【初体験】友達の母- 文恵【大人】

1.日常の風景「行ってきます」

朝食もそこそこに、美佳は鞄を手に取り小走りで玄関に向かった。

「あれ、今日も一人?悠人君と一緒じゃないの?」

文恵はエプロンで手を拭きながら、靴を履く美佳の後ろから声を掛けた。

「知らない、、、じゃあ、行ってきます!」

一瞬睨み付けるような目を文恵に向け、美佳は玄関から飛び出していった。

「ふぅ、、、」

文恵は玄関のカギを締め、溜息を吐いていた。 この家には美佳を妊娠した際に、少しでも環境の良い所で育てようと一夫と話し引っ越してきた。

都心部からは離れたが、緑や公園が多く子育てには良い環境と思えた。

建て売りの分譲住宅は瞬く間に売れ、隣の高橋家が引っ越してきたのも同時期だった。

お互い妊娠中であったため、直ぐに家族同士の付き合いが始まった。

娘の美佳と、高橋家の悠人とは幼稚園、小学校、中学校と常に一緒だった。

明るくハッキリとした美佳と対照的に、悠人は勉強は出来たが大人しく、悠人が喧嘩して泣かされた時は仕返しとばかりに美佳が喧嘩相手を泣かすこともしばしばあった。

仲の良かった二人がよそよそしく成り始めたのが、中学校に上がって少し経ってからのことだった。

美佳の食欲が減り、笑顔が消え、イライラを文恵にぶつけるようになった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年4月13日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【学校で】プールの更衣室でちんこを振り回すとこうなる【エッチ】

中学2年の夏休み、学校のプールが開放されることになった。

生徒限定だけど、暇ならただで遊びに来れば~?っていう適当な感じの。

平日はほぼ毎日開いてたけど、思ったよりは不人気だった。

(先生もいろいろ面倒くせーってことで、翌年から数日間×数時間のみの開放となる)

 

夏休み後半になると、朝早い時間に行けば、ほとんど1人貸切状態だった。

プールは職員室の窓から見えるので、監視員役の先生も常駐はしてない。

 

俺は学校まで徒歩3分の近所に住んでたので、1人でもちょくちょく行ってた。

その日も朝から1人で、のんびりぷかぷかしに行った。

 

まず職員室で先生にひと声かけて、プール利用者ノートに名前を書くことになってる。

ここんとこ俺が一番乗りだったけど、その日はちょっと遅くなった。

ノートを見ると、すでに女子が3人来てるらしい。

 


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年4月13日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【レイプ】恐怖の体験8 【強姦】

翌朝、学校で未来とすれちがった。

「おはよう!○○くん」

「あ・・おはよう・・・」

未来は昨日あった事など知る由もなかった・・・

恐らく妹同様、鎮痛剤みたいな物を打たれてるのだろう。

1時間目は少し、しんどそうだったが、段々昼になるにつれて元気が戻って

行った。

未来の席は僕の斜め前だったので、ずっと後ろ姿に見入っていた・・・

昨日あんな事されたと思うと勃起が収まらない・・・

悔しいし、身を焦がす程の嫉妬を感じるのにどうする

事も出来ない自分が情けない・・・

未来は恥ずかしがり屋なのか、制服のスカートを決して短くしない。

風の強い日などは、スカートが捲れない様に用心深くしているくらいだっ

た。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2014年4月13日 | エロ体験談カテゴリー:レイプの体験談

【寝取られ】天国と地獄【NTR】

えーと、まだ実家暮らしの時の話なんだけど、俺ん家って結構大家族なんだわ。

爺ちゃん、婆ちゃん、親父に母ちゃん、子は上から長女、次女、長男、次男の俺、三女。

一番上の姉ちゃんは大学まで行ったが他は皆、中卒か高卒まで。どうも両親は長女を

大学までいかせてみて全員は金銭的に無理だと悟ったらしい。

そんなのもあって俺より上の二女と長男は二人とも中卒でしかも夜の仕事で働いてた。

俺は高校行ってて当時18、卒業後の事で悩み抜いていた。進学って選択肢は無かったもんで。

とりあえず触れとくが、童貞だった。それどころか奥手な自分が将来、経験する事自体が想像

できなかった。出会いもなかったし。

小遣い無し、バイトで稼げ、バイト無い日は帰って来て家事を手伝え、爺さんの介護も子が分担、

家に恋人連れ込むのも無理。って恋愛とかできる環境じゃなかった。

個人の部屋も無くエロビも観れなかったし彼女もいない。18だった俺は相当ムラムラしてた。

もう姉ちゃんや妹でも良いからやらせろ!ってくらいね。母ちゃんは勘弁だったけど。



ある日、夜の仕事してるって書いた21の兄が「お前彼女とかいるの?」って聞いてきた。

「無理だよ」って答える。まぁ兄ちゃんも同じ環境で育ったわけだから、


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年4月12日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【野外】腹痛と便意と彼女【露出】

17:名無しさん@ピンキー:2006/04/13(木)16:30:32

初めての覗き

ターゲット当時交際中の彼女(高校2年)



大学時代に高校生の子と交際していた。

制服のまま下宿に来てはセックスしたり汚い布団で一緒に寝たりしていた。

あるとき、学校帰りの彼女が部屋に入ってくるなり

「あ〜うんこしたい、うんこしたい」とカバンを置いて便所に向かった。

下宿の共同便所は和式で下の隙間が開いているタイプ。

それまでも何度か女の子の排便を覗いていた俺は少し躊躇したが彼女のあとを追った。

いつも見慣れた肛門が、このときばかりは見たこともないくらい大きく広がり、いやらしくひくひくしている。

そして無防備にムチムチと音を立てながら健康的な大便を排泄する彼女。



先に部屋に帰って、何気ない顔でテレビを見ている俺に向かって

「あ〜すっきりした」と言い放った。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2014年4月11日 | エロ体験談カテゴリー:野外露出の体験談

【初体験】可愛い族の子【大人】

へっどらいんかな





真夏の暑い日中、休日の暇を持て余していたぼくはふらふらと渋谷に向かった、センター外にある回転寿司を食べようととことこ歩いていたら、制服を着た女子高生らしき子が一人の男に絡まれていた、身長165センチくらい・・・練習代には調度いいサイズ!僕はK-1のピーター・アーツに憧れてキックボクシングをやっていて、ハイキックには多少の自信があった。あいつなら足が届きそうなので一つ蹴飛ばそうと男に向かい『なぁぁにやってるのかな?いやがってるんだからよしな・・・・さい!!』ごつっっっ!!!「ふぅっ!!!!かっ!」そいつは目をむいてコンクリに倒れこんだ、充分注目を浴びていたがこれ以上はまずいのでとにかくすし屋に入った、女子高生から話を聞くと、まりという子は最近族を脱退したばかりで、やめたにもかかわらずいちみに追われていたという、「助けてくれて有難う、そのうえ飯までご馳走になって。」『気にしないで、それより、事情が事情だから突然あいつけどばしチャぁまずかったかな?』「いやいいよ、あたし明日で街でてくし、実家に帰るんだ、それにこれであたしのバックにとんでもない奴がついてるって・・おもうだろ?」『あっ、まぁね・・はは、これからどうする?一人暮らしなら自宅に誰か張ってるかもよ?危険じゃァないか?』まりは一瞬うつむいて顔をあげた。「・・・・ごちそうさま。そろそろ出よう」『!あっ、あぁ、そうだな。』店を出てすぐ車で渋谷を離れ、原宿〜新宿と車を走らせていると、ずっと黙っていたまりが口を開いた「・・・あのさっ」『んん?ようやく口きいたなっ、どうしたんだ?シリアスな顔して。』「あのさっ・・あたし・・・、強い男好きなんだ。」『そうかね!そうかね!!・・・んで?ずっとそれだけ考えていたわけじゃぁないだろう?』「あぁ・・・。」『なんだよ?まただんまりか?』「・・・守ってもらいたい!!いまのあたしにはお前が必要なんだ!!!一週間でいい!!一緒にいてくれ!!」元族の子がこんな事を言うには抵抗があったろう。『・・・・・』「・・だめか?」『・・・俺の家は横浜だ、しばらく身を隠すには調度いいかもしれないな。』「えっ!いいのか!!すまない!」『俺スケベだし、君可愛いからなっ、ははは』「・・・・SEXはしたことあるだろう?貴方ならいい・・・強い男・・好きだから。」『・・・なるほどね。』30分して自宅に着いた。



まりをつれて自宅に着いた、「・・・・結構綺麗にしているんだな。」『なんだぁ?もっと汚いと思ったって?』「うん・・。思った・・・・シャワーかしてくれる?サッパリしたい。」『あぁ、そこだ、俺もあとで入るから。』「ありがと・・・。」もと族の子にしてはかなり寡黙なこだな、族っつったらもっとこうバリバリだろぉぉぉ〜、なんて思っていた。・・・・・・暫くしてまりが出てきた。俺は思い切ってまりのことを聞いてみる事にした。『あのさぁ・・現役の頃もそんなに口数少なかったのか?族ッつったら結構弾けてるイメージがあるからさぁ。』「・・・・・いつもこんな調子だよ。」思いっきりひっかかる言い方だったがさらっとながしておいた。「それよりながしてくれば?」まりに言われ、俺はシャワーを浴びに行った。「・・・・はぁ。」・・・・・・俺はシャワーからあがり、リビングに戻るとまりはバスタオルを巻いたままだった。『なんで着替えなかったの?』「すぐセックスするだろ?面倒だし。」『そうだな、初体験いつ?いままで何人と何回エッチしたんだ?』「質問攻めか・・・12歳、相手は覚えてない、抱かれた相手は9人、回数は50回位。」『いまどきじゃぁ、普通の回数だな、初体験の相手を覚えてないところが君らしい。』「・・・・もういいだろ、早くしないと寝るぞ!」多少強い口調になった、このこはあまり過去を語りたくないんだな、まぁいい、干渉しても仕方が無い。俺はまりを抱え、寝室のベッドに放り投げた。「・・・げ!つっっうぅぅぅ!!もっと丁寧にあつか・・!!!んんん・・・」俺はまりが言い終わる前にキスをした。ちゅ・・ちゅちゅぅぅぅ〜くちゅくちゅ・・れるれる・・・・「はっはっはっ・・・!ァァァァはぁぁぁぁ〜・・!」まりの喘ぎ声は以外にも艶めかしく、俺の野生心を刺激する。



けいたいさいと


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2014年4月10日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【野外】中学の時の身体検査【露出】

初めてこのコーナーに書き込みしました、夏江と言います 今私は十九歳の大学生です、

中学の時の身体検査について恥ずかしい思いでを書いてみました、当時私が通っていた中学校は毎学期前に身体検査を行っていました、私の学校はたまたま学校保健の児童生徒発育状況調査の対象校になっていたため、一般の身体検査とは別にさらに、詳しく身体の発育について検査を行っていました、

これを発育検査と呼んでいましたけれど、検査を受ける対象は生徒全員ではなく、入学の時に発育検査被験者の協力を依頼され、親と本人の承諾の元に了解した生徒だけです、私はあまり深く考えないでこの被験者になることをOKしてしまったのですが実際に発育検査をを受けるときになって、メチャメチャ後悔しました、

発育検査を受ける生徒は各学年ごとに、男女二十名ずつです、そんな訳で、全部で百二十名ぐらいの生徒が、この検査を受けることになるんですけれど一日では終わらないので三日間に分けて実施されました、検査はすべて午後から始まりました、検査は一年生から始めるということで各クラスから検査を受ける生徒だけ同じ教室に集められました、私のクラスからは男子二名と私の三人です、男女合わせて四十人くらいの生徒が、一つの部屋に集合して保健の先生から身体検査票を受け取りました、そして検査の内容について説明を受けたのですがその時点で教室から逃げだしたくなりました、検査は男女別に行われるのですが普段行っている身体検査とは違い、いろいろな検査項目がありました、発育検査の内容は身体測定を、行った後、心電図・内科検診・モアレ検査・それと驚いたのが性器と乳房の発育状況とアソコを含む写真撮影があった事です、初めて受ける検査だったので何も知らなかった私たちは、保健の先生から説明があったときに一瞬ざわめきが起こりました、入学の時にはそう言った詳しい内容まで説明はなかったので、私は絶句でした、今更逃げるわけにもいかず、あきらめの境地で検査を受けました、そして説明が終わると、いよいよ女子から検査が始まりました、検査は少し時間がかかると言う事で最初6人が保健室に呼ばれ、残りは自習です、私は最初の組でした、みんなで保健室に向かうと三人が保健室に入れられ残りの三人は制服のまま廊下の椅子で待機させられました、一人が保健室から出てきたら廊下で待機してる一人が中に入ると言う手順です、私は4番目だったのでしばらく待っていると20分くらいで最初の娘が出てきました、私は入れ替わりに保健室に入ると、パンツ一枚になって順番を待つように言われ渋々裸になりました、私そこでさらに恥ずかしい思いをしました、身体測定の記録係が同じクラスの保健委員男女一組と隣のクラスの男女一組、計四人が担当していた事です、女の子はともかく同じクラスの男の子にパンティー姿を見られるのかと思ったら涙が出てきてしまいました。それでも仕方なく先に身長、体重・胸囲座高・バスト・股下の長さ・手の長さ・など測定した後、パンツのまま校医の前で問診を受けました、問診は初潮の始まった時とか生理の事や性行為の事まで聞かれました、オナニーについても聞かれたので、時々しますって素直に答えました、死ぬほど恥ずかしかったです、そして心電図が終わると、

カーテンで仕切られた別の部屋に呼ばれました、そこには若い看護婦さん二人と30歳くらいの校医がいて、パンツを脱いで壁の所に気を付けの姿勢で立つように指示されました、涙目でパンティーを脱いで言われた通りに従いました、私は結構成長は早い方で胸もアソコの毛もしっかり育っていたので胸やアソコを見られるのが超恥ずかしかったです、ましてクラスの男の子が隣にいると思っただけで私の全裸を見られないか心配でしょうがなかったです、そして生まれたままの姿で気を付けのまま全身の写真を前横後ろ向きで撮られ乳房のアップの写真も撮られました、そのままモアレ検査を受けた後、隣の間仕切りのある部屋に行くように言われパンツでアソコを隠しながら身体検査票で胸を隠して隣の部屋に行きました、すると診察台に仰向けに寝かされました、今度は女医さんでしたけど、性器の診察をするからちょっと我慢してねぇ・・って優しく言われたけれど恥ずかしい事に変わりはなかったです、膝を立てて大きく足を開くように言われ付き添いの看護婦さんに両足を押さえられました、先生が指でアソコを開いたりして写真を撮り、メジャーで性器を測っているのが分かりました、しばらくして、先生から 私はまだ処女膜があるので内診はしませんと言われ、今度は四つんばいにさせられて、おしりの穴も検査されました、そしてそれが終わって初めてパンツを履く事を許されました、そして脱衣篭の所まで行って制服を着て廊下に出て、外で順番を待っている娘に、保健室にはいるように告げて教室に戻りました、毎年こんな事されるなら、いっそ転校も真剣に考えましたけど、結局最後まで我慢して卒業しました、今考えても恥ずかしい検査でしたけど、同じような検査は各県で何校か実施してるそうです、それは高校でもあるのかどうか分からないですけど、もし経験がある人がいたら是非教えて下さい。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年4月10日 | エロ体験談カテゴリー:野外露出の体験談

【学校で】折れ曲がったチンコ【エッチ】

俺が中3の時。

下着を買いに行くという習慣がなかった俺は

母親が買ってくるブリーフを愛用していた。

俺のチンコはいつもその中で柔らかい布に包まれいい具合に納まっていた。



学校から近かった俺の家は両親が共稼ぎということもあり

クラスの連中の溜まり場になっていた。



最初は野郎ばっかりだったのだが

次第にそのメンバーに女子も入るようになり

いつの間にか女子が3〜4人で俺の部屋でくつろぐこともあった。(ホント)



その日まではそいつらを異性として意識したこともなかったし

そいつらも俺を意識したこともなかったと思う。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||

2014年4月10日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【寝取られ】こんな女子高生他にいないはず。おくさまは女子高生だったあたし【NTR】

現在25歳の子持ちの人妻です。これは今の旦那さま(あたしは再婚なので二人目の旦那さまになります)の監修の元に書き込んでいます。

今の旦那さまと呼ぶ理由は、あたしは前の旦那から彼に寝取られ前旦那と離婚し、再婚したからです。

書き込んでる理由は特にないですが、一種の思いで作りと言うか遊びみたいなものです。

寝取られた当時の事ですが、今から8年ほど前の事です。あたしは当時17歳の女子高生でした。そして在学しながら結婚していた、漫画やAVでありそうなリアル『おくさまは女子高生』をしていました。

結婚した理由や周りの対応などは、長くなりそうなので省きますが、旦那さま(前旦那をこれ以降旦那、現旦那を夫もしくは当時の呼び名のイニシャルで記入します。ちなみに今も前も結婚相手は旦那さまと呼んでます)は当時あたしより23歳年上の40歳であたしが中学生の時に通ってた塾の講師をしていました。(別に親父趣味はありませんが、色々あって恋愛し16歳で結婚しました)

結婚して、一年が過ぎ大分人妻生活に馴染んで来た当時のあたしは一つだけ旦那さまに不満がありました。それはsexです。女子高生が何を言うかと思われるかも知れませんが、あたしは結婚前から性欲が強くオナニーばかりしている中学生でした。旦那さまに女にされてから余計性欲が強くなりましたが、旦那さまは歳のせいか元からかは解りませんがsexにあまり強くなく回数も減る一方で、中折れなどもしょっちゅうありました。新婚一年目であたしは中学生時代と同じオナニー中毒な日々になると、次第に他の男のおちんちんはどんなだろうと思い、学校のイケメンやあたしに告白してきたことのある同級生に抱かれたりする想像しながらオナニーすることが増えました。だけど想像だけでは限界があり本物が見い!とムラムラする毎日。だからと言って浮気する気なんてなく、悶々としていた時に今は多分閉鎖されたチャットや無料で出会い投稿などが出来るサイトで遊び始めました。最初はチャットで満足していたのですが、その内もっともっとと思い投稿メニュー書き込むと、あたしが女子高生でしかも人妻と知ると皆凄い興奮し、食い付きが凄かったのを覚えています。そしてその内の何人かとメールし始めました。勿論、あたしは浮気する気なんて全然なく、より満足できるオナニーとして利用していました。あたしの裸の画像などを送るとメール相手から送られてくる、犯したい!とか調教したい!とかの言葉と共に添付されるいろんなおちんちんに大興奮していました。そんな日々から更に人数を絞り、メールエッチしたりTELエッチしたりする日が続きました。(もしかすると、人妻女子高生なんかそうそういないので、これを読む人の中に記憶にある人がいるかも知れませんし、同じ学校だった人は気付くかもですが)

メールやTELの内容も日がたつに連れて過激になり、公園での露出画像を送ったり旦那さまの近くで「旦那さまよりぶっといちんぽでおまんこ犯してください!」など淫語言いながらTEL調教されたりして、いくら性欲が強いと言っても危険な方向に進み始めている女子高生になっていました。

ただそれでも誰とも会うことはなく単なる1人エッチのオカズとして利用していたのですが、それが狂い始めたのが1人のメール相手(今の夫)A君とのやり取りからでした。

相手は同じ高校生でしかも同じ市内とあって、地元ネタや恋バナなどで話が弾み仲良くなりました。また、それだけではなく人の事言えませんが、童貞の高校生の癖に信じられないくらいの変態と言うかマニアックでした。お兄さんが持っていた漫画やAVに影響受けたみたいで「あへぇぇ!」とか「おほぉう!」とか言いにくい感じ方をTELsexで強要されたり、うんこシーンをメールで添付させられたりしましたが、顔バレすることもないし、あたしも更なる欲求が高まってたので命令されるがまま変態なやりとりを続け、彼にはまりメインの相手となっていきました。さすがに同じ市内の相手なので、ばれたくないので顔や制服は見せませんでした。

たまにTELsexの時にA君の好きな人に成りきってしたりもしましたが(下の名前だけ教えてもらいました)あたしと同じ名前でしたが、偶然と考えて深くとらえませんでした。それが変わったのはある約束からでした。

放課後の教室でオナニーしている写メか動画を送れと言う命令。学校バレが嫌だったので断っていたのですが、制服くらいじゃ誰かとまでは解らないからと押しきられて承諾。その日は1日ノーパンで授業を受けろとも指令されました。当時の制服のスカートはかなり短く、油断したら見えるかも!と思うだけでおまんこがグチョグチョになる末期な女子高生のあたし。興奮し、でも放課後までオナニー出来ないあたしの頭はオナニーしたい!で一色でした。

そして放課後になってしばらくして教室へ行きました。最初電話で言われたときは抵抗あったのに、オナニーしたくて限界だったあたしは周りをあまり確認せずに、自分の机に座るとためらいなくオナニーをして、その姿をA君に送りました。するとそれと同時に現れる1人の男子生徒。

ここまで来れば読んでる人は解ると思います。現れた男子生徒がA君でした。A君の好きな女子生徒はあたしで、(あたしは以前A君に告白され旦那さまがいたから断りました)あたしを諦めきれず再度告白しようと後を着けていたらしく、その時階段で下たから見たあたしがノーパンと気付いて驚き、後をつけるとオナニーにふけるあたしとそして送られてくるメールで全てを悟った彼は、好きな女とメールの調教相手が同じ事に狂喜したみたいでした。

一方あたしは見られたときや、A君が同級生と知ったときパニック状態でした。

あり得ない偶然でしたが、A君はさっそくあたしを犯そうし、あたしは抵抗しようとしました。でも弱みを握られたあたしは、どうしようもなくA君の言いなりになるしかありませんでした。元々メールなどであたしのマゾ性などを知っていたし、調教されていたあたしを今なら簡単にモノに出来ると踏んだ彼に押し倒さて、オナニー途中でおまんこを丸出しで、しかもグチョグチョに濡れていたため前戯もなく簡単におちんちんを入れられました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月9日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【学校で】ヤンキーの女子と…【エッチ】

自分が中学三年生の時の事、家の風呂の底が抜け浴槽を変え代えるついでに風呂場全部

をリフォームする事になり工事等などを含め約一週間使えなくなり銭湯に通う事になった。

銭湯通いを初め四日目、父が仕事で遅くなり母が体調を崩し、自分と姉で銭湯に行く事に

一つ上の姉は知的障害で1人で女湯に入れて平気か?と母に聞くと母は姉と一緒に女湯に

入る様に言ってきた、自分が無理だと言うと『背も低いしチンチンに毛も生えてないか

大丈夫よ』と冗談交じりで言われた。自分はこの当時、思春期真っ盛りで女性の身体に

興味津々で心臓をバクバクさせながら姉と一緒に女湯に入った、入る時番台のオバサンに

止められると思ったら止められず裸の女性のいる楽園に侵入…っと思ったら…理想と現実

は違う自分の母親よりも年上のオバサンやお婆さんだけしか居なかった。

落胆し姉と背中を流し合っていると遂に待ち望んだ若い茶髪の人が入ってきた…が顔を

見て絶句、その人こそ自分の通っていた中学で知らない者は居ないと言われた不良少女・

T・K。天国から地獄と言った状況T・Kとは二年の時同じクラスで互いの顔を知っている、

もし女湯に入っている事をT・Kに知られてたどんな目に遭うか…バレる前に浴場から出よう

と思っている時T・Kの身体を見て違和感を感じる、学校で制服姿と違うT・Kは同年代の女子

に比べて胸が目立つ子なのに今の裸のT・Kは胸が無い、って言うか乳首部分が無花果程度に


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月9日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

このページの先頭へ