【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び6 【NTR】

『もうダメ、入れて……。早見君のおちんちん、麻由香の中に入れて……』

麻由香は、ほとんど無意識にそんな言葉を言っていた。そして、その言葉を聞いて、早見は夢が叶った気持ちになり、舞い上がりそうな気持ちのまま麻由香に覆いかぶさった。

客先の、しかも人妻……。手を出してはいけない相手だと、よくわかった上で、それでも気持ちを抑えることの出来ない早見は、麻由香に覆いかぶさったまま、じっと彼女の目を見つめた。そして、麻由香もその真っ直ぐな早見のまなざしを受け止めながら、自分がもう後戻り出来ないところまで来ていると感じていた。



夫の顔が脳裏をよぎる。しかし、燃え上がったその熟れた身体は、目の前の若い身体を狂おしいまでに求めていた。

『来て……』

麻由香は、とろけきった顔でそう言った……。





早見は、自らの唾液と、麻由香の秘密の蜜で濡れそぼった膣口に、暴発しそうなほどいきり立った淫棒を押し当てた。一瞬、避妊のことが頭をよぎるが、それよりも、このオンナを孕ませたい……。そんな、雄としての本能が上回ってしまった。



早見は、そのまま自らの淫棒を押し込んでいく。すぐに、驚くほど濡れそぼった熱い膣肉が彼のモノを包み込んでいく。早見は、その複雑にうねるように絡みつく肉の感触に、腰が抜けそうだった。



そして、麻由香はググッと膣肉を押し広げてその太すぎる淫棒が分け入ってきた瞬間、夫のことを考えた。

(あなた……ゴメンなさい……)


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年6月28日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び5 【NTR】

『ゴメンね、早見君、ファスナー上げてもらえる?』

麻由香は声が震えるのを抑えられなかった。真っ昼間のリビングで、若い男の子と二人きり。その上、買ったばかりのタイトなボディコンを着て、はしたない姿をさらしている。

身体にピッタリとフィットしたボディコンは、麻由香のたわわな胸を締め付け、そのことによってより大きさを強調している。それだけではなく、その頂きにはクッキリと蕾の形が浮き出ていた。



麻由香は、テレビドラマなどで不倫ものを見るのが好きだった。許されない恋……そんなものに、淡い憧れを持っていた。でもそれは、自分とはまったく縁のない、ある意味ではファンタジーのようなものだと思っていた。



それが今、このリビングには濃厚な不倫の香りが立ちこめていた。早見も、普段の軽いノリは消え、緊張した顔で麻由香の身体を凝視している。そして、椅子から立ち上がると、麻由香の声に導かれるように麻由香の横に移動した。麻由香は、緊張しすぎて能面のように無表情になっている。そして、早見の前で後ろを向いた。



早見は、ファスナーが下まで下がりパックリと大きく開いた麻由香の背中を見て、ドキドキがさらに強くなっていた。正面から見た姿も、ノーブラのためにクッキリと浮き出た蕾の形が強烈に欲情を誘ったが、今のこの背中姿もたまらないものがあった。



ファスナーが下まで降りているために、早見の目には麻由香のショーツまで見えている。早見は、先ほどからいきり立ってしまった自分の淫棒を、なるべく目立たないように腰を引き気味にして隠している。だが、麻由香は、そんな早見の中途半端な中腰に気がついていた。

(私みたいなおばちゃん相手でも、こんな格好すれば興奮してくれるのね……)

こんな時でも控えめな麻由香は、自分の魅力にさほど自覚がない。確かに、年齢だけで言うと彼女はそろそろアラフォーと呼ばれる年齢にさしかかっている。夫の浩介に至っては、すでに41歳だ。



でも、それでも麻由香は魅力的な姿をしている。真っ黒で艶やかな短めの髪は、彼女をとても若々しく見せているし、20代の頃と比べて、多少肉付きがよくなってはいるが、それは逆に彼女を肉感的でセクシーな女性へと変えたように思える。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2015年6月4日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達と】ちんちん洗脳術10【エッチ】

乳首・マンコ・クリトリスの三点攻撃で絶頂に達した妹は息を『はぁはぁ』荒らしながら、崩れ落ちた。妹は『まだ震えてる…あっおちんちん舐めないと。』震えながら俺のチンポを舐め始めた。亀頭をべろんべろん舐めて唾液が光ってる。凄い上手い!!チンポはすでに射精しそうだ!!『お兄ちゃん。気持ちいい?んあぁぁ、んあぁぁ』と舌を長く出して、舐めながら話してる。凄い!!俺は『気持ちいい…ちょっと待って。刺激で射精と尿意が同時に上がってきた。少し出ちゃう…』

妹は『ん?出ちゃうの?』俺は『精子じゃない!!おしっこが少し出そう。』

妹は『おしっこにゃにょ?そうにゃにょ。』まだ舐めている。妹は『トイレは、にゃいよ。お風呂にゃにょ。こにょまま、ぺろぺろ…こにょまま♪』俺は『うぅぅ〜っ、少し出る!!』

俺は気持ち良さで、尿精子ミックス液がチンポから発射された。妹は『出そう?いいよ。そのまま出して。んぁぁっ…』妹はチンポの前で口を開けてます。どぴゅっ、どぴゅっ…妹の顔面、口中に液が飛んで入ってます。妹は『あっあっ…んぐんぐっ…』直ぐにチンポをペロペロ舐めてます。妹の口からポタポタ液体が垂れ、少し粘りがあり糸を引いてました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年12月16日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】チェリーグルメ【エッチ】

僕が大学時代に出会った、童貞食いを趣味(?)にしてる女の話をしよう。

彼女は僕が大学に入ったころにサークルの飲み会で出会ったOGである。当時25歳。

トロンとした垂れ目にぽてっとした唇の、男好きする顔立ち、ボディコンの如く薄く、タイトでVライン、子育て中かってレベルの豊満爆乳、さらに屈むと二段になる、ムッチリからぽっちゃりのちょうど中間絶妙な肉付きの腹肉、そしてその腹肉から浮き出る、いや窪み出るヘソの形、これら全てが確認できる程なミニワンピ、そして安定の黒ニーソとそこから生み出される絶対領域。

世界中の男がセックスしたい統計結果の体型に魂を宿して服を着せて歩かせたような存在であった。



彼女はOGとして参加し、新入生の中の童貞と確認、判断できた者を食らう。

行為前まで童貞だということを隠していた男含め、見破った率は100%だったし、狙った男と行為に及んだ率もほぼ100%であった。

そして一度ヤった男とは二度とヤらなかった。

何故、童貞と一度だけの関係を望む?と質問したら彼女は

「男の人生における大きなターニングポイントの一つって童貞卒業だと思うのよね。男の人ってそう童貞卒業のことは忘れないはず。」

「『男の子』が私という相手を見つけて『男』に化ける瞬間、それを見るのがたまらない。」

「童貞卒業という、その後の人生や人格形成にすら関わる男の一大イベントに一番近い距離で携われる」

「十人十色、様々な素の反応を見せる男の子を見たい」

「私の中では沢山ある中の一つのSEXでも、男の子の中では特別なSEXである、その状況が楽しい」

これらは全て、彼女の言である。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||

2014年12月6日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】母が病院で受けたこと【エッチ】

昨日の朝、母が、トイレから出てきたら、「少し出血した。」と言いました。自分は、「痛みは、病院へ行ったほうが良いのでは。」と言って連れて行くことにしました。

 母が、排便時に、強い痛みがあって、肛門が切れたみたいなんです。

母が、病院で受付を済ませ、自分も一緒に診察室へ入りました。診察してくれた先生は、女医でした。母は、先生に、症状をいいました

 先生も、母に、いろいろ聞いたのです。「痛みの強さとかどんな時。残便感。便のかたさ。ガスが出ているか。便秘は何日か。」

母 「排便時にかなりの痛みがあって、かたい便が少し出ただけです。5日です。」

先生 「便少しだけ、お腹見るからスカ−ト脱いでベット寝て。」

母 「はい。」

母の、パンテイは熟女系の赤の花柄でした。陰毛もはみだして少し濡れているのです。

先生 「お腹張ってますね。お尻も見ますから、パンテイ脱いでください。」

母は、お尻丸出しです。肛門もよく見えました。出血していたのが解ります。

先生 「お母さん、切れてるわ。痛いでしょう。局部麻酔の注射するね。痛いけど我慢してね。」

先生が、母の肛門を、消毒した時、痛みがあったみたいです。そして、注射の針が肛門に、これも痛いのです。母が、泣きたいくらいです。

暫くして。

先生「お母さん、痛みとれました。肛門に指入れてもいいかな。」

母 「え、はい。」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年11月30日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】露出狂【エッチ】

実は、私すごい恥ずかしがり屋なんです。でも、始めて露出をしたときに辱められるとすごく感じてしまうことに気がついたんです。

始めての露出は3年前の夏の深夜でした。夏の深夜に歓楽街をノーパン、ノーブラ、白い透けたボディコンワンピのマイクロミニ、ハイヒール、顔がばれないようにサングラスをかけて、お尻を半分露出して歩いた時があるんです。

着替えは歓楽街にあるラブホで着替えました。

最初は深夜の歓楽街だから露出の大いキャバ嬢、立んぼとかいて、これくらいの格好は誰も気にしないと思っていたんです。

そしたら、ラブホを出て直ぐにみんなが私に注目していました。

すれ違う人はみんなが立ち止まって振り返り、私をみてるのが分かりました。

狭い路地を一周しただけで数人から声をかけられ、後ろから接近する車からも声をかけられたりしてナンパされました。

あまりの恥ずかしさに心臓はドキドキで、膝は震えてサングラスを掛けて顔を隠していなかったら恥ずかしくて 、しゃがみこんで歩けなかったと思います。

数分の時間が永遠のほうに長く感じました。

やっとの思いで、路地を一周してホテルに戻った時はクタクタでグッタリでした。

ホテルの窓から下を見ると、私を数人の人がつけて来てホテルのまえで私をしばらくの間、待ち伏せしているのが分かりました。

ホテルの部屋に入って来たらどうしようかと怖かったです。

その時は、もう二度とこんな恥ずかしいことはしないと思っていました。

でも、ホテルに戻って気がついたのですが、あんなに恥ずかしかったのに、私のあそこは今までにないくらい、太ももまでぐちょぐちょに濡れるほどに感じていたんです。

その後、暫くは露出をやめていたんですが、あの時の恥ずかしさと快感が忘れられなくて、今も夏になると時々深夜に露出したりしています。、


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年10月8日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】妻の過去男を知った夫の話【拝借】

妻の過去男を知ってしまった夫です

私は37歳の会社員、妻は36歳の主婦で、

6年前に結婚し、4歳の長女がいます。

妻はおとなしい性格で家事と子育てを熱心にする理想的な主婦ですが、

たまにおしゃれして外出するときなど、見違えるほどいい女になります。



先週、友達と会うと外出したときは、白のキャミソールのようなトップに、

黒いミニスカート、光る濃い茶のパンストをつけ、

さすがに上に白いカーディガンをはおっていましたが、

薄い生地でほとんど肩と盛り上がった胸が透けていました。



見送った私は、妻に欲情したためか、妻の使っている引き出しをあけ、

いろいろ探してみました。

セクシーな妻の姿を見て、妻に隠れて下着などで

オナニーをすることがよくありました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年8月17日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達と】クンニ【エッチ】

こんにちは。クンニが三度の飯よりも好きな、みらいです。特に好物なのは、若い女の子の新鮮なアソコです。初々しい反応がカワイくって、何時間舐めても飽きが来ないですね。

 ついこの間なのですが、19歳の女の子を舐める機会がありました。私が31歳なので、12歳も年下の子です。

 その子とは、とあるサイトの掲示板で知り合いました。何度かメールをやり取りする内にクンニの話になり、とにかくいっぱい舐められてみたいという事でしたので、「何時間でも舐めてあげるよ」と言うと、彼女もスゴく乗り気で、会って舐めさせてもらうことになりました。

 でも、「キスとアナル舐めはダメ」とのことで、ちょっと残念。

 ところが、会う前日に彼女から「生理になっちゃったの。予定よりも2週間も早いよぉ」とメールが。

 私は「じゃあ、延期しよっか?」と答えたのですが、「すっごく楽しみにしてたから、ぜひ会ってもらいたい」と言うのです。

 「じゃあ、デートでもしよっか」ということになり、次の日、会うことになりました。

 そして、当日。都内の某所で会うことが出来ました。彼女は服装こそ真面目で大人っぽそうな格好をしていましたが、小柄で童顔で、パッと見は女子高生のように見えました。

 それにしても小さいな〜と思ってあとで聞いてみたら、身長が150cmだそうです。

 私の身長が184cmあるので、結構な身長差ですね。

 そのあとは、しばらく町を散策しました。

「スリムだよね〜」

「みらいさんもスリムですよね」

「でも、以前は太ってたんだよ」

「ホントですかぁ!?」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月14日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】近所の夫婦と露出プレーにハマってしまった私達【拝借】

深夜のアダルトショップ。

「あっ、どうも」

見慣れた顔・・・近所に住む加藤さんだった。

こんな所で会うなんて・・・私はついていない!

妻が実家に帰省したので、暇潰しで来たのだが、知り合いに会うとは!「こんな所で、奥さんに怒られませんか?」 

「いえ、今日は妻は居ないんですよ」

「そうでしたか?そんな時でないと中々こんな所来れませんよね」

「え~まぁ」   恥ずかしかった。

「私もね、好きなんですよ。こっちの方が・・・」全く照れる事も無く、加藤さんは話しかけてくる。

「奥さん、大丈夫なんですか?」

「あ~家は全然OK!向こうに居るんです」

「えっ・・・一緒に?」

「そうなんです。お互い好き者で・・・」

「羨ましいですね」加藤さんの奥さん(33歳)は、凄く美人なのだ。胸は・・・A?Bカップといった感じで、スリムで背が高い。

良い所のお嬢様育ちって感じだったが、見た目とはだいぶ違うんだと思った。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月14日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【浮気】子持ちの母禁断の性生活【不倫】

<>267えっちな21禁さん04/09/1010:07ID:vqZBOw7d<>

今から数年前子持ち(小学3年生の女の子)の母(26歳)と約1年付き合いました。めくるめく禁断の性生活(実話)を報告しようかと



<>268えっちな21禁さん04/09/1010:32ID:vqZBOw7d<>

母、ユミ(仮名)は164ECup、58、86、髪は長くその店(クラブ)では指名しても20分がいいとこのBoA+マライア並の美貌にヘロヘロになってました



<>269えっちな21禁さん04/09/1010:44ID:vqZBOw7d<>

ある日指名が重なりトラブり他の客に絡まれ乱闘になりかけました。オレは少し殴られましたが黙っていました。飲み代はただになり控室でユミが



マキロンで手当てしてくれ「ゴメンね!」と泣きながら顔中にキスしてくれました。



<>271えっちな21禁さん04/09/1011:01ID:vqZBOw7d<>

身体のラインがでるストレッチボディコンで、そんな状況に「ダメだこりゃ!付き合ってくれ!」チンコはボッキ状態頭はクラクラ思わず口走ってました



。口元から血が垂れユミは舌で舐めとり「いいよ!2時に終わるから」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||

2014年8月6日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談
1 / 41234

このページの先頭へ