【友達と】R太郎23【エッチ】

暖房室 投稿者:R太郎  投稿日: 6月25日(日) 21時20分18秒 削除

こんにちは、R太郎です。今日、久々にプールRしてしまいました。

ターゲットは小5の4人。帽子に5年○組・・・と名前があるものの

5年とはおもえないようなBodyの子もいました。

今日は、これまでと違って、暖房室でRしてしまいました。

(最初は、そのつもりではなかったのですが・・・・)

暖房室は薄暗くて、窓が小さいために、入り口付近まで来ないと

中も見えないし、こちらからも見えません。4人は2mほど

離れた私に対して直角方向に向き合い、クラスの噂話をしています。

私は、かなりピチピチの小さなパンツをはいていました。

まず、ゆっくりパンツの上からPを擦ります。すぐには気付いて

もらえませんでした。しかし、力を入れて、パンツのこすれる音が

しだすと、4人の会話が途切れ途切れになりました。

私は顔の部分が柱に隠れるように座っていました。すなわち直接

4人の顔を見れませんし、向こうも同じです。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2014年12月30日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】友達の彼女寝とったったwwww【エッチ】

<>1:名も無き被検体774号+[sage]:2013/06/03(月)23:22:54.81ID:+EJC7Wz10<>

ついにDT卒業したわwwww

ワロタwwwwワロタ…



スペック

俺20才顔濃いイギリスと日本のハーフ

友達の彼女19才AKBの大島似Eカップ



話は昨日の夜、友達と友達の彼女と俺とで酒を飲んでたんだわ

そのとき見てた映画がモテキだったんだけど



でね

モテキってさ結構エロいシーンが多くて

3人でウヒョーとか言って盛り上がってた

しかしバカ騒ぎしてる時にふと俺の右手に友達の彼女の手が乗ってたんだよね


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2014年12月24日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】女友だちの一人H【エッチ】

カップルの部屋と俺と女友達の部屋は隣合わせで、女友達が寝てる方のベッドがカップルの部屋側の壁に沿って置いてあった。

12時を回った頃だったと思う。ガタッという音で少し目が覚めた。隣の部屋からヤラシイ声が漏れてきた。「あ…ヤッテル」完璧に目が覚めドキドキしてた。

その時ガサッと女友達が少し顔を上げて俺の方を見た。別に、やましい事をした訳も無いのに咄嗟に目を瞑り、寝てるフリをした。

目を閉じてても視線を感じる。片目だけ薄目気味に目を開けると、女友達が俺が寝てるか確認して壁に耳を付けてた。

「うわっ聞き耳立ててる」女友達の見ては行けない部分というか、むっつりな部分を見た感じでこれだけでも俺はドキドキした。けど、隣では正にHの最中。しかも、付き合いの長い友人と彼女。

さすがに、俺のベッドの方は壁から遠くて、友達の彼女が大きい声を上げなければ分からない(さっき聞こえた時は相当気持ち良かったのか?)

何だか、女友達が羨ましく思い寝たフリしててもつまらないから、いっその事起きて女友達と二人で盗聴した方が楽しめそうと思い、起きようとしたその時!

女友達の手がソロソロ〜と布団の中に入っていった。

ま…まさか!!自分の目を疑う。あの女友達が、布団の中で確認は出来ないがオナニーをしてるのは状況からも確実。解りやすく説明すると、あぐらかいて片方の足の膝を立てた様な状態で布団が掛かっていて左手(俺が寝てる方)が布団の中。

興奮が止まらない。俺は必死に息を潜めて、鼻息がバレない様布団を顔半分まで隠した。ザサザサとシーツが擦れる音が段々早まる。膝を立ててる方の足が小刻みに左右に揺らす女友達。ふぅふぅ…と鼻息が漏れた

隣の部屋から、

「…ぁあん…ぅんっ」

と友人の彼女の声が聞こえてくるが、今ではその声すら邪魔に思うくらい目の前の光景に釘付けだった!実際、女友達の方が俺は好みだった事もあるが中々オナニーの場面なんて見られないから。

「フン…フンッ…フゥゥゥ…フッフッフッ」

なんてこった。鼻息がこんなに興奮するなんて。女友達も凄い必死に息を潜めているが、隣にバレなくても俺は騙せないよ。豆電球のオレンジがいやらしく女友達を照らす。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年12月24日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】彼女と出会って二週間で経験人数が5人も増えた話【エッチ】

彼女と付き合った時彼女は中学三年生でした。俺は年上でしたがまだ十代。

はじめて会ったのはメールをはじめてから一か月後くらいです。

しかしはじめて会った日からエライ事になっていたとは知るよしもなかった。

 

 

俺と彼女は同じ県に住んでいるものの離れているため遠距離だった。

彼女は家の事でいろいろあり俺と会う日は家出も兼ねていた。

俺はまだ免許もなかったのでお互い電車に乗ってデカい街の駅で待ち合わせって事になったんだが約束の時間には来なかった。



その約束の時間は夕方5時くらい。

そして彼女が来たのは夜9時。

普通ならブチギレだがはじめて彼女を見た瞬間どうでもよくなった。

誰がどう見ても美人だった。。

顔はほぼ外人。だがハーフであり例えるなら綾瀬はるかとモデルのジュンをあわせた感じ。

メールしてる時に中学の文化祭でミスコンだったとかでかけるたびにナンパされるとかわざわざ他県から告白だけしにくるやつがいたとかウソくさい自慢話を聞いてたんだが生で見てはじめて納得したよ。まぁスペックはそんな感じ。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年12月3日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】美人のうこ【エッチ】

私は43才の独身男で水のトラブル110番の仕事をしております、先日もいつものように会社の連絡経由でお客さんの家に向かいました、ピンポーンとベルを鳴らすと35才位の美人女性が半ズボンとタンクトップ姿で出てきました、どうやら一人暮らしでトイレに何か詰まらせ水が溢れているらしかった、私は普通に話を聞いた後トイレに向かい状況を見ました、便器に水が溜まりなんとその中に大量のうんこが散乱しているではありませんか、まあいつもの事ですが、先程の美人女性のうんこかと思うと妙に興奮してきました、私はゴム手袋をしてうんこを容器に取出し便器を直しました、後はうんこを少しずつ便器に流して終わりですが、私はうんこをビニール袋に詰めこみ道具箱にしまい、何くわぬ顔で修理代をもらい家を後にしました、私は車を人気のない所へ駐車し、先程のうんこを取出しました、あの美人がこんな汚いうんこをするんだと、感心しながらそのままシンナーを吸うようにビニール袋に鼻を入れ臭いを嗅ぎました、ううっ、くっくさい、でも先程の美人女性のしたうんこだと思うと感じてしまい、ビニールの上からうんこを潰してもっと濃い臭いを味わいました、私はたまらなくなり、直接うんこを指ですくいだし自分の鼻に塗りつけました、この臭さがなぜこんなに興奮するんだ?私は興奮が絶頂になり遂に指についたうんこを口に入れ舐めはじめました、そしてパンを食べるようにモグモグとうんこを食べ、がまんできなくなり、息子をビニール袋に入れうんこを息子に押し付けながら射精してしまいました、あの美人女性も自分のうんこを食べられてるとは夢にも思ってないでしょう、最高でした。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2014年11月28日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】吹雪の夜に【エッチ】

先月のある日、突然のヒドい吹雪で収まるのを待つのに、某ゲーセンで時間を潰し&外を見てたら、同じように外を見ていたコートに生足のJKくらいの子と目が合った。『吹雪待ち?寒しいょその格好』声掛けると、『友達これでこれないし、これじゃ帰れないのぉワラ』『俺もワラ、一緒に遊ぶか?』『なぁに?お兄さんナンパ?私高いよ笑』『じゃあヤメタ笑』『ウソウソ♪お兄さんのオゴリね♪』名前は優でJC3でビックリ

で、二人でゲームして、プリして、スポーツしてる頃には盛り上がって向こうからボディタッチとか、抱きついてきました。コートの下はホットパンツにピチシャツ。Eカップくらいの胸に汗が手助けして体のラインは丸見え♪バトしてる時に揺れ過ぎてハーフカップブラがズレて慌てる姿に大笑いしてたら、顔真っ赤にしながら『イジワルゥ』て言いながら正面から抱きついてきた。上目遣いで『私っ魅力ないの?』って聞いてきた。優なりにアプローチしてたらしい。『そんなことないよ、可愛いよ♪』おでこに軽くkiss。『可愛いぃ?』少し不満気『俺からみたらだよ、そんなにほっぺ膨らますな』と頬にkiss。『ふふっ♪』と笑いながら抱きついてきた、今までのジャレるようなのではなく、密着させてくる抱きつき方、こっちも頭を撫でながら抱きしめてあげた。フニャーって音が聞こえるような脱力で、逆の頬にもう一度kissしてあげた。すると優が『ねっプリ撮ろっ♪』と言ってきた、撮るときに優が抱きついて来て、目を瞑って『んっ♪』とキスをねだる仕草。プリ撮りたがった意味を理解してチュープリを数枚、前からや後ろから抱きついてチュー、抱っこして優の方が上からのチュー。色々撮った後に文字を書き込むのを見ると、【F・K記念日】と書いていた、『そうなの?』『うん♪』『おめでと♪』

その後はお互いの携帯に張って恋人の様にまた遊び始めた♪すると優の携帯に電話『あっドタッた友達だ♪ちょっと待ってて』とすぐ横で話始めた。会話を聞いていると聞いた事ある名前、年も近いし…電話終わって聞いてみると、友達が俺の妹と判明!!もうお互い大爆笑。『じゃあいつでも会いに行ってもいいよね?』と優。『いつでもいいよ♪』『そういえば、○○が勉強教えて貰ってるお兄ちゃんって…』『そう、俺だよ。』『じゃあ、優の家庭教師お願い!ママに話しておくから♪○○のお兄ちゃんならママも安心だろうし』



『あっ天気良くなってきたよ、遅くなってきたから送ろうか?』『ん~家行ってもいぃ?一緒に行ったら○○ビックリしそうじゃない?』『いいねー♪』と俺の家へ。二人の姿をみた妹はキョトンとした顔、それを二人で大爆笑♪簡単にいきさつを話して、家庭教師の件を話すると妹は『いいよ、二人で同じ高校行けるなら♪』と言うわけで後は優の母親の許可待ちと言うことに。しばらく妹と話して帰って行った。

『おにぃ、優とはなんもないの?』『なんもないさ、遊んだだけだぞ、どうした?』『おにぃの話ばっかだし、なんか目がハートだったワラ』『まぁ可愛い子だけど、そうなったら、お前にやってるわワラ』『うわっキモッ爆笑』

数日後の夜、妹が『おにぃ、優ママがOK貰ったから、私と一緒に来て欲しいって、今から行く?』『おぉ分かった』

優の家に行くと両親と対面、若くてビックリしたが、時間や料金の話だが、いらないと言っても譲らないので『じゃあ、受け取らない代わりに、この分を妹と優チャンの合格時のご褒美旅行代にします』というと、了承してくれた。で、得意不得意を知りたいので、成績表や実際のノートを見せて貰う為に部屋に。優ママと妹も仲良いので二人きりで。

入るなりに『もぉ待ち切れなかったぁ♪』と早速甘えて胸を押しつけるように抱きついてきた。ノーブラなのを話してる時から気づいていたが、優しくキスしてあげると、一生懸命答えてきた、舌を出して優に滑り込ませようとしたら、少し口を開いて舌を絡ませてきた。そのままベッドに腰を掛けて、優が足の上で抱っこスタイルに。口を離しまずは勉強の面談、理数系がかなりヤバい事が判明だが文系はかなりのレベル、教える方向性は決まった。優が『ご褒美はあるんでしょ?』と聞いてきたので、『ご褒美じゃなくて勉強っしょ?』と優しくシャツの上から胸を揉んであげた、堅いくらいの張りの良さとミニミニな乳首の感触、ピクンピクン反応する体にたまらなくなり背中からシャツの中に手を滑り込ませた。一瞬身を堅くしたがキスをすると力が抜けてた。手を前に持って行き、直に外側から胸を揉んであげると甘ったるいため息に近い声、ゆっくり触るか触らないかの位置で自己主張しているミニな乳首をいじめてあげると、電気が走った様なビクンッ!と反応『ビックリした?』『…うん…もっと』『だぁめ、これ以上は疑われちゃうしょ、ちゃんと予習復習ね♪』とキスしてあげると笑顔で『うん♪』笑って居間に戻った


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年11月21日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】恵のドラッグ初体験【エッチ】

19才の時バイト仲間で行った河口湖の貸し別荘で、初めてドラッグ体験しました。

みんなでドラッグ飲んで、輪になって座って、マリファナを回して吸いました。

私の番が来て吸うと、一瞬身体が宙に浮くような感じがして、そのあと物凄い快感が走りました。

「や、やばい・・・。」

という感じです。

男の子たちが服を脱ぎ始めて、隣の女の子に迫ってきます。

T君が幸ちゃんのおっぱいを揉みはじめると、幸ちゃんは「う、うっ。」とうめき声をあげました。

享子先輩がW君のおちんちんフェラチオし始めると、

みんな堰を切ったように、一斉にペッティングしはじめました。

TさんとKさんは、親友の真紀ちゃんを裸にして、二人で愛撫し始めました。

私もN君にあそこを拡げられて、ビデオに撮影されました。

次々といろいろな男の子のおちんちんがアソコに挿入され、アナルにも挿入されました。

もう、快感の絶頂です。

頭の中は真っ白です。

幸ちゃんは「ウギー。ウギー」とわけのわからないことを呻きながら、Tさんにアナル挿入されています。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年11月19日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【ゲイ】セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた3 【ホモ】

女とのセックスに飽きて、アナニーを始めた俺。セフレの人妻にアナルを責めてもらって、完全にメスの快感を知ってしまった……。



セフレの加奈子とは、相変わらず責めたり責められたりの関係を続けている。幼稚園の子供と、旦那がいる加奈子。家族をとても大切にしているくせに、俺の巨根に狂いまくっている姿を見ると、女って怖いと思ってしまう。



俺は、加奈子を寝取る快感と、男の娘として加奈子に犯される快感に目覚めてしまって以来、性欲がヤバいことになっていた。エロ動画やテキスト系のサイトを見ては、毎日抜くのが日課になってしまった。加奈子や他のセフレともほぼ毎日セックスしているので、本当に猿みたいだ。



加奈子を責めるときは、体験談系のサイトの”NTR使える寝取られサイト”で読んだプレイを試し、俺が責めてもらうときには”エッチな体験談や萌えた体験談ブログ”に書いてあった男の娘モノのような感じで、言葉責めもしてもらいながらアナルをガン突きしてもらったりしている。



今日も、昼間に加奈子の家に宅急便のフリをして上がり込み、バックで生ハメしていた。

いつものように夫婦の寝室で、結婚式の時の写真の前で生でハメていると、

『パパぁ! ごめんなさいぃっ! カズ君のチンポ生で入れてるよぉ! ンヒィッ! ンアッ! アッ! アッ! パパのじゃ、届かないとこにあたるぅッ!』

加奈子は、その幼く見える顔を歪めて、あえぎ続けている。昼間の自宅で、他の男とセックスをしながら、こんな大きな声出して平気かな? と、いつも心配になるw

「ほら、旦那のとどっちが好きなんだ」

『カズ君! このおチンポが好きぃっ! これじゃなきゃイケないぃっ! あっ! あぁん! イクっ! パパ、イッちゃうぅっ! み、見ないでッ! イッちゃうッ! 浮気チンポでイクっ!!』

加奈子は泣きそうな声で叫びながら、結婚式の時の写真を伏せようとする。タキシードを着た旦那の横で、ウエディングドレス姿の加奈子が笑っている。童顔で、真面目そうと言うか清純そうな加奈子が、優しげな微笑みを浮かべる写真は、とても良い写真だと思う。でも、俺は写真を伏せようとする加奈子の手を掴み、さらに突き上げる。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月13日 | エロ体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの体験談

【寝取られ】年下の嫁に偶然を装って元カレを近づけた完 【NTR】

僕にとっては完璧で、ルックスも性格も100点満点と思っていた嫁の美月。山本美月そっくりの、日本人離れした美しすぎるルックスは、僕ではとても釣り合いが取れないと思うほどでした。



そして、偶然知り合った美月の元カレ前田さん。僕のつまらない好奇心と、嫉妬心、虚栄心で、2人を引き合わせてしまいました。



あっという間に、以前の熱量を取り戻してしまった2人。その上、美月は気持ちを秘めていただけで、ずっと前田さんの事を想い続けていたことがわかってしまいました……。





僕は、美月から別れを切り出されることを覚悟しました。



でも美月は、僕と前田さんとの間で揺れ動く気持ちに、とんでもないケリの付け方を選びました。

受精しやすい3日間、毎日前田さんと子作りをして、妊娠したら僕の元から離れ、前田さんと一緒になる……妊娠しなかったら、今まで通り僕と暮らす。



人生を、そんなギャンブルみたいなことに任せるなんて、どうかしていると思います。でも、それくらいしなければ決められないという事なのかもしれません。






このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月12日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達と】アラブの夜【エッチ】

非常に奥行きの対話

約束の公園でモナの家に行きました。 私への扉を開けると、素晴らしい美しさでしたが、ローブとピンク色を身に着けていると側に長いスロットを持つもの。 彼女の髪は黄色だったとぶらぶらと腰に背中をカバーし、香りAlparvanの香りと場所を動員する。

彼女はそこに立って、入力された、と言って:ねえ、あなたはミロの事が好きです。 それから私は彼女の花束赤いバラを与えたし、ねえ、彼女が言うには、我々はいくつかの抱擁とキスを取る。そして、我々は直接海に配置されているマンションのバルコニーに行き、彼女が立っていたところ、彼女の母親が座っていたが起きて、キス、プリンスは、ここに座ってのように私の愛を飾っ….. 私は私が私の横に座っているように座って、彼女の母親は彼女の側にあったが、このモダンな家時

母親:私は一緒に家を知っていた

私は言った:私はいくつかの人に尋ねたが、それはパワーにアクセスするために簡単だった

と母。 そして、あなたはファインO構造を下降さ

私は言った:我々は路面電車で海に近いスタンレーにフラットを持っている

母:でも、あなた自身の

私ははい私TNTを言った

その後えっ…私は話を切ると言った、Oミロは飲む

彼女は彼女と彼女の母言ったとき私は第一Ntashyモナ

私は言った:OマーシーTNTを

彼女は言った:O君が来息子私Farhana軍は他の私Mvicとモナ、私はハエがここに降りてくる希望、私たちと一緒に座ると、モナは単独では何かの代わりに、いくつかの、チュニジア、バイオリンと一緒に

私は言った:私はあなたと私の存在私のエリーTNTと非常に嬉しいです

あなたの叔父さんのパジャマはあなたの必要性に答えることを嫌いになるまで彼女は言った、我々はAaabnyバイオリン、我々は状態を持つ2つの日を意味し、夜を明るく、DE眠る、我々は第三の部屋があり、あなたに答えを開始


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2014年10月25日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ