【マニア】ペニスリング④【性癖】

彼女から何度となく、携帯へ電話連絡があったのだが、何かしら言い訳しながら、先延ばしし彼女から逃げ回っていたのだが

彼女から、これ以上、私から逃げ回るとどうなるのか分かっているの・・・彼女の職業は看護師で、おもに患者さんの死が、いつきても不自然ではないという、高齢患者さんの担当部所で、だからこそ

担当する患者さんがお亡くなりなった時の翌日は、ちょっと不謹慎かもしれないが、無性にSEXがしたくなる。本来SEXは、新たな

生命を継続する行為とかなんとかいっていた。要するに、自分は今生きているという実感がほしかったのでは・・・・と想像する彼女が以前、患者さんと知り合いになり、ちょうどそのとき彼女がどこか、車の駐車場ないかな、といったところ、今は使用していない

倉庫があるので、買い手がつくまででしたらどうぞ、ということで彼女と一緒に下見に行ったことのある倉庫で、待ち合わせすることに

なった。もともと先代の時代は、建設用材を取り扱っていたらしく、平屋の倉庫といっても、天井高が高く、鋼材を運搬するホイスト

クレ-ンも設置されていて、車は1台どころか、10台ぐらいは駐車可能な広さがあった。また、どういうわけか、食事は、会う前日の朝食までとして、後は、絶対にものを口にしないでと念をおされた。多少の水ぐらいは

いいよ

なんか病院で大腸検査を受けるみたいだな・・・しかし、彼女は次回は「ムチ」よといってたしな、まぁどうでもいいか・・・夏の雨の日の午後、その倉庫についたら、すでに彼女は待っていた。 彼女は即、ぼくに裸になって、この土間に仰向けなって

横になってと、いい、ぼくは倉庫のホコリで、身体が汚れるからイヤだといったら、あ、そう、ふ-ん本当にイヤなの、今日はいつも

よりやさしくしてあげようかなとおもっていたのに、それでもイヤなの・・・・彼女をこれ以上怒らせるとまずいとおもい、あ、仰向けになります。なります・・・・・服を脱ぎ始めると、ボクサ-パンツだけは履いたままでいいわよと彼女、やっぱりいつもより今日はやさしいな・・・

仰向けになると、両足首に太くて鉄製のリングの付いた。革製の足枷を手早く着けられた。

両手は頭の上で、縄で軽く縛られ、しばらくすると、ガァ-とホイストクレ-ンの動く音がし、大きなフックの下には、天秤棒

みたいなものが付けてあり、フックが、ぼくの足元の真上に位置すると、そのフックと天秤棒みたいなものが、降りてきて

大股開きにされ、足枷のリングを天秤棒のさらに小さなフックに掛けられ、すぐにクレ-ンのスイッチが入り巻き上げられ


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||

2018年1月14日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【マニア】ヤクザに寝取られてしまうと。。。【性癖】

やはり、ヤクザに寝取られてしまうと

よくある普通の寝取られプレイ等では

興奮すらできない心と身体に夫婦ともども

支配されてしまいます。 当時二十代の妻がパート先でヤクザに縁のある男と

不倫に堕ちたのがきっかけでした。

そして私の性癖につけこみ執拗に蹂躙し、強引に犯されまくりました。 遂には常時何かを使い・・妻の帰らない夜が頻繁になって行きました。

帰宅したときは、精液臭のようなものを感じることが多く、

異常な抵抗を示す妻を前にして、なし崩し的にセックスに至ると

膣内は愛液とは異なるものでひどく濡れそぼっており

注入されて間もない他人の男の精子を感じることが多々ありました。私とセックスするときには、

その男を想像するように言いつけられていたようです。

逝く時にはその男の名前を叫べとも・・・。妻の携帯電話からの着信があり出てみるととたんに、

「・・あああああなた…私。。。いくの・・いっぱいイカせてもらうの。。。。」

「ねぇ・・もういくっ・・だめ・・いったら中に出されちゃうの・・・いっちゃうああああ」

といって電話が切れたことも数回りました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年1月11日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【マニア】3.息子のお友達に見られて興奮する私【性癖】

息子の友人にエッチな姿を見られて癖になった私。

イケない事と知りながらも、興奮する気持ちを抑える事が出来ない私。

何度、息子の友人の前で淫らな姿を曝け出し、興奮した事でしょう。

その日は、息子も幼稚園に行っていて、午後2時過ぎには帰って来るので午前中に

買い物を済ませようと出かける事にしました。

いつもの公園の近くを通ると、息子のお友達が砂場で1人で遊んでいました。

 ”こんにちは・・・今日は1人?”

 ”うん!友達は幼稚園に行ったから・・・”

 ”そうなの?幼稚園には行かないの?”

 ”ん~ママが行かなくていいって”

 ”ママは?”

 ”寝てる!夜お仕事して来たから”

 ”そうなの?家に来る?”

 ”うん!”

そんな事で、私は買い物を止め息子のお友達を連れ家に向かいました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2018年1月11日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【マニア】ナンバーズ4【性癖】

くだらない夢の話です。私は44才、妻は42才、子供が3人の家族です。昨年の11月22日の金曜日の早朝、とても不思議な変態っぽい夢でうなされて目が覚めました。

「どうしたの? 凄くうなされてたけど怖い夢でも見たの?」

妻がそう聞いてきました。あまりに変で恥ずかしい夢だったので少し躊躇しましたが、妻の顔を見てたら笑えてきて話しました。ここからは夢の話です。

私は少し遅い時間に帰宅しました。

翌日は土曜日で休みでしたので、仕事を仕上げるために少し遅くなったのでした。

※夢の中なのにそんなところはリアルでした。(笑)リビングに入ると子供たちはいませんでした。

しかし見知らぬ若い男たちが3人ソファーに座っていました。

見知らぬ男たち・・・

でも何処かで出会ったことがあるのか覚えがあるような気もしました。「ご主人、お帰りなさい。」

「お疲れ様です。」

「すみません、お先にご馳走になっています。」

ビールを飲みながら男たちは挨拶してきました。「いえいえ、まあゆっくりしてってください。」

間の抜けた挨拶をしながら

「妻は何処かに行ったの?」

姿の見えない妻が気になり男たちに聞くと


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||

2018年1月11日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【マニア】悪魔のようなセフレ【性癖】

妻46歳、私は51歳の夫婦です。

小さいながらも会社を経営し妻は事務を手伝ってくれてます。

よく出来た妻で感謝しています。そんな妻を私は十年余り裏切っていました。

私が38歳の時にセフレを作ってしまったのです。

そのセフレとは次男の友達の母親なんです。

彼女はバツイチで実家に戻ってきて子供と同じ学校に通うようになり

子供会や父兄会で妻とも仲良くなっていたようで会話の中によく名前も出ていましたが

私は子供会や父兄会とは縁もなくて面識もなかったのですが

運動会の後の父兄と教職員の懇親会で初めて出会って意気投合しました。積極的な彼女に携帯アドレスとか教えてもらい一緒に食事したり飲みに行ったりしているうちに

当然のように男女の関係になってしまったのです。しかしその後はヒヤヒヤものでした。

次男の最後の運動会では彼女と妻は放送担当で本部席に並んで座っていて

私が前を通ると二人が手を振ってきます。

でも彼女の笑みが不気味だったのです。ただ妻は彼女のことを個人的には好きだと言ってますが

私の好みのタイプだからと自宅に自分から招くことは絶対にしませんでした。

その頃の口癖は


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月10日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【盗撮】両親のセックス、そして姉と姉の彼氏のセックスを見てしまった。【覗き】

私は、高校2年の女の子です。

この前、両親のセックスを見てしまいました。

父と母はともに45歳です。夜中にトイレに起きたとき、両親の寝室の襖が開いていて電気がついていたので、「まだ起きてるのかな」

と思い、何の気なしに覗いてみました。

すると上半身裸でオッパイ丸出しで下はパンティ1枚の母が父の顔にオッパイパンチをしながら「ねえ、セックスしようよ」と誘っている

ところでした。父は「一昨日もしただろう。本当にお母さんは好き物だな」と言いながら母のオッパイを揉み乳首をチューチュー吸い始めました。母は「ああーんっ。気持ちいい」と言い、自分でオッパイを動かしながら交互に舐めさせています。

母のオッパイは私が記憶していたよりも大きくFカップはありそうでした。乳輪が肥大して大きく、乳首も大きいし黒っぽくてイヤラしいです。少し垂れ気味ですが、それがますますイヤらしく見えました。しばらくの間、オッパイを舐めまわしたあと、父は母の両足を

広げ性器を全開にしました。「いやんっ」と母は嫌がるそぶりを一瞬見せましたが、本当に嫌がっているわけではないようです。

こんな煌々と電気のついた部屋でセックスするなんて、なんてイヤらしいんだろうと私はそんなことを思っていました。

母は自分で性器を広げ「おまんこ、たくさん舐めて」と言います。父は「よっしゃっ」と言い、母の足の間に顔をうずめクリトリスや穴の

周りを一心腐乱に舐めています。母は「ああんっ、いいっ、クリトリス感じるー」と言って悶えています。

「そろそろ欲しくなっちゃった」母は言い、起き上がると父のアレをしゃぶりはじめました。その間、父は母の乳首をいじり、おまんこを

触っています。母は父のアレをしゃぶりながら「ううっ、あっあん」と声を出しています。そして気が済んだのか、口を話すと

「おちんちん、おいしかった」と言って父の上にまたがり、ゆっくりと父のペニスにおまんこをあてがい、挿入していきました。

根本までズッポリ入ったところで母はゆっくり腰を動かし始めたかと思うと、急に今度は上下にかなりの速さで腰を振りはじめました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月3日 | エロ体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談

【野外】露出ゲーム【露出】

小6の時、露出ゲームを、小4の妹と、その友達の女の子とやった話。20数年前、

通学路に、一般道とは別に、車は通れない坂道の山道があり、小4の妹と、その友達の愛ちゃん(仮名)と3人でそこを登下校していた。

その山道でいつもやってたのが、『ランドセルじゃんけん』。じゃんけんで負けた人が3人分のランドセルを背負い、あとの2人は楽して坂を上がれるというもの。

次の曲がり角までで、1回として、1日4回やっていた。

ある時、俺が負けた後、なんとなく言った一言から始まった・・・。

『じゃぁさ、2回連続で負けた人は、他に罰ゲーム追加しようよ』と。2人は『えっ?どんなの~?』と聞いてきた。

『じゃぁ次、俺が負けたら、チャック全開で運ぶってのは?』

2人は『えっ~~~』と言いつつも笑顔でいい感じだった。妹が『じゃぁ女子が負けたら?』と聞いてきたので、勢いで、

『スカート脱いでブルマになるのは?』と言ってみた。

2人は嫌がったが、

別に体育でも履いてるじゃんとか、この道誰もこないしとか、いろいろ説得し、俺が負けた時は、チャックから、ちんちんの分だけパンツも出せるだけ出す。という追加をすると、

自分たちのほうが恥ずかしくないと思ったのか、了承してくれた。

連続罰という名前をつけ始まった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー帰り時間が合う数日後、最初の連続罰は妹だった。『いいよ別に』と言っていたが、

前回の最後に負けてからの連続負けのため、山道の入り口で民家もあったからか、『ちょっと(山道の)中に入ってから脱いでいい?』と恥ずかしがっていたのが可愛かった。妹は、


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||

2018年1月2日 | エロ体験談カテゴリー:野外露出の体験談

【盗撮】CFNM女性教師と女子生徒達のお仕置き【覗き】

オレの名は浅尾貴信。

「だいぶケツ締まってきたな」「や、やめろよ、ハズイから。。」「なんだよ、男同士だからいいだろ」

ちょうどいま昼休みの部活を終え、仲間とシャワーを浴びていたんだ、そしたら・・・、

「ちょっと失礼するわよ」

その言葉に驚いて後ろを振り返ると、なぜかすごい剣幕のマチダ先生、その後ろにはオレと同じクラスの田中千夏が泣きべそをかいている。そしてそれに付き添うように数人の女子が立っていた。

「今日の昼休み、この子のスカートを めくった人物がこの中にいるはずです。」

ハァ、、、??な、何でよりにもよってこんなときに・・・。だが、オレたちの表情を見るに付け、その思いをすでに見透かすように先生は言った。

「この子がとても辛い思いをしていて、 事件の解決に一刻の猶予も許されない状況で、 恥ずかしいも何もないっ」

このシャワールームにいたのはオレを含め、男子部員11人。何の因果でここの部員が疑われたのかは分からなかったが、マチダ先生の顔を見れば、何か確証を得ているようでもあった。

「田中さんは昼食を取ろうと食堂へ向かおうと 廊下を歩いていました。そしたら、後ろから 来たサッカーのユニフォームを着た男の子 数人の中の一人がスカートをめくって、 追い越して行ったそうよ。」

なるほど、ユニフォームを着てたんなら、サッカー部員には違いないところではある。

「彼女が言うにはこちらを振り返らないまま 足早に去っていたので、犯人の顔までは 分からなかったようです。 しかし、彼女のスカートはそれに煽られて、 中の花柄パンツがそこを歩いていた生徒全員に 見られてしまったそうです。」

ものすごい剣幕で怒りをあらわにするマチダ先生。その形相にオレたちは押し掛けてきた数人の女子たちを前に全裸でいることも忘れてしばし立ち尽くしていた。

「見られたのはパンツだけではありません!」

「パンツのその上のおへそがチラリ! 昼食を少し急ごうとしてそのパンツもズレてて オシリの割れ目もややチラリ!」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月1日 | エロ体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談

【盗撮】3年A組の男子達の災難①【覗き】

3年A組の教室ではホームールームが行われていた。「今日、男子数人が水泳の着替えの時、教室にいる 私たちを覗き見していました。それが原因で 奈緒ちゃんはその時泣いていました。 関わった男子は女子全員に謝ってください」「見ようと思って見たわけじゃないぞ。 廊下を通りかかったら見えたんだよ」「女子はみんな剛司くんや稔くんが窓の隙間から 覗いていたのを見ています」

「チッ、謝りゃいいんだろ」

剛司と稔は、ふてくされながらも女子に向かって軽く頭を下げると、あっさりと席に着いてしまった。こういった事はいつもならこれで終わるのだったが、今日はどうも様子が違った。

「では、ホームルームをこれで….」「あ、ちょっと待って」

教壇でホームルームを務める三橋を遮るように口を開いたのは、担任の久子だった。

「人間が初めて作った法律、ハムラビ法典の中には こんな一文があります。

 ”目に目を、歯に歯を”

 どういう意味か分かるかしら、三橋さん」

久子は、学級委員長である三橋の顔をチラッと見た。

「はい、罪を犯した人が同じ罰を受けて罪を償うことです」「そうですね。で、これを”同害復讐の原則と言います。 復讐というと少し誤解があるかもしれないけど、 この理念はいまのイスラムをはじめ多くの国々の法の 基礎になっています。一部、犯罪者の人権擁護などと 馬鹿げたことを言う人もいるけれど、そんなこと言ってると ますます犯罪者が増えるだけです。被害者のことを   第一に考えれば、当然の考え方です。」

久子は自分の言ったことを黒板に書き示しながら、

「ですから、私のクラスでもこのルールを今日から適用します」

久子はそう言って、黒板を強くドンと叩いた。教室中に重く響き渡ったその音は、生徒たちにも妙な緊張感が生まれていった。そんな中、今回の事件の当事者である剛司が手を挙げた。

「はい?剛司くん何ですか」「それって、今回のことを言ってるわけではないですよね」

剛司は笑顔を交えながら冗談半分に聞いた。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | エロ体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談

【盗撮】母のスリップ姿【覗き】

私が中学生になった、夏休みでした、母は、40歳過ぎても、母のオッパイはまだ張りがあり、暑い夏は、スリップ一枚で、ノーパン、ノーブラで、過ごしていました。

ある日、友人が、家に遊びに来て、部屋で、ゲームや漫画本を読んでいると、母が、ジュースと、お菓子を持ってきてくれて、母は、いつもスリップ一枚で部屋に入り、友人がビックリしていました、

汗で、スリップが透けて、茶色い乳首が透けて、お尻のラインも透けていました、母が、正座で座り、白肌の太ももが見えて、「ジュースと、お菓子をどうぞ」と出してくれて、友人は、目を丸くして、

「お前の母ちゃん色っぽいなぁー」と言っていました、

それで、家の見取り図ですが、二階建てで、私の部屋は、ベランダに、通じる部屋で、洗濯物を干す時や、こむときは、私の部屋を通り、ベランダへといくのです、

夕方になり、母は、洗濯物をこむため、私の部屋を通り、友人が寝そべっていると、友人の頭スレスレに通ると、友人が、母のスリップの下を覗き、ニヤリと笑い「わぁ^-おまんこの毛がボーボーだ、そして、おまんこの割れ目も見えた。」

と友人が喜んで、いました。母のおまんこを初めて見た友人でした。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||

2017年12月30日 | エロ体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談
1 / 6612345...102030...最後 »

このページの先頭へ