【会社】恵那武勇伝マルボボ 【職場】

辻本夏実




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2015年7月19日 | エロ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【会社】エナ武勇伝蓮コラ 【職場】

ふい




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||

2015年7月18日 | エロ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【温泉】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった5 【混浴】

結局、あまりにも真っ直ぐな景子ちゃんの気持ちに、少し怖くなってしまった私だったが、この歳でこんなにも若くて可愛い女の子に惚れられて、嬉しくないわけがなかった。



結局、昨日の夜は景子ちゃんのお尻の中でイッて終わった。そして息子は、一度も起きることなく寝続けていた。寝ている間に、早すぎる童貞卒業をしたことや、フィストファックで明奈ちゃんを失神するまで追い込んだことも知らず、無邪気な寝顔を見せる息子。昨日のスキーの疲れもあるのか、まったく起きる気配がなかった。



私は、せっかくなので朝風呂に行くことにした。大浴場は、早朝ということもあり誰もいない状況で、私は身体を洗い、髭を剃った後で外の露天風呂に入った。そして、昨日のことを考えていた。まさか、この歳になってモテ期が来るとは思っていなかった。景子ちゃんが、どこまで本気かわからないが、私はトキメキを感じていた。そして、女将さんに子種をねだられたことも強烈な経験だった。



景子ちゃんは、私などでは土下座してお願いするレベルの良いオンナだ。でも、嫁も息子もいる私が深入りしてはいけないと思っている。そして、彼女も旅先で開放的になっているだけだと思う。冷静になれば、私のようなおっさんに本気になるわけがない。



そんなことを考えながらも、昨日のめくるめくセックスを思い出していた。一晩であんなに射精したのに、私はまた勃起してしまっていた。我ながらあきれてしまったが、まだまだ自分も若いんだなと思った。



すると、女子風呂の方から人の気配がした。私は慌てて湯船につかり、勃起したペニスを隠すようにした。誰だろう? そんな風に思っていると、

『おはようございます。よく眠れましたか?』

と、女将さんの声がした。そして、身体にタオルを巻付けた格好で歩み寄ってきた。私は、昨日何度も体を交わした相手なのに、妙に緊張して声を裏返らせながら挨拶をした。髪をアップにして、おそらくノーメイクの彼女は、それでも充分に美しかった。

彼女は、身体に巻付けたタオルをスッと外すと、なにも隠すことなく堂々と温泉に入ってきた。CSの”温泉へ行こう”と違って、際どいところが上手く隠されているわけでもなく、丸見えだ。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年7月6日 | エロ体験談カテゴリー:温泉・混浴での体験談

【初体験】不動産屋の巨乳女が誘ってきたので中出しエッチ体験談 【大人】

当時引っ越しに結構悩んでいて、何店舗か回っていた。



ある渋谷の不動産屋だけは女性が威哥王担当になった。名前はMさん26歳ぐらい。



身長は160CMぐらい髪は少し茶色でセミロング



Mさんにも3件ぐらい案内してもらったが…やはり自分が納得する値段・環境・設備などどれもそろえようとすると難しいもので



なかなか決まらなかった。



2日後ぐらいに別の不動産屋から結構いい物件情報が入った



その不動産屋にまかせてもよかったのだが、Mさんのことが少し気になった俺は



Mさんの会社に連絡


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2015年5月14日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【友達と】昔の経験【エッチ】

この話は、30年も毎の話です。まだ僕が旅行会社に入社したての駆け出しの添乗員をしていた頃の事です。当時は募集旅行と言って新聞で広告をだし、旅行参加者を募集して参加者が集まったら遂行するという旅行形態でした。そして、必ず前日に参加者銭インへ連絡をし、集合時間と場所を確認する作業がありました。その時にはまだ僕の友人の母の下の名前を知らずにいたのですが、幼いころからそのおばさんには興味(女としての)がありました。しかしあくまでも憧れのおばさんであり、僕などは相手にされないものと思い込んでいたのです。そして確認作業の最中、代表者の名前の後に参加者の名前があり、その中に寺島君江と言う名前を見つけたのですが、まさかその人が僕の憧れのおばさんだとは気が付きませんでした。そして旅行当日、バスの前で参加者の確認をしていた時、後ろから不意に声を掛けられ振り向くとそのおばさんが満面の笑みで僕を見つめていたのです。「アッ、寺島君のお母さん…」「ひさしぶりねえ、こんなに大きくなって・・・」「今日から二泊三日、よろしく面倒見て!」といい、軽く僕の肩に手を置き、意味ありげな微笑みを掛けてきたのです。もちろん添乗員ですから、その時は単に毎日座席の位置を変えるので、いい席をお願い、みたいに言ってきたのだと思い込んでいましたが、そのおばさんは自分の仲間の女性3人に、「この彼は、あたしの息子の友達で小っちゃなころから知っていて、よく家に遊びに来ては一緒にお風呂に入っていたのよ」っと紹介し始めたのです。さすがに、そのことを聞いた時には僕のおチンチンは半起ちになったのですが、これからの仕事の事の方が気になり、バスへ乗り込むとすぐに忘れてしまったのです。そしていよいよバスは出発し、自己紹介とこの旅行会社を使っていただいたお礼と、乗務員さんの紹介を難なくこなし、バスガイドさんにマイクを渡し席に着きました。最初の休憩場所へ着くとすぐに昼食場所への連絡、そして旅館への人数確認と津着予定時刻を報告し、トイレに向かい用を足して戻ってきた時、バスの前でそのおばさんグループとバスガイドさんが集まって僕の事を話していました。当時はカラオケと言っても8トラックのカセットで曲数も少なかったのですが、まずは場を和ませるため添乗員が先陣を切って歌わなければならなかったのです。そして、バスガイドさんから指名を受け、一曲演歌かなんかを歌い、参加者全員にマイクを回し、自己紹介と歌を披露してもらっていました。そして最初の見学地へ着き、みんなガイドさんの後に続いて見学に行った後、僕はバスに戻り一服していたのです。そのうちガイドさん一人が戻ってきて、「聞いたわよ、添乗さんって大きいんですって?」とニヤニヤしながら僕の下半身をいやらしく眺めてそう言い出したのです。僕は「何が?」ととぼけると、さっきの寺島さんがあなたが中学の時にうちに泊まりに来てお風呂に入っていたのを覗いたら、しっかり下の毛も生えそろい物も大きかったって自慢げに噂してたわよ」と打ち明けられたのでした。そこからが僕にとって大変な旅行になったのです。まず、旅館へ着く数分前に部屋割り表を参加者全員に渡し、夕食宴会の時間を知らせバスが旅館へ到着して、参加者が降りた後バスの中を見回り、旅館へ入ったのです。まだ、夕食宴会まで時間があったので、ガイドさんと運転手さんの部屋へ行き、明日の旅程の確認をして自分の部屋へ引き返したのです。もちろん、運転手さんガイドさん僕はそれぞれ一人部屋で、唯一僕がゆっくりできるところはここしかなかったのですが、急にガイドさんが部屋に来て、今日は久しぶりだから宴会が終わった後、一緒に飲まないかと誘われ、断る理由もないし、前から何回も一緒になったことがあるガイドさんなので、「いいよ、今夜は盛り上がる?」と悪乗りして言ったのが間違いでした。そして宴会になり、まず最初に僕が今日はお疲れ様でしたと明日の予定を良い、参加者の中から一人乾杯の音頭を取って頂く人非お願いし、宴会が始まりました。とは言え、初めて会う人たちばかりなので、最初は打ち解けにくく白けた雰囲気に満ちていたのですが、まず最初に僕が口火を切る格好で、一曲カラオケもなく演歌を歌いだしたのです。そしてそれぞれ参加者もお酒が入り打ち解けだし、いい雰囲気で宴会も盛り上がっていました。その時も僕の憧れのおばさんも盛り上がっていて、時々浴衣の裾が乱れているのをしっかりと目に焼き付けていました。そしてお開きになり、僕もお酒が入っていたのですっかりガイドさんとの約束を忘れ、そのおばさん達が旅館のスナックで飲もうと誘ってきたのです。もちろん願ってもないことでしたので、「では、素早く部屋のシャワーを浴びてきますので、スナックで待っててください」と言い残すや否や、ダッシュで部屋に戻りシャワーを浴び、スナックへ行きました。もうそこは泊り客で一杯で、どこにおばさんたちがいるのか分からず、うろうろしていると、突然僕の浴衣が引っ張られ、座席に倒れこんだのです。するとそこにはそのおばさん達4人組とガイドさんが座っているテーブルだったのです。そして僕が倒れこんだ場所は、憧れのおばさんとガイドさんの真ん中でした。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2014年12月14日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】妻を常務に預けてしまった(5)【拝借】

 妻を常務に預けてしまった(5) 妻の雅美は、旅行から戻って常務を愛しているように思えた。雅美も悩んでいた。幾ら財産が貰えるからと言って常務の子供を妊娠することに少なからず抵抗を持っていた。旅行からはピルも服用していなかった。その後のセックスは生で行い膣の中に出している。妊娠は時間の問題のように思えていた。「雅美、俺のDNAを後世に残してくれ、お願いする。癌が進行している。雅美とセックスできる期間も残されていない」

 常務が涙を零しながら雅美に訴えた。その涙には抵抗できなかった。

「私、常務の子供を産みます。妊娠させてください」

「妊娠するように頑張ろう」

 二人は、抱きあって身体を重ねていた。常務も生きて来た証を残すために最後の奮闘を御粉っていた。 私にも常務から内線があった。常務の部屋に入ると常務が土下座した。

「君には不服かもしれないが雅美が妊娠することを許してくれ。俺の残された命は僅かしかない。俺の血の繋がった子孫を後世に残して置きたい。俺が愛している雅美に産んで貰いたいのだ」

「雅美は、承知したのですか」

「雅美は、承知してくれたが主人が心配だと言っていたので—–その代り、俺の全財産を君達に相続する」

「—-常務、椅子に座ってください」「解ってくれたか—ありがとう。ありがとう—-もうすぐに弁護士が来る」

「弁護士が—-」

「俺の財産を君達に譲渡する段取りをしてくれる弁護士なのだ」 ドアがノックされた。

「高見と申します。常務、身体は大丈夫ですか」

「医師からは恐らく半年と言われた。俺はいつ死んでも良くなった。この間、話したように雅美が妊娠したら私の財産を雅美夫婦に譲渡するようにして貰いたい」

「譲渡すると譲渡の税金が50%になります。ここは雅美さんに書類上だけ離婚して貰い、妊娠、出産まで待ちます。配偶者は財産の1/2を相続する権利が発生します。無駄に税金を支払うこともないです」

「ご主人、私の話に納得して貰えますね」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月7日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【学校で】授業中【エッチ】

授業中、僕はぼんやり外の景色を眺めるのが好きだった。

帰ったら何して遊ぼうかとか、どこか遠くに行きたいとか、

いろんなことを思いながら、窓の外ばかり見てた。

午後の授業なんかだと、ついつい寝ちゃうこともある。

隣の女子校で体育をやってたりすると、それはもう大変

何も考えられずに食い入るように見ちゃう。

はちきれそうな太もも、のびやかな肢体、見てるだけで鼓動が高鳴った。

あのコがいいとかこのコもいいとか、もう授業中だってことなんか

完全に忘れてずっと見てた。楽しかった。

でもそんなことしてると、いつも必ず邪魔が入るんだ。







「先生、授業してください」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ



2014年8月10日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【学校で】甲子園放送中のNHKへの投書【エッチ】

お世話になっております。

いま放送中の試合で娘がチアリーダーをしております。

チームの為、学校の為にと必死に練習をしていました。

アルトを担当している合唱部の活動もそこそこに。

うちも勿論のこと、周囲の保護者も現地には応援に行けません。

つい客席の娘の姿を探してしまうのは親馬鹿でしょうか?

せめて客席を映す際にチアリーダー達にも注目して頂けないでしょうか?

やっとたどり着いた甲子園の舞台。

ボールを追いかける選手と同じくらい頑張る彼女たちへも、

ケアしていただけると幸いです。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||

2014年7月19日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【学校で】男の子もスカート【エッチ】

[ばついちママ。]

小学校4年生の運動会のときの お話です。

その年、わたしたちの学年は チアダンスをやることに なったんです。

しかも、男の子もスカートをはいてダンスをやりました。

そして、男の子も女の子も 白のミニのプリーツスカートをはいての練習が はじまりました。

練習でも スカートをはく理由は もちろんダンスのときに キレイにスカートが ひろがるように 踊れるようになるためでした。

チアダンスの練習のとき、男の子のスカートの中が みえて、わたしたち女子は「あれっ?」と思いました。

わたしたち女子は みんな スカートの下にブルマをはいていたのですが、男の子たちは みんな スカートの下は 普通の白のパンツ(いわゆるブリーフ)だったんです。

あとから知ったんですが チアダンスのときに、スカートの すそから 体操着の短パンが みえるのが みっともないとゆーことで 男の子は スカートの下に短パンをはくのを禁止されたようでした。

はじめ 男の子たちは 「女子だけスカートの下にブルマをはくのは ズルイ…」とか ブーブー言ってましたが、わたしたち女子は 男子の そーゆー姿をみて すこし たのしんでいました。

男女スカート姿での ダンスの練習が始まると 男子の ミニスカートの中の 白ブリーフは まる見え全開でしたょ。

ちゃんと スカートが ひろがるように 踊らないと 先生に 注意をされるので 男の子たちは パンツが見えても スカートをおさえることもせずに ダンスの練習をしていました。

すこし組み体操っぽい演出も入っていたので スカート姿で逆立ちをするときは スカートで白い ぉ花が咲いたみたいに 男の子たちは パンツ丸見えでした。

男の子たちは やはり恥ずかしいようでした。

ちなみに わたしたち女子は スカートの下に 普段の体育用のブルマを はいているので なにも恥ずかしい思いもせずに ただただ 男の子たちの スカートの中の 白ブリーフを ながめてました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月12日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【人妻】友人はスパイス【拝借】

私たち夫婦と私の友人との話をします。

私48歳、家内は34歳で二人には子供がおりません。

二人とも子供好きなので欲しかったのですが、今は諦めました。

子供がいないので友達たちは返って来やすそうで、二日と空けず人が来ます。

事が起こったのは半年前です。

以前からお酒を飲んだりしたときは、Hな会話を歳相応に楽しんでおりましたが、

ある日、ブレーキ役の家内が珍しい事に酔い過ぎてしまい、ブレーキが効かなくなったのです。

来ていた友人は私より三歳年上で、高校時代からの親友が7年前に連れてきた人で、

家から二つ向こうの駅前で電器店を営んでいます。カメラが趣味と同じだったのでそれから頻繁に来るようになったのです。

来るたびに家内をパチパチと撮りまくり、「いつかヌードを撮らせて」と言い続けていました。

その日も同じように言うと、家内が「良いわよ」と焦点の定まらない眼でOKしたのです。

私は異常に興味を持ちましたが、一応は「オイオイ、酔って返事するなよ」と言うと、家内は

「賞味期限すれすれだもん。それに他の男性に裸を見て貰いたいの」

「お前は露出癖が有ったのか?」

「かもね」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年5月29日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ