【マニア】ペニスリング【性癖】

ペニスリングを3ヶ所に無理やり着けられます。まずペニスと玉袋とを一緒にして、その根元に40mmリングが装着され、その次は、玉2個と玉袋を一緒にし、こんどはその根元に31mmのリングが装着されるが、このサイズのリングの中へ玉袋ごと入れるのは、慣れないと、玉が潰れそうなくらい痛いです。玉1個はリングの中へ入りやすいが、2個は慣れが必要です。次はペニスの根元へ21mmのリングが2~3個装着されます。この一連の動作がもたつくと、どうして勃起してしまい。もう玉袋もパンパンになり、なにもしなくともヒリヒリと痛いです。色も赤黒く変色し、苦しくて苦しくて、気が変になりそう・・・・

それでもはじめのころは、まだ比較的少し余裕のあるリングでしたが、装着のしかたが慣れてくると、彼女は玉袋の根元に装着して

いるリングを、こんどはもっと小さな26mmのリングサイズに変えました。やはり玉1個はなんとかリングの中へ通すことができるのですが、2個目がなかなか入らないし、玉がはずれ袋の中でズレた場合、おもわず声に出るぐらい痛かったです。玉はタマゴ型で少し

楕円形ですので、彼女は、玉をタテ長状態に維持して入れると、なんとかリングの中に納まりました。何もしなくとも、玉袋はパンパンの状態です。動くな!!  と言われても、どうしても腰をよじってしまいます。両手・両足は、もともともう縛られているのですが・・・

ペニスはず-と何時間も勃起したままの状態なので、とにかく痛いです。パンツをはいてもペニスがはみ出してしまうし、以前、トレ-ナを着て、散歩させられ、前の部分が一目でもっこりなっていて、恥ずかしい思いをしましたその影響で、ペニスの長さに変わりはないのですが、以前に比べると、太さが大きくなり、逆に普段のとき、ペニスの表面の皮膚が

伸びて、蛇腹のようになってしまった。痛くて本能的に、ぼくは動いてしまうので、ジム用のレザ-張りの長イス(四隅に手足を縛るスチ-ル製の支柱がある)に縛られる

リングを全部装着して、痛がっているぼくをみて、彼女はぼくに口枷をし、少し短い縄で、さらにペニスと玉袋との根元を別々にきつく縛った。 ぼくのペニスは切れてしまうのではと思うぐらい痛く、口枷はされているが、悲鳴に近い声をあげ、涙目の顔を左右に振っていた。この世の地獄です。でも、リングを外した時の解放感は、とても気持ちよく、自然とペニスから透明な液体が出てきます。

その後日、尿道プレイやら、蝋燭責め、それも低温蝋燭ではなく、市販の日本蝋燭でリングを着けた状態のペニスをです。最後は、

針で責められ、気絶したことがあります。  苦痛なのですが、逆に生きているという実感があります。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2018年1月15日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【マニア】 嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った2【性癖】

嫁の由紀恵と松田との温泉旅行の録音を聞いて、まだ宿にさえ着いていない序盤だけでもう後悔していた。運転する松田のペニスをフェラしながら、我慢できなくなった由紀恵は、サービスエリアでカーセックスをした。

それだけでもとんでもなく凹む内容だったのに、二人が話す内容がきつかった。

由紀恵は、先日の自宅でした松田とのプレイの最中に、中高とヤリ部屋に通って大学生に廻される日々だったという話をした。それは、私を興奮させるためのウソだったと、由紀恵は後で私に説明したが、ドライブ中に松田と話す内容は、それが本当だったと物語っていた。

どちらが本当か、もう聞くまでもないと思っていた、、、

ただ、この状況ですら、興奮しすぎてイキそうな私がいる。多少心が落ち着いたので、続きを再生した。

録音するのはセックスの時だけという指示だったので、いきなりセックスの最中になった。

こんな事なら、全てを録音させれば良かった。移動中に何を話したのか、気になってしかたない。

”ちょっと、まだ食事中だって!宿の人も来るかも知れないって!”

松田の声が響く。

”だってぇ、、 口移しで食べさせてくれたからぁ、、、  もう我慢できないよぉ、””マジ淫乱w じゃあ、由紀恵が食べさせてよ。”

”食べさせたら、すぐ入れてくれる?”

”いいよw”由紀恵がこんな事を言うとはとても信じられない。

本当に、ただのビッチがいる感じがする。

”美味しいw 由紀恵、すっごく美味しいよ。愛してるよ。”

いきなり真剣に口調で言う松田。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月13日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【マニア】~堕ちて行く2~少年と【性癖】

少年に免許証を持って行かれてしまった

私は生きた心地がしませんでした。

名前、年令、住所まで知られる事になるのです。もしかしたら携帯電話の番号もばれているかもしれません。両親もすでに他界し兄弟姉妹もいません。天涯孤独なので

何かあっても誰にも迷惑はかかりませんが。かと言って学校に行って返してもらうもやはり気が引けます。ほんの遊び心からまさかこんな事になるなんて思いもしませんでした。しかもあいにくと今日は金曜で少年をあの場所で待つにも土日は学校も休みでしょう。とりあえず自分ではどうにもできないのでまた月曜日にあの場所まで行ってみようと思いました。

これからどうなるのか不安で眠れませんでした。土、日と学校関係者、警察、あの少年が自宅を訪ねて来る事もなくちょっとほっとしていた日曜の夜、非通知から携帯電話に着信が・・普段ならまず出ないのですがもしかしたらと思い出てみました。

「はい、もしもし・」「・・・」

「もしもし・・誰?」「明日あの山まで来て」「もしもし・・もしもし・」「・・・・プーー」切られてしまいましたがおそらくあの少年です。

私にはそれに従うより無いのです。

翌日ちょっとした用事があり、少し遅くなりましたがPM14:55に到着しました。車をいつものところに止めて林を抜けサイクリングロードに出たときには15:00過ぎていました。周りを見渡しても少年の姿は見えません。と、この前の脇道から少年

出て来て「オバサン、こっち」と手招きするのです。私は「あ、免許証返してくれる?」と言いましたが無視して脇道に消えたのです。私も仕方なく少年について脇道に入りました。「どこに行くの?」「・・・」私の呼び掛けに答えず少年は奥へ奥へと入って行くのです。かなり鬱蒼とした山の中まで来てしまったみたいです。

少年が突然、歩みを止めて私の方を振り返りました。「あの・・免許証持っていったよね?返してくれるかな?」「・・うん、いいよ、返してあげる」「あ、ありがとう、ごめんなさいね、あんな事して」「・・・・」突然ガサガサと私の後ろからと少年の後ろから少年たちが現れました。「えっ!君たちは?!」私の言葉を遮るように一人の少年が「おぉ○○嘘じゃなかったんだな、本当にきたよ!」と、

周りの少年たちも皆一様に頷いていました。私は状況が良く理解できませんでしたが声を張り上げても誰にも届かないほどの山中で6人の少年たちに囲まれているというのは現実なのです。一人の少年が私を後ろから羽交い締めにして両手を後ろ手に手錠をしました。「君たち!!何!?何をするつもり!!」「うるせぇよ!ばばぁ!お前こそ、この前○○に何したんだよ!!あぁ?!」一人の少年に凄まれました。

良く少年たちを見てみるとこの前の少年の他は皆、私服で高校生か社会人の様な少年でした。少年たちはあらかじめ準備していたのか薄汚れた毛布を何枚か地面に敷きました。私はその上に立たされます。

「ちょっと・・何をするの?!」

「はぁ?ばばぁ、オマンコ見られたいんだろ?今から俺らが見てやるからよ!」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2018年1月12日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【姉ちゃんと】義姉さん【エッチ】

家で一緒に呑んでいた義姉が、酔い潰れて座卓にうつ伏せで寝てしまった。義姉を抱きかかえて、畳に並べた座布団に寝かせる。

抱いた時の、義姉の豊満なオッパイの感触が とてもいい感じだった。

座布団に仰向けに寝かせても、まだ俺に掴まっていた義姉を抱いて

ふざけ半分でシャツの上からオッパイを撫でると、撥ね退けもせず

俺の手を、自分のオッパイに軽く押し付けているだけだった。 

そのままオッパイを揉んで義姉を抱き寄せると義姉も抱き返してきた。 義姉のズボンのベルトを緩めたら、耳元で『 ダメ …危ない』

義姉にゴムを見せ、目の前で着けると『 ア~ア…悪い人』義姉を抱き締め、花びらを撫で・・・かき分けて、そ~ッと指を挿し込む。

指先が膣に入り込むと、ウッ …義姉が息を止めて堪えている。 

膣から撫で上げ、指がクリトリスに触れると、 ピク ッ と反応する。

そっと触れ、撫でたり押さえたり、時には軽く摘まんだりしていると

堪え切れなくなった義姉が脚をすぼめ『もうダメ』と抱きついてきた。濡れ濡れの花びらを開いて、ムスコを押し当てて、ゆっくり突く・・・ 

ジワ ジワーっと、義姉の中に入り込んでいく感触が何とも言えない。

いちばん深い所まで差し込んで「義姉さん」と、しがみ付いたら

義姉も『圭さん』と、俺を抱きしめて、下から腰を押し上げてきた。俺が突き始めると、義姉も腰を突き上げてくる。 

激しく突くと義姉の動きも早くなり、オッパイが大きく揺れて


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||

2017年12月22日 | エロ体験談カテゴリー:姉ちゃんとの体験談

【出会い系】元モデルの女をゲットできたんだけど 【SNS】

今年4月の話。某サイトで知合う。メールで10回程やり取り・電話3回。写メ交換は楽しみが減るので、したくないとのこと。



俺も、同意。電話すればだいたい分かる。俺の経験だと、中は絶対にあると確信。大阪は梅田で待ち合わせ。



おいおい…あんた光ってるよ。。。背が高い。顔は10点中7.5かな。。

マジモデル経験ありってのはホンマっぽい。



めちゃめちゃナイスバディだ。。。釈由美子みたいだった。。

俺のメールと電話でのトークマジックか。。初めて会うらしい。ホンマか?



ジャズと生ピアノの演奏流れる雰囲気のいいお店に連れて行く。

さすが高校卒業したばっかだ。感動しまくって、雰囲気に酔っていた。



お酒にもあまり慣れていない模様…

目がとろりとしてきた。俺の膝の上に手を置いてくる。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2015年12月20日 | エロ体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【マニア】ゴアグラインド!?!?!?!!?!?!?エナ武勇伝 【性癖】

おうい




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2015年7月16日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【寝取られ】ビッチだった彼女も、今は俺に一途……だと思ってました 【NTR】

俺は、いわゆる寝取られ性癖の28歳独身です。付き合って2年の彼女はいますが、寝取られ性癖だと言うことは打ち明けていません。

正直、彼女が他の男とセックスするところを見たいと思っていますが、俺が主導で彼女を他人に抱かせるのは、寝取られではなく、寝取らせだと思っているので、そうしようとも思っていません。



俺は、あくまで寝取られ性癖で、寝取らせ性癖ではないので、彼女が寝取られる日が来るのを気長に待つ毎日です。





俺が寝取られ性癖に目覚めたのは、大学時代のことです。当時バイトしていたファミレスで、ホールを担当していた俺が、キッチンを担当していた加奈子と付き合い始めました。

加奈子は大学3年生で、俺が2年生。彼女は、一つ年上でした。



でも、可愛らしい感じの彼女は、年上という感じはなく、俺は年下のような感じで接していました。

俺の人生で初めて出来た彼女でしたが、彼女は俺の前に2人と付き合ったとこがあったようでした。そして、色々と彼女の過去を聞きたがる俺と、聞かれたことには素直に答える彼女の影響で、俺の寝取られ性癖は徐々に形作られていきました。





加奈子は、バイト先のファミレスで、何度も店長にホールに移って欲しいと言われるくらいにルックスが可愛らしい子でしたが、恥ずかしがりで人見知りだったので、キッチンから移動することはありませんでした。

彼女の、整形疑惑が出るほどにぱっちりした二重まぶたと整った顔立ちは、少し外国の血が入っているんじゃないのかな? と思うほどでした。今でこそ増えたハーフタレントみたいな感じで、今でいうと、ダレノガレという子をもう少し日本人寄りにした感じの顔でした。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年6月7日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【寝取られ】月に一度、妻は親友の妻になる完 【NTR】

『欲しい……です……』

さとみは、とうとうこらえきれずに言ってしまった。夫のために、他の男性に抱かれようとしているさとみ……。

でも、女性経験豊富な雅治の焦らしのテクニックに、さとみは根を上げてしまった。



夫の直之に、さとみはすべてを捧げてきた。ファーストキスも、処女も捧げた。そんな、夫しか知らないさとみなので、愛のない他の男性に何をされても感じるはずがないと思っていた。そんな、乙女のような幻想を持っていた。



でも、さとみは自分の子宮の奥が、キュンキュンとうずくのを自覚していた。それだけではなく、繰り返される亀頭部分だけの短い焦らしのストロークの前に、奥まで欲しいと言ってしまった。





欲しいと言った次の瞬間、さとみは深い後悔の念を抱いた。でも、すぐに雅治が腰を突き入れてきたことで、そんな後悔は霧散した。

『はぁあぁぁっんっ! うぅぁぁっ!』

一気に奥まで突き入れられて、さとみは声を抑えることが出来なかった。さとみは、一瞬で頭が真っ白になった。

(こ、こんな……私、もしかして今イッたの? そんなはずない……)

さとみは、パニックになりながら、そんなことを考えた。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年4月14日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達と】ピンサロ娘【エッチ】

平成生まれのぶっ飛びエロ娘と出会いました。

バスタオルデイですが、すぐにバスタオル外しちゃいました。

するっと、パンティ1枚になり、ぶっ飛びガールとディープキス、もちろん舌を入れながら、お互いに本気です。

18歳の唇・肌つやはたまらんですね。キスも最初から驚きました。なんと、口移しでのミンティアをなめさしてくれました。

驚くのはまだ早くて、なんと姫から「手マンして」とおねだりです。

遠慮がちにオマンコの入り口を触っていると、「奥まで指入れして」とまたまた驚きです。

そこで、私は何かがはじけた気がしました。指2本(中指と人差し指)を奥まで入れて、かき回しながら、ディープキスです。

多分、そこに行くまで、5分くらいでしょうか?そのまま時間一杯、指を乱暴に出し入れし、ディープキスをしました。

もう、本番している気分です。自分の指がまるで、子宮に絡みつくようです。

マジに姫も本気で感じていました。

あまりに手を動かしているので、店員に注意されるほどでしたが、気にしないでと姫が言ってくれました。

18歳でここまでやるとは信じられません。フリーターと言っていましたが、今まで何をしていたのか。不思議です。

最後はこちらの乳首舐めとフェラチオで発射しましたが、ラストまでキスしてました。

今度は店外デートを申し込みたいですね。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2015年1月18日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら6 【NTR】

嫁の希との、過激すぎる体験はこうして終わった。



みっちゃん夫妻と軽く絡む程度を考えていたのに、結局希は一晩にして6人も経験人数を増やしてしまった……。

その上、謎だった希の過去の事も、そしてまさかの浮気の話も聞いてしまった。



でも、僕に怒りはなかった。ただただ嫉妬と興奮で、カップル喫茶を出た今も心臓がドキドキしている。



希は、僕の方をチラチラ見ながら、黙って僕と一緒に歩く。僕も、なんと声をかければいいのかわからず、黙ったまま歩く。本当は、聞きたいことが山のようにある。とくに、浮気の話は結婚後の話なので、気になってしかたない。でも、浮気が発覚したからと言って、離婚する気もないし、それを責め立てるような気持ちもない。



ただ、知りたいだけだ。何があったのか……希は、本当にイキまくってしまったのか、それ以後、本当に先輩達とは会っていないのか……。

そして、さっきは結局答えなかったが、妊娠した経験があるのかどうか……。



頭の中でそんな堂々巡りをしていると、希がそっと手を繋いできた。僕はその手を握りかえし、希の方を見た。

『怒ってる? 本当に、ゴメンなさい……やりすぎだよね……』

泣きそうな顔で僕を見て言う希。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年1月12日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談
1 / 2412345...1020...最後 »

このページの先頭へ