【友達と】いもうと【エッチ】

よく晴れた朝。通勤時間の過ぎたこの時間はひと時の静寂がやってくる。

いつもと同じように見えたが、今日は少し違っていた。

とある家の前で4人の人間が慌しく動いている。

「じゃあお留守番お願いね、お土産買ってくるからね。」

「ああ、任せといてよ。ゆっくりしてきてよ義母さん。」

彼の名は勝也。近所の学校へ通う普通の高校2年生である。今日は両親が少し遅めの

新婚旅行に出かけるため

見送りをいていた。

「じゃあ行ってくるわね。雫も良い子にしてるんですよ。」

「はーい、ママ。」

雫と呼ばれた少女は勝也の妹だ。妹といっても血は繋がっていない。

勝也の父が1ヶ月前に再婚し、雫は相手の連れ子だったのだ。

勝也は初めて会ったときから「お兄ちゃん、お兄ちゃん」となついてくる雫に好意を

覚えていた。

そんな時、両親共留守にするというこんなチャンスが回ってきたのだ。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年12月15日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】兄弟【エッチ】

今年の春から上京して、大学生活を満喫していた。一緒に上京したヤリチンのマーを捜しにかすみから連絡があった。

高校のクラブの後輩だ。マーは卒業のとき、かすみをヤリ逃げした。マーいわく、処女と生姦したかっただけ!それ依頼、音信不通。

ゴールデンウイークにかすみが来た。俺はかすみを食っちゃうつもりで呼んだ。男の一人暮らしの家に泊まるんだから今更何言ってんの!とかなり強引にヤッタ。

途中諦めたのか、おとなしくなったかすみの身体を明るい部屋で写メ撮りながら、まだ一度しか使われてない穴をいたぶり愛撫した。

小さい身体で貧乳、毛も薄く、ついでに剃ってツルマンにして舐めまわした。涙ためながらも下は濡れてきた。

マーにもなめられたんでしょ、とかマーは中に出したんだよねとか、言いながら生姦。シマリ良い!肉襞をおしわけるような感触、丸見えの縦筋にズブット入った。

さくら色の陥没乳首が立ってきた。妊娠されても困るから抜いてからかすみの陰部にかけた。

ビラビラも小さく淡く、赤く腫れたとこに真っ白い液が・アップで写メ撮った。

卑猥な絵だ。洋服を前に抱え込み隠すように後ろを向いたかすみ、俺は後ろから抱き抱え。

まだヤルよと言いながら顔を覗きこんだかすみの唇をすいながらバックから挿入。さっきより簡単に入った。

小さな尻を抱えながらパンパンと打ち付ける。今度は顔に出した。唇になすり付けた。かすみは嫌そうな顔をした、

指ですくい無理矢理口の中へ。生意気に嫌とか言ったから力任せにかすみの尻穴に挿入した。こっちは中に遠慮なく射精した。

そのままイマラチオ!泣き疲れて寝てしまったかすみだった。翌日、約束どうりマーを呼んでかすみに逢わせた。

修羅場にはならなかった。マーは俺が撮ったかすみとのハメ撮り見て、やっぱもえない、貧弱な身体なんだもん・と。

かすみが何か言いかけたけど。処女とヤリたかっただけだし、俺彼女いるって言ったよな!遊びでいいといったのはお前だぞ。と。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2014年12月15日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【会社】金さえあればやりたい放題! 【職場】

韓国財閥企業の箱入り娘が、前代未聞のスキャンダルを起こした。事件の主役は韓進グループ会長チョ・ヤンホ氏の長女で、大韓航空の副社長およびを務めるチョ・ヒョナ氏だ。彼女は12月5日に、ニューヨーク発の自社航空会社ファーストクラスを利用。その際、乗務員のサービスに憤り、発進態勢にあった飛行機をゲートに戻らせると、客室サービス責任者であるチーフパーサーを降機させた。飛行機の出発時間は大幅に遅れ、約400人の乗客の旅に支障をきたした。



はたして、チョ・ヒョナ氏が激怒した理由はなんだったのだろうか?



韓国メディアの報道によると、その理由はなんとマカダミアナッツ。搭乗後、同機のキャビンアテンダントがチョ・ヒョナ氏にマカダミアナッツを勧めると、突然「なぜ、袋から出さないのか!? マニュアルにあるのか!?」と激高したそうだ。そして、キャビンアテンダントとチーフパーサーにサービス内容について詰問し、飛行機から降ろしてしまったのだとか。



ただ、この袋入りのマカダミアナッツを勧めるというサービスは“正しい”サービスであることが後にわかった。同社のマニュアルでは、乗客の意思を聞き、その後に皿に移して提供することになっている。箱入り娘の副社長は自社のサービスを勘違いし、肩書を利用し社員を責め、あまつさえ出発時間を遅らせ、顧客であるはずの乗客に多大な迷惑をかけたのだった。ちなみに、韓国の法律では航空機内の権限は、安全確保のために機長に属している。チョ・ヒョナ氏は、“越権行為”どころか“越法行為”を犯したことになる。



当然、この事件については、韓国だけではなく欧米主要メディアからも批判が続出。そして、一連の顛末から“マカダミアナッツ・リターン”事件と名付けられ、嘲笑の的になっている。チョ・ヒョナ氏は要職から辞任することを発表。父親であり同グループ会長であるチョ・ヤンホ氏も、謝罪することになった。



日本ではあまり考えられない、財閥息女の“越権行為”スキャンダルだが、韓国ではこの手の話は珍しくない。過去10年間で見ると、韓国の10大財閥ファミリーの半分が刑事事件を起こしている。事件の総数は11件。財閥ファミリーのうち有罪となった人数は、9人に上る。また、韓国公正取引委員会が指定する49財閥のうち、約32%に当たる16財閥の人物が、刑事事件で起訴、もしくは有罪判決を受けている。



昨年6月には、韓国保険大手・ハンファグループのキム・スンヨン会長の次男が、大麻所持および使用の疑いを持たれ、当局が調査を進めていた。



また、とある中堅財閥2世、3世たちは、芸能人やその志望生たちを集めて数百万円から数千万円の金額で買春している容疑がかけられており、証拠探しが進んでいるという。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||

2014年12月14日 | エロ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【友達と】ちんちん洗脳術7【エッチ】

激しく手コキしながら妹は俺の股間に顔を埋めた。妹は両手でチンポを握り締めて、はぁはぁと息を荒くしてました。妹『変な気分になっちゃった。』顔を赤らめながら俺のチンポを見ている。俺は妹の頬にチンポをペタペタさせて誘惑させてます。妹は少し笑いながら亀頭の匂いをクンクンとかいでる。チンポの根元をグイ〜っと持ち上げ、チンポからカウパー液が垂れるのを見ている。妹『凄いね、垂れてるよ』俺『舐めてみる?』妹『舐めても平気なの?恥ずかしいなぁ〜』と照れている。俺のチンポがピクピク反応して血管が浮き出ていた。妹『舐めてみるね』妹は舌をペロンと出して垂れたカウパー液を舐め始めた。ゆっくり舐めているので糸を引いてるのが良くわかる。妹は『味は無いみたい。少しだけしょっぱいかも…』ナメクジの様な舌使いに一回射精しそうになったが我慢できた。俺『凄くやばかったよ。精子が出そうになった。』

妹『精子…見たい。見せてくれるの?もっと舐めれば出る?』俺『出るけど今度は口の中にチンポ入れて、しゃぶってよ。』妹『いいよ。何でもありだよ。』

俺『何でもOKなら、口の中に精子出しまくるよ。』妹『お兄ちゃんがやりたい様にやっていいよ。』


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||

2014年12月13日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】婚約者を御曹司に肉体改造された2 【NTR】

図書館で、大学のレポートを書いている僕。友達も少ない僕は、いつも一人で寂しくそれをしていた。

でも、ふと顔を上げると、同じようにレポートを書き続けるさとみさんがいる。

相変わらず、オシャレとは縁遠い眼鏡に、毛玉の浮いたセーターを着たさとみさん。そんな野暮ったいさとみさんだけど、生まれて初めて僕に出来た彼女だ。僕はレポートを書く手が止まり、ついつい見とれてしまう。



こんな風に、図書館に行ったり、公園で散歩をしたり、映画館に行ったりするくらいの、本当に地味なデートばかりだが、僕は幸せだった。



すると、さとみさんも顔を上げた。そして、見つめていた僕の視線に気がつき、少し驚いた顔をしたあと、ニコッと微笑んでくれた。

『サボっちゃ、ダメだよ』

さとみさんは、少しはにかむように言う。そんな仕草が本当に、可愛いと思う。



僕は、慌ててレポートを書き始める。でも、レポートを書いていても、さとみさんのことばかり考えてしまう。

公園を歩いているときに、恥ずかしそうに手を繋いでくるさとみさん。緊張で、すぐに手のひらが汗でベタベタになるさとみさん。

そんなことばかり考えてしまう。



そして、ふと顔を上げると、さとみさんは僕を見つめていた。目が合うと、慌ててレポートを書き始めようとするさとみさんに、


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年12月13日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達と】旅館で【エッチ】

昔のことだったが、とある僻地に旅をした。そこでは旅館は家族で経営して

いる民宿に泊まったのだった。ご主人夫婦と中学生の娘さんがいた。高校生

の息子さんもいるとのことだったが、僻地ゆえに寮生活をしているとのこと

で家にはいなかったのだ。

家族のようにもてなしてくれて、食事も一緒にとったのだ。ところで娘さん

は由美ちゃんと言う子で中2だそうだ。まだ見た目も子どもっぽい感じで明

るい子で僕になついてきたのだ。話も合うようなので僕の部屋で相手をして

くれたのだった。ご主人も由美ちゃんに任せるといい、部屋では二人っきり

で話をしたのだった。学校のことや僕の思い出などを話していたのだが、お

風呂を勧められたのでお風呂に入ることになった。

僕は一人で着替え、風呂場でくつろいでいると由美ちゃんの声が。「一緒に

入りまーす」という声が聞こえるや否や、由美ちゃんが一糸まとわぬ姿で入

ってきたのだ。「お客さん、湯加減どうですか?」と何食わぬ顔で聞いてき

たのだ。由美ちゃんは恥ずかしくは無かったみたいだった。「はずかしくな

いの?」と聞いてみると、あっけらかんと「恥ずかしくないよ」といったの


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2014年12月12日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】元彼【エッチ】

もう10年以上も前の出来事です。

バブル経済にも陰りが見え始めた当時、私は関西の○△大学に通っていました。

サークルの仲間と遊んだり、単位も順調にとっていた私は、それなりに大学生活は充実していました。。

しかし、今まで一度も女性と交際したことが無かった私は、性欲の処理に関しては、1人でペニスの疼きを鎮めるしかありませんでした。

数日に一度は、下宿の部屋で密かに自分のペニスをしごいて射精していました。

そのうち、私は大学3年になっていました。

そしてこのとき、私は初めて彼女が出来ました。

次にお話しすることは、彼女と出会ってから私が経験したことです。

**********************

彼女は、ある女子大に入学したばかりだったが、僕が大学3年のときに同じサークルに入ってきた。

彼女は、長い黒髪とサバサバとした性格が特徴的だった。

あまり色気を感じさせない彼女の雰囲気もあって、サークルの女の子の中でも僕は彼女とは気軽に会話をすることができた。

でも、彼女と会って話をするのはサークルのメンバーが集まる週末のときだけだった。

半年ほどたった頃、僕は思い切って彼女を食事に誘った。

断られるかもしれないという不安を努めて隠そうと、僕はわざと軽い感じで言ってみた。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年12月12日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】えっちゃん【エッチ】

もう20年前になるが、親友Yの家に遊びに行った時のことだ。Yの両親と妹のえっちゃんは家庭の事情で田舎に帰っており、Yは一軒家で一人暮らしをしていた。その日はえっちゃんだけ遊びに来ていたが、Yの家に行くまでそのことは知らなかった。

えっちゃんはその時15歳。以前から可愛いと思っていたが、久し振りに会うえっちゃんは更に可愛くなっており、少し大人びた印象を受けた。高1になったのだから当然かな。

ゲームや酒を飲んだりして時間を過ごし、夜も更けたので俺は一階の居間で、兄妹は二階でそれぞれ眠りについた。

朝、テレビの音で目が覚めると、えっちゃんだけが下に降りて来てテレビを見ていた。

「おはよう。Yは?」

「寝てるよ〜全然起きないよ〜」

こちらを見もしないで答える。えっちゃんは寝間着のスウェットのまま、女の子座りをしてこちらに背を向けている。スウェットから少し白いパンツが見えており、それを見た瞬間、俺は毛布を被ったまま後ろからえっちゃんに覆い被さって、首に手を回した。「男が寝ている側にそんな格好で来たら、襲われても文句言えないぞ〜」と少しふざけながら言った。えっちゃんは何も言わず頷いただけ。

「…いいの?」と聞くと何も答えない。もう何も考えられなくなって、そのまま布団に彼女を連れ込み、キスをした。口を噤んだままのキス。「初めて?」と聞くと頷く。俺も若かったし、こんな可愛い娘の処女をいただけることに興奮してしまった。顔や首にキスをしまくり、慌ただしくスウェットの上をたくしあげた。ノーブラだった。膨らみは控え目だが、きれいな…とてもきれいなピンク色の乳首が二つ。

処女には優しく…などとはまったく頭になかった。乳首に吸い付き、片手はもう一つの乳首を転がしながら、可愛いおっぱいを揉んだ。

どのくらい両胸を弄んだかわからないが、えっちゃんはうっすら涙を浮かべながら「あ…、うっ…」と声を出していた。

涙を見て我に帰った俺は「ごめん、痛かった?」「大丈夫…でも優しくして…」と小さな声で言われ、ようやく冷静になり、もう一度キスをして「ごめんね。優しくするね」と言い、最初からやり直した。

ディープキスを教えて、優しくおっぱいを揉みほぐし、腕や腹、背中にお尻、足や爪先まで舐めて触りまくった。えっちゃんはされるがままになっていたが、時折声にならない呻きを出していた。周囲をじっくり責めたせいか、えっちゃんの顔は紅潮し、息が荒くなっていた。

「気持ち良い?」と聞くと「わからないけど、ボーッとしちゃうよ…」と言う。とりあえず感じていると判断した俺は、フェラを教えることにした。恐らく大人の性器を見ることは初めてだろうから、いきなり咥えさせようとしても嫌がるだろう。キスをしながら手を握り、その手を既に勃起したペニスへ持って行った。

えっちゃんはそれとわかった様子だったが、軽く握ってきた。「上下に扱いて…」と言うと少しずつ動かしてくる。「気持ち良いよ…」と言うと、両手を伸ばして握り、扱きだした。

体勢を入れ替えて、えっちゃんにペニスを見せた。眼が釘付けになっている。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2014年12月10日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】ちんちん洗脳術5【エッチ】

俺のチンポを握って驚いてました。妹『えっ、立ってるよ』妹はチンポの根元から亀頭までを大きく動かしチンポの形を確かめてました。チンポの握り具合、指の動きはリズムが不規則なので、チンポがぞくぞくしてました。俺は自分のチンポを上から眺め、妹の指が生き物に見えていた。時には、亀頭の裏筋、亀頭の割れ目、玉袋をを刺激されます。妹『お兄ちゃん、凄いね♪カッチカチだよ…こんなになるんだね。』無知な女にエロ知識を教えるのは快感です。ましてや彼女の妹、それも中学生、処女、罪悪感が俺の気持ちを盛り上げてます。俺好みのスーパーエロ女に育てようと考えてました。妹『お兄ちゃん、気持ちいいの?』と訪ねてきます。俺『凄くいいよ、俺も洗ってやるよ。』妹の座ってる方に向きを変えました。妹『わわわっ、お兄ちゃん、自分で洗えるからいいよ。』と慌ててます。妹『うわ〜ぁ、お兄ちゃんの、おちんちんが、上に向いてる、大き〜い、始めて見た〜ぁ、凄〜い、亀の頭に似てる。』などと感想をしゃべってます。

俺は『俺の恥ずかしい、チンチンを見たんだから、おっぱい触るよ。』と妹に言いました。俺は少し強引に妹を抱き寄せ、妹の胸を揉みながら乳首をクリクリいじり回しました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||

2014年12月10日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】中2の女の子2人と・・・【エッチ】

5、6年前で大学生の時、中2の女の子A(当時平成元年生まれだった)と出会い系で知り合って、付き合って(実際には別に高1の彼女他数人がいたが・・・)SEXしてた。

そいつは処女じゃなかったけど家庭環境も複雑で結構泊まりとかもしてSEXしまくってて、友達のロリな子Bを内緒で口説いたらこれまた上手く行ってしまい、、、Aにはバレて別れたけど今度はロリなBとSEXしまっくった。

Bは処女で毛もほとんど生えてなく体も小さいし細いしすごい興奮してSEXしまくってた。(中学の制服着せたり、体操服着せたのが燃えたな・・・)

そのうち面倒になってBと別れて、AとB両方とセフレみたいな関係になってたまに呼んでSEXしててという関係が続いて、ある日3人で遊んで泊まる事になって、そのまま3人でやってしまった。。。

中学生2人にダブルフェラさせたり、入れながらもう一人の子指で責めたりと・・・

ロリ好きな俺にとっては最高の関係だった。。。

(一番良かったのは二人とも制服着させてラブホで一晩中ハメまくった時かな・・・)

その後就職で地元離れるまで半年ほど関係はつづいて3Pは数回したけど、、、幸せだったな。。。

あの子達は何してるんだろう・・・(今年で20歳のはず。)と思いつつ、、、

今の時代は中学生、高校生と出会いにくくなったな・・・と悲観してます。

(当時は出会い系は入れ食いだったw)


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月9日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ