったけど・・・・

俺も??と思い、過去に似た様な潮吹きJKがいた事を思い出し、

クリを指先で刺激してみた。

なぞったり、回しても吹く様子も無く、クリだけは異常に敏感なので

亜樹はやらしい子だねぇ、初めてなのにここだけは感じちゃうんだよねぇ〜


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2014年8月19日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【酔った】エッチなお姉さんは好きですか? 【勢いで】

ある日、行きつけの飲み屋で知り合った女の子と成

り行きでホテルへ行くことになった。

オレは当時22歳。彼女はオレより年上で28歳。

当然、彼女はベッドの上でもお姉さんぶりを発揮し、

オレは酔いながらも「大人のエッチって凄いw」な

どと呑気な事を考えていた。

全身を優しくキスしてくれた後、そのままフェラに。

オレのあそこがギンギンになったところで、あそこ

を軽いタッチで擦りながら、蟻の門渡り、だっけか?

そこを舐めながら、たまに肛門を舐めてくれる。



あまりもの気持ち良さにビックリしたオレだが、本

当にビックリしたのはその後だ。

肛門を舐めていた舌先が、突然グググッと肛門の中

に入ってきた。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月19日 | エロ体験談カテゴリー:酔った勢いの体験談

【人妻】妻の変貌【拝借】

妻は性欲が無く、夜求めてもほとんど断られます。

年齢も33歳と今が一番いい時だと思うのですが、さっぱりです。

皆さんの様に自慢と言える位の美人ではありませんが、胸はDカップ程あり

身体もムチムチしていて、私は毎日でも妻を抱きたい位なんです。そんな妻への不満を友人は、真剣に聞いてくれました。

ある日の事、友人と飲みながら妻の愚痴をこぼしていた時です。

「俺の友人で、女の扱いが上手いやつ居るんだけど・・・奥さんの事話してみたんだ」

「へぇ~・・でどうだった?」

「ん~彼に言わせれば、数日で淫乱な女になるって自慢げに言ってた!」

「出来る訳無いよ!本当堅物で、入れると痛いって怒るし・・・無理無理」

「一度、彼に会って話してみるか?」

「あ~いいよ。今すぐにでも・・・」 酔った勢いもあった。

「ちょっと電話してみるよ」

そんな訳で、友人の友人Aさんに会う事になったんです。

20分程して、Aさんが現れました。

凄くカッコいい感じで、体もガッチリした体育会系で、話も落ち着いた感じで信頼がおける人でした。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月3日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【浮気】浮気相手がニューハーフだった。【不倫】

<>1:名も無き被検体774号+[]:2013/06/18(火)12:51:17.78ID:qO2ykUxrO<>

浮気相手とは俺が3ヶ月、単身赴任してた北陸での出来事だった。

北陸の奴の誘いで合コンに参加して「千春」と出会ったんだ



第一印象は清純そうな感じだし、雰囲気が妙に色っぽい感じだった。

俺も結婚してるから合コンは、その場を楽しめれば良いと思ってたんだが、アドレス交換して会うようになったのが駄目だったかも



北陸を知らない俺に、休日が暇なら案内してよとメールして二人っきりで会って色んな所を案内して貰った。

その日は適当に飯を食って別れたが、色々と話してると凄く良い女だなと思ってしまって、後日に飲みに行く約束をしたんだ。



後日、俺のレオパレスに飲みに来ないかと大胆にもメールしたんだ。

俺も北陸での甘い経験をしてやると息巻いてたからな。



千春は誘いに乗ってきて飲みに来たんだ。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月20日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【ゲイ】男の娘まさみとの体験 【ホモ】

最近、テレビなんかでも男の娘とか言って、女装した男の子の特集をしたりするのを見かける。でも、なんか微妙というか、ただ女装しているだけみたいな感じが多い気がする。



俺が大学生の頃知り合ったまさみは、本当の意味での男の娘だった。俺が大学生の頃住んでいたのは、低層階がワンルームで、中層階以上がファミリータイプという構成のマンションで、今ではまずないつくりだった。当時、ワンルーム投資とか、マンションを金融商品みたいに扱うのが流行った時期だったみたいで、そんな歪なマンションがいくつも作られたらしい。



確かに、ファミリー層からすると、安いワンルームマンションがくっついているのはうるさいし、ゴミのルールも守らないしで、ウザかったと思う。



そんなマンションで生活していた俺は、たまにすれ違う飛び抜けて可愛い女の子が気になっていた。とは言っても、当時俺は彼女もいたし、彼女以外とも遊びまくっていた。そもそもその少女は小学生か中学生くらいで、ロリコンではない俺は、ただ可愛い顔だと思う程度だった。





背中の中程に届くくらいの長い黒髪が似合う、正統派美少女という感じの彼女は、俺とすれ違うときになぜか挨拶をしてくれるようになった。

ニコッと笑いながら、

『こんにちは〜』

と言ってくれる彼女は、俺のちょっとした癒やしの存在だった。






このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月17日 | エロ体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの体験談

【人妻】旅先で妻が【拝借】

私は今年40歳、妻は29歳で、大きな仕事も一段落し旅行に出かけることにしました。

平日だったので、旅館のお客さんも少なく、料理、サービスは特によかったのですが、ただ妻がタクシーの運転手にハメられてしまう出来事がありました。

私がその様子をすべて知っているのは、妻は知りません。妻と男が繰り広げた痴態を私は覗き、射精していたからです。

私の妻はB95W59H87で、俗に言うグラマー体型です。よく二人で出かけても、すれ違い様のいやらしい男の目線があり、私はそれを楽しんでいます。この日も旅館に到着するのが早く、時間つぶしに近くの観光地に出かけることにしました。荷物を旅館に預け、タクシーをお願いしました。しばらくするとタクシーが到着し、運転手が丁寧に降りてきて挨拶を交わしました。案の定運転手は妻の体を舐め回すように見、視姦しているのがわかります。年の頃は50前半で眉毛の濃い、いかにも絶倫タイプの男性でした。名前の交換をし3時間ほどですがよろしくと伝え、タクシーに乗り込みました。タクシー内では、なれた口調でYさんが、楽しい話をし、妻も喜んでいました。Yさんとは運転手のことです。その間もルームミラーで妻を視姦するYさんがはっきりわかります。はじめの観光地に着きました。公園になっており、展望台、お土産やが数件あるところで、遊歩道もあり、妻はそちらのほうに行きました。私はのどが渇いていましたので、お土産やのレストランでビールをお願いし、妻の様子を伺っていました。するとY氏が妻に近づき何か話しかけています。こちらから見ても、なにやら楽しげで、妻も楽しそうに話しております。しばらくするとY氏が必要以上に妻にタッチする様になり、私もそれを見て嫉妬と興奮を味わっていました。Y氏は今頃妻を犯してる妄想中だろう、そう思うと、股間が熱くなり脈打ってきました。妻も満更ではないようで、肩をもましたり、腰の辺りを擦らしたりと、微妙なタッチを許していました。y氏の行動も段々と大胆になり、お尻を下から撫上げる感じで触りました。すると意外なことに、妻も嫌がらず、じっとしているのです。それどころか、Yの手の動きに合わせる様、お尻を突き出しています。妻の服装は白地に花柄のフリルの着いたミニにオレンジのタンクトップその上に黄色のシャツを着ていました。今にもミニがたくし仕上がり、下着が見えそうになっています。もう股間が破裂しそうな自分がいましたが、それと同時に怒りも芽生え、二人の元へ行くことにしました。すると逆に妻がこちらに向かってきて、(Yさんエッチな話ばかりして、おまけにお尻間で触ってくるの、私文句を言ってやったわ。)といいました。私は内心お前も喜んで尻を突き出していたくせにと思いながら、(まあいいじゃないか、お前の体を見て理性が飛んでしまったのだろう、顔を見てみろ、スケベー丸出しじゃないか、もう少し楽しましてあげたら)

といい妻をなだめました。するとYも何事もなかったようにこちらにきて、

(どうです奥さん、この遊歩道の奥にきれいな滝があるのでいきませんか?)

と声をかけてきました。主人も一緒にどうですか、といわれましたがまだビールも残っていましたので、道順だけ聞き、妻に気分転換に言っておいで、と伝えふたりをいかせました。

私は、Yが妻にどう接していくのか見たくそういいました。少し距離を置き二人の様子を見てやろうと思いました。

妻を前に歩かせ相変わらずYは後ろから視姦しています。こちらから二人が見えなくなるのを待ち、私も後を追いました。

店の外に出ますと、もう二人の姿はなく、意外に早いなと思い、聞いた道順で滝のほうに向かいました。あまり急いでも気づかれると思い、様子を伺いながら行くと、誰にも会わず滝に着いてしまいました。二人はどこに?そう思いながら、妻の携帯を鳴らしてみました。中々出ず留守番になり、もう一度かけると、妻が出ました。私もとぼけて滝の近くにいることを言わず、

(どうだ、滝の様子は)と聞くと

(すごくきれいよ、あなたどこ)

とあからさまな嘘を言うのです。おかしく思いもう少し探りをいれるため

(まだビールを飲んでいるよ、でもどうかしたのか、息が荒く感じるけど)

(急いできたからじゃない、道が結構きついから、あなたはゆっくりしていたら)


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月7日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】地域の集い【拝借】

「キャー!やっぱり若い子はウマいねぇ」

黄色い声援が飛び交う。

30代後半を迎え、アイドル並みの声援を受けるのも何とも気持ちが良かった。会社移転!会社を辞めるか?移転先に永住するか?妻と悩んだ末に、私達は永住を心に決めた。

地方の小さな町は、大きな工場が来る事で雇用と町の活性化が期待され盛り上がっていた。

新住人を迎え入れようと、田畑を開拓し安い金額で販売、私達夫婦も35年ローンを組んで新築住宅を購入した。私達は、3年前に知り合い1年の交際を経て結婚しました。

妻は綺麗ですが、どちらかと言うと可愛い感じで、スタイルも良く男性好きなムチッと感がある女性です。

某TV局で働いていたそうで、毎日忙しく恋愛などする余裕もなかったようです。

30歳も過ぎ、長年の疲れと人付き合いに疲れたのか?世に言う軽いうつ病になってしまい仕事を辞めたそうです。

そんな時、私と出会い今に至ります。妻:34歳/私:38歳 子供:なし田舎は地域との付き合いが大事だと、先輩社員に教えられ私達も引っ越すと直ぐに、ご近所に挨拶に出向きました。

ご近所は年配の夫婦で暮らす方が多く、ほとんどが農家で、子供達は近隣の街に出て行った様でした。

だからでしょうか?私達が出向くと、皆温かく家族の様に接してくれました。

私も妻もホッと一安心すると同時に”良い所だね”と心から思いました。新居での生活も一か月も過ぎる頃には、ご近所から採れたての野菜や肉の差し入れがあったりと

街で暮らしていた頃よりも、生活は楽でした。

その頃には、近所の集会にも参加しちょこちょこ飲み会も開かれ、近所との親睦も深まりました。

そんな時、地域会長さんから”今晩集会があるから、夫婦で来てみて!”と声が掛ったんです。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年7月6日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻を試してしまって・・・【拝借】

5月末の事です。私はいつものように仕事を終え行きつけのスナックに飲みに行ったときにある大学生の子と話した事がきっかけでとんでもない事になった時の話です。私は32歳の自営業者で妻は33歳の大手の契約社員の経理をしています。私が良く行くスナックはマスターと奥さんが2人でやっていて値段がリーズナブルなので仕事終わりに2~3杯飲むのに良く利用させてもらっていました。そこでたまに1人で来てマスターとなにやら親しげに話している若い子がいることは知っていましたがそれまでは話したこともなくマスターの息子さん?とか勝手に思っていましたがその日はたまたま席が隣になり挨拶がてら世間話をするとなんと1流大学に通う21歳の大学生すでに簿記の1級に合格していて税理士を目指しているとの事で人は見かけによらないものだなと思いました。見た目もスラリと背が高く二代目俳優の松〇翔太君に似ていて前々から男前だなとは思っておりましたが遊び人風にも見えたのでまさかそんなに勉学に励んでいる子とは想像もしてませんでした。そしてその子Y君が「マスターまた新商品できましたのでお願いしますね」マスターに笑顔で話しかけマスターも「Y君副業だけやなく勉強ちゃんとやってんか?」と笑って答えていました。それを隣で聞いていた私は「副業?Y君アルバイトしてんの?学生さんだから当たり前か?」と問いかけるとY君「ええバイトというか・・・まあいいお金になるので僕自給とかで働くのが嫌いなんですよ。だからちょっとマスターの人脈使わせてもらってお金稼がせてもらってるんです。最初は趣味で女性を狙った自分で口説けない人がおる男性の依頼をうけて僕がナンパし隠し撮りしてそれを依頼人に売ってただけなんですがマスターが業者さん紹介するから商品にしたらどうやと言われてそれからはそれで小遣い稼がせてもらってるんですよ」私「なるほど・・そりゃY君みたいな容姿ならそれもできるなあ。しかしスゴイなあ成功率はかなり高いん?」Y君「今マスターに依頼するまえから38件受けましたが失敗した事ないですよ。依頼受ける条件満たしてなければ受けないので」と笑いながらY君が言い私「条件?」Y君「はい。まずターゲットの方が既婚であるか彼氏がいる事そういう困難な状況でないのに口説けないのは申し訳ないですが依頼人の方の努力不足ですからね。そのうえで写メか写真を見せて頂き僕が貞操観念ありそうかどうか判断します。貞操観念ありそうな人じゃないと燃えないんですよ」とY君が涼しげに言い私「それって・・・逆にY君にとってハードル上がってるんじゃ?」Y君「一般的に見たらそうでしょうね。でも僕は逆だと思っていますので。貞操観念があり縛られるものがある人ほど本人も気づいてないかもしれないですがその縛りから解放されたい一瞬があるんですよ」私「なるほど・・・」Y君は若いのに妙に説得力があるなと思いその日はビールを3杯飲み帰りました。そういやうちの妻もライ〇ーゲームのドラマ依頼松〇翔太のファンだったよな。もしY君にナンパされたらどうするのかな?堅いからなアイツとか考えながら家に帰り妻に突然気になり「なあ美〇子?今まで俺と結婚してから浮気したことある?」と聞いてしまいました。妻「えっ?いきなり何言ってるのよ。ないしそんな暇ないよ」と笑いながらあっさり流されまああっても正直に答えはしないでしょうが多分本当だと思います。私「職場の人に誘われたりせんの?」妻「H君(私)も知ってるとおり飲みには行ったりしてるけどそこで冗談ではたまにあるけどみんな私が結婚してるて知ってるしね~でも突然どうしたの?」と妻も不思議がり私「いや・・美〇子みたいなお堅い人でも浮気とか考えんのかな?ってふと思っただけ」と笑ってごまかし妻「何それ?私今それどころじゃないし興味ないよ~」私「あっそういや2級目指してたんやな~」妻は今簿記の2級取得の為勉強中で契約社員から正社員にしてもらう点数稼ぎで必要だとの事なのです。妻「そうそうH君の事務所がもう少し軌道に乗るまでは私も頑張らなきゃでしょ~」と帰ってきたスーツのまま台所を片付けお風呂に入って行きました。妻の後ろ姿を見ながらあの調子じゃY君に依頼したらY君に初めての失敗をさせてしまえるだろか?と自分の妻をY君にナンパさせる事ばかり考えてしまっている私がいました。勿論Y君が成功するとは思っていませんしY君基準で受けてもらえるかどうかもわかりませんしまだ依頼料も聞いていませんでしたのでこの時点では私の空想でしたがもしY君が成功した場合の事などを考えると胸がドキドキし嫉妬というか悲しみというか熱いものがこみ上げてきました。ここで妻の事ですが妻はと言えば先ほど紹介させていただいたとおり職場でもたまに声がかかるくらいの器量はあり普段はメガネをかけていて髪は後ろで1つに束ねていますが(何かと機能重視の性格なので)コンタクトにする日もあり私と買い物などに出かける日は髪も下ろしていて女優の木〇佳乃さんに似ているとたまに言われるそうで私もそう思います。身長は164㎝体重は51㎏でブラはCカップ1ヶ月くらい前に脱衣場で自分で測り「キャー63.8もある!!」と叫んでいたのでウエストはそれくらいでしょう。ヒップは少し大きめかとは思います。太ももも肉付きが良く少し下半身よりな肉付きな感じですがここ半年は私も妻とセックスをしていませんでしたので記憶にある限りの情報です。普段は黒のパンツスーツやタイトスーツで出勤していますので比較的地味に見えるタイプです。ただこの日のY君との会話までは妻が浮気や他の男性とセックスなどは想像もしませんでした(開業したばかりの事務所の事もあり煩悩が飛んでいたのもありますが・・・)しかしこの日からほぼ100%失敗すると確信しながら妻が他の男性に声をかけられどのような反応で断るのかと興味を持ち何とかY君に依頼できないかと考えていました。そして数日後例のスナックで再びY君に会いました。今度は私の方から隣に座り話しかけていき2杯くらい飲んだあたりで私「Y君この間話してくれたY君の副業の話なんだけど・・・」Y君「はい。あっHさん依頼人紹介してくれるんですか?」私「いや・・紹介やなくて俺なんやけど・・取引先の事務の子でね飲みに誘ったりはしてるんやけどちょっと堅い子でどうしてもその子の乱れた姿が見たいんやけどこんな内容じゃ依頼にならんかな?」と冗談めかして笑いながら切り出しました。Y君「えーHさんですか!意外ですよ~真面目そうな方やと思ってましたので。でその人既婚ですか?」私「うんそういう風に聞いてる。。。それで断られたし」と妻を


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2014年6月23日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】妻がモデルに…【NTR】

私の妻は結婚5年目の31歳です。顔は童顔で背はそんなに高くありませんがかえってそ

れが幼さを増しているようで、いまだに街では独身に間違われよくナンパされています。

そんな妻をぜひモデルにしたいと取引先のk社長から話がありました。社長とは年に数回

ではありますが旅行などして家族ぐるみで付き合いがありました。社長はいわゆるアマチ

ュアカメラマンで風景を主に撮っていましたが今度女性を撮ってみたいとのことで、正直

私は戸惑いました。

以前から貞操感の強い妻を他の男の前で晒したい、他の男たちに抱かれるとどんな顔をす

るのか見てみたい・・そんな願望はありましたがいざ話しが来ると、どうしていいかわか

らなくなってしまいます。

そんな私の気持ちを見透かしてか社長は

「撮影の様子は隣の部屋から覗けるんだけど・・見てみる?」

まさに悪魔の誘惑です。私は即座に

「お願いします。でも妻にはヌードとは言えません・・それでもいいですか?」

「奥さんには嘘でも何でもついてモデルの件を承諾してもらってください。あとは何とで

もなりますよ。」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年6月9日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

このページの先頭へ