【友達と】妻と息子の友人【エッチ】

私は43歳、妻は40歳、二人とも真面目な性格で、妻は今時珍しいぐらい超がつくほど真面目、曲がったことが嫌いな性格です。その影響か、今年高校2年になる息子も妻に似たのか、高校に入学するまで私達の言葉を文句言わず従ってきたのでした。



それが、高校に進学した頃から息子の様子がどこか変なのを私達は、去年の夏休みに気がついたのでした。確かに、勉強も昔以上にするし、夜遊びもしない、親に反抗しない子供です。



ただ問題なのは息子の友人K君です。いつも成績は学年の5番以上に位置している秀才で、この地方では有名な市会議員の息子さんと聞けば響きはいいが、彼の振る舞いは妻も私も気に入らなかったのです。顔はハンサムなのだが、とにかく行儀が悪いのです。目上の者にも馴れ馴れしく話しかけるし、靴を脱いだら脱ぎっぱなし、本を読んだらかたずけもしない、お菓子を食べて、ぽろぽろこぼしても気にしない、校則違反ぎりぎりのぱさぱさの薄い茶髪。女の子との付き合いも派手で、良くないうわさもたまに耳にしたものです。



私と妻は、何度か付き合うのは止めるように注意しました。息子は正直に頷いて「わかった」と言ってくれたのでひとまず安心しました。

しかし、息子はどうやら私が仕事に出かけている時に、K君を家に招いているらしいのです。妻も何度もそれとはなしにK君に注意したらしいが、はぐらかされて聞き入れてくれないらしいのです。



ちょうどその頃は、会社も忙しく夜遅くなるのが当たり前だったので、昼間の様子を把握する事が難しかった状態でした。そして、3ヶ月ほどたったころです。日曜日に外出することが徐々に多くなっていった妻が、去年のクリスマス・イヴに珍しく外泊したのです。

すぐに帰ってくるからと言って。だが、妻は夜中の12時頃帰ってきたのです。いつもなら家族三人で祝うのが当たり前となっていた。時計を見ながら注意すると、妻はどこか慌てた様子だが、どこか嬉しそうな潤んだ瞳であることに気がついたのです。しかも、その手には綺麗に包装された小さな箱を握り締めていました。

妻に問いただすと、昼間友人と買い物をして、友人の家に買った物を取りに言ったらしい。ついつい話こんでしまって遅くなった事を謝った。私も仕方がないのでその場は許しました。



その日を境に、妻の口からK君の話も出なくなり、息子に関してはひとまず安心しました。だが、今年のバレンタイン・デ-に私は、台所でまるで女子高生のように楽しそうにチョコレ-トを作っている妻を見て、自分に贈るものだと思い、見てみぬ振りをしていました。しかし、予想に反して妻から貰ったのはいつものス-パ-で売っている安いチョコだったのです。

いやな予感がしました。そしてその時、私は確信しました。妻は浮気をしていると・・・・もしや・・・ 私は会社を早退し、家の近くにある空き地に身を潜めて、何日か監視した。すると、もう家に来ないはずのK君が、堂々とした態度で、玄関の呼び鈴を鳴らしたのです。どうやらまた学校をサボったのだろうと思いました。だが、それより驚いたのは妻の態度だったのです。ドアを開けると、嬉しそうにK君の手を引き、ドアを締めるとき彼に抱きつき、辺りを気にすることなくキスをしたようなのです。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2014年9月20日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】「単棹独穴⑤‥初雪ⅠⅡ」【拝借】

【同穴 : 初雪Ⅰ】

 結婚式の日の夕方に 上野から夜行の寝台列車に乗り、翌日朝から青函連絡船で海を渡り 午後札幌に着いて街を散歩して一泊。その晩は抱き合って寝ただけで 肉体関係は無く、3日目は昼間 支笏湖と札幌市内を観光し、夜になって夜行寝台で釧路へ向かう。(続く)

 *以下の記事へは 間違って訪問した未成年者はもちろん、Sex描写に嫌悪を感じる方は お這入りにならないで下さい。◇

 (承前)4日目の朝釧路に着き バスで阿寒湖・摩周湖を回って川湯温泉泊まり。ここで初めて身体のことがあり 本当の夫婦になった。夜が明けると女房はもう起きて 化粧も済ませていた。心なし化粧が濃いのは 初夜の翌朝に、女性が〝顔の形でも変わってい無いかと ソット鏡を覘く…〟と聞くように、やはり心理的な ショックが大きいのだろう。

 それは… そうだと思う。昨日まで 赤の他人だった男が、婚約が済んだからと云って抱き合う。抱き合えば 着物の上からだけど乳房に触られる。二十数年の間 男と云ったら兄弟くらいしか接触が無かったのに、デイトの時には テーブルの向こうでニコニコしていた男の顔が、急に真顔で緊張して 目の前に来る。思わず眼を瞑ると唇が押し付けられ 夢中で応じると歯がぶつかり、躊躇っていると ヌルッと生温かい男の舌が這入って来る。思わず歯を弛めると舌先が絡み 舌を男の口に吸い込まれ、全身を舐められる感じに その舌がしゃぶられ、吸い込めば 遠慮も無く舌が自分の口に這入って来る。

 そんな後で男と離れると もうこれまでになく下り物でもしたように、股の間が ヌルヌルだった。そんなことに 少し馴れたと思ったら、結婚式が終わったとは云え 二日目の初めての晩に「裸で 抱き合おう…」と云う。覚悟を決めて裸になり 抱き合うと気持ちは良かったけど、また股が ヌルヌルになった。その上男は 自分の前の固く勃った肉の棒を握らせ、擦り方まで 教えて呉れる。男って普段は気取って居ても みんなこんなことをスルのかしら…。それじゃぁ… 兄や弟もヤッテいる訳か…。男の肉棒から透き通ったヌルヌルが出たのは 私が拭いて上げたけど、私のアソコも 男に拭かれてしまった。

 男は丁寧だったけど 好奇心タップリだったから、キット拭くついでに 私のアソコをチャンと見たに違い無い。大きくなってからは 親兄弟にも見せなかった処を、結婚したと云うだけで ここまで見せちゃってイイのかしら…。そして昨夜は… あの肉の棒を身体に押し込まれて…。男が札幌で 本を買って渡して呉れたのは、〝読んで 置いたら…〟と云うことだと 夜行の寝台で画だけ見てみたけど、明日 あんな格好をするんだと思ったら、恥ずかしくて顔はカッカとするし 股の間がまた濡れて来て困ってしまった。そして… 夜…。覚悟をしていたけど あの肉棒は痛かったなぁ。どうしても這入ら無いので 男が肩の上に両手を衝いて、足を開かされ 結局我慢してブスッと這入ったけど…。

 身体の中に男が這入り込んで来るって 妙な感じ…。男は始めはジットしていたけど その内に波打つように腰を動かして…。何だか 猥褻な感じがして…。男と肉棒で繋がっていると 〝ひとつの 身体になった!〟感じがして嬉しかったけれど、男に腰を動かされると 〝もっと 欲しい!〟と云う気がして、肩と腰を抱き 足を外側から男の太腿に掛けて、思い切り舌を吸ってしゃぶってやったら 男は「アァッ…」と声を立てて静かになり、私のお腹の中に ダラッと温かいものを感じたわ。あれが 子種だったのかしら…。子供を造るって こんなことを毎日するのかしら…。ほかの人も みんなこんなことを…。

 お父さんやお母さんも こうやって私を…。兄や弟も結婚すれば みんなあんな風に浅ましく腰を動かすのかしら…。あぁ…何だかもう… 頭が変になりそう…。そして明けた朝… こんな思いをしちゃって…、顔の形でも 変わっているんじゃ無いかしら…。鏡… 〝私って昨日まで どんな顔だったのかしら…〟‥‥‥。想像だが 恐らくこれに近いことを考えたのではないだろうか。化粧も濃くなるだろうし 男(私)にも何か今までと違うものを感じていると思う。〝それでも あんまり取り乱したらみっとも無いから…、ここは新妻らしく 出来るだけ落ち着いて…〟そんな風情に 私は一段とそそられるのでした。

 五日目の予定は 屈斜路湖畔を通って美幌峠でその全景を展望し、美幌駅から旭川へ出て 今夜は層雲峡泊まりです。バスは所謂団体の観光バスで無く 観光コースバスで 銘々が好きな処で乗り降り出来ます。湖畔で遊び 美幌峠で展望したとき、快晴の絶景に女房は 「菊田一夫が 〝君の名は〟で使いたくなる訳ねぇ…」と感じ入っています。お昼は美幌駅で 女房は駅前の食堂の鍋焼きうどんを美味いと喜びました。そこからの列車には 車中の達磨ストーブが珍しく、乗客が 石炭をくべていました。旭川に着き バスで層雲峡のホテルに入る頃 雪が降り始めます。この冬の 初雪でした。

 ホテルはやはり和室で 夕食が済むと早々に床を延べて呉れます。風呂は今までは別々に這入りましたが もういいだろうと「一緒に 這入ろうか?」「ハイ…」で、家族風呂を借りて一緒に這入り お互いに背中を流し合います。さすがにまだ お互いの陰部までは触れません。一緒に浴槽に這入り手を伸ばし 女房が抱きついて来るのを膝の上に乗せて、全身を まさぐり合います。私は乳房に触れ乳首を揉み 女房が躊躇っているので手をペニスに誘います。さっきから勃ち始めたペニスは 女房に握られカチカチに固く反り返ります。唇を合わせ舌を絡め眼を瞑ると もうウットリと気が遠くなりそうです。

 風呂から上がって浴衣に着換えましたが 私のペニスは収まらず、前を押さえて 部屋に直行です。女房も今日は浴衣で 部屋に入ると中から錠を掛けます。手拭を掛けて干すのももどかしく 布団に就くと私は女房に覆い被さります。舌を絡めながら 自分の浴衣の細帯を解き、続いて女房の細帯もスルリと解き捨てます。唇を離してお互いに手早く下穿きを脱ぎ捨てると 改めて舌を絡め、今度は両肘を衝き 両手で両乳房を包み持ち、両指先で 乳首をコリコリと摘んで勃てます。女房も逆手でペニスを握り タドタドしくシゴキ始めます。暫くして左手で股を探ると その辺りはもう充分に潤っています。(Ⅱへ 続く)



【同穴 : 初雪Ⅱ】

 (Ⅰより 承前)「イイぃ?…」「ウン…」 私が下側に回ると女房は、協力のつもりか 赤ちゃんがオシメを換えるときのように、中途半端に両足を上げます。それは あまりにも無様で無惨な形でした。(続く)


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年8月20日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】続妻の不覚【拝借】

妻が野良小屋で、巨根に犯され夫の私に内緒で密会、相方の奥さんに見透かされて

後をつけられて、成り行きで夫婦交換まで、発展した夫です。

あれから、妻のマンコがゆるくて、夫婦はご無沙汰です。

妻が相方の巨根と遭う日には、私も負けじと奥さんを誘いラブホで、あらゆるテクを

駆使。超熟の奥さんにノータイムで3回戦は逝かし続けます。

友達にバツ1の好き者がいます。奥様を説得して、3人でホテルにしけ込みました。

超熟の性欲は底がありませんね!友の何に突かれながら、我が息子を口に咥えて

友が果てると入れ替わりお代わりで最後には、マンコとアナルの2本差しまでもウケ

いれて大満足の1日でした。

妻も巨根さんとも旨くやっている様子でまあいいか!焼け気味ですが夫の嫉妬醜いですか?


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||

2014年8月9日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】美帆の寝取られメモリー Part1【NTR】

短大から私立幼稚園の先生に

そして「初めての露出と寝取られまで」



記憶の残っているうちに残しておこうと、パソコンに向かい始めた俺。

見つけた美帆に叱られると思ったが、以外にも協力的だった。

「特定できないように関係者や背景設定ぼかしてね。娘だっているんだから」

妻として相変わらず俺の欲望を満たしてくれる美帆はもう35歳。

十数年前の思い出から今現在までの二人の経験は7、8割実話だ。



一浪して入った大学3年の春、サークルの女子の先輩に紹介された美帆は

保育科のある短大の2年生だった。

中高一貫の女子高出身の箱入り娘。

完全にノックアウトの一目惚れだった。

大きな目が印象的な今風美人。

実家の俺の母親は、白石美帆にそっくりだと言うが。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月22日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【人妻】妻のオナニー【拝借】

中学2年の娘と小学6年の男の子を持つ夫婦です。私40歳妻は38歳です。実は先日妻がオナニーしていたようです。というのは

その日、私は会社の飲み会で遅く帰って、そのまま床に付きました。妻はいつ寝たのか判りません。夜中にトイレに行こうと目が覚めると、隣の布団で寝ている妻の布団かカサカサと音がするんです。寝返りでもなく、しばらくじっとしていると妻の口から喘ぎ声のようなものが聞こえてくるんです。えっ・・まさかオナニーと思いながらも、通常の妻は結婚して今まで妻の方から

行為を求めたことなど一度もありません。一度そのことを妻に聞くと、「私のほうからは、求めることなんて出来ない」と言いました。男に限らず、女性も未婚でも既婚者でも数こそ違えどオナニーはほとんどの人がしているものだと思っていたのですが。段々と暗さに目が慣れてきた私は判らないように横を向くと妻の布団は膝のところ辺りで山型になっていました。きっと両脚をくの字に曲げているんだと思いました。ときどきはあはあという息使いが聞こえて来ます。私は勃起してしまい、ペニスを握っていました。段々と息が荒くなり、ウッと言うと静かになりました。その後下着でもなおしたんでしょうか、布団を動かす音がして、そして寝入ったようです。私はその後トイレに行きました。翌朝起きると妻はなにもなかったように食事の支度をしていました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2014年7月14日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【修羅場】いくつになっても変わらない奴【激怒】

209:恋人は名無しさん:2006/05/14(日)10:43:23

10年ほど前、まだ俺が高校生だった頃の話だ。

俺は小学校に上がった頃から剣道をやっていて、1歳上の同じ道場の先輩と仲が良かった。

子供の頃から仲が良かったので家族ぐるみの付き合いがあり、お互いの家にはよく遊びに行った。

そのせいもあって、先輩の妹(A)と付き合い始めた。

2人とも初めての交際で、何もかもが手探りで不器用で初々しい関係だった。



211:209:2006/05/14(日)10:48:22

Aと付き合い始めて2年ほどたったある日、その日は部活中の事故で部活が中止になり、

部長だった先輩は、事故の報告の為に呼び出されていた。

俺も付いて行って、先輩に事故の原因が無いことを先生方に一緒に説明しようとしたのだが、

「心配してもらわなくても、そのくらいの事は一人で出来るよ。それより、渡す物があるから、

 今日は先に家に行っておいてくれないか?」と家の鍵を渡された。

先輩の家は共働きで、今までにも何度かそうして鍵を預かったことがあったので、その日も

何の疑いもなく先輩の家にお邪魔した。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||

2014年7月2日 | エロ体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【人妻】変わっていく妻【拝借】

先日、久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。

 妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。

 早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。

 ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。しかし、隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?

 私は何の疑いもなく、のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。

 階段の途中で、妻の驚いたような怯える声がした。

「いやぁー あー え、えぇー だ・ ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」

明らかに嬌声とわかる。

 私はとっさに身をかがめて様子を伺った。まさか? 同僚が妻を犯しているのだろうか?

 私は、鼓動が早くなる。何故かわたしは、ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングのそばまで進んだ。

耳を澄ませて中を伺った。ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ

時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。

我が家であるにもかかわらず、ドキドキしながら、僅かに開いたドアの隙間からリビングの中を覗いた。

妻は押さえ込まれていた。ソファに座る形で、同僚に脚を大きく広げられてあえいでいた。

ベ ージュのスカートが捲り上げられ、すでにブルーのパンティは既に片足から外れて、もう一方の膝に引っかかっているだけだった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年6月12日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】情けない夫【NTR】

私は43歳、妻は40歳、二人とも真面目な性格で、妻は今時珍しいぐらい超がつくほど真面目、曲がったことが嫌いな性格です。その影響か、今年高校2年になる息子も妻に似たのか、高校に入学するまで私達の言葉を文句言わず従ってきたのでした。

 それが、高校に進学した頃から息子の様子がどこか変なのを私達は、去年の夏休みに気がついたのでした。確かに、勉強も昔以上にするし、夜遊びもしない、親に反抗しない子供です。

 ただ問題なのは息子の友人K君です。いつも成績は学年の5番以上に位置している秀才で、この地方では有名な市会議員の息子さんと聞けば響きはいいが、彼の振る舞いは妻も私も気に入らなかったのです。顔はハンサムなのだが、とにかく行儀が悪いのです。目上の者にも馴れ馴れしく話しかけるし、靴を脱いだら脱ぎっぱなし、本を読んだらかたずけもしない、お菓子を食べて、ぽろぽろこぼしても気にしない、校則違反ぎりぎりのぱさぱさの薄い茶髪。女の子との付き合いも派手で、良くないうわさもたまに耳にしたものです。

 私と妻は、何度か付き合うのは止めるように注意しました。息子は正直に頷いて「わかった」と言ってくれたのでひとまず安心しました。

しかし、息子はどうやら私が仕事に出かけている時に、K君を家に招いているらしいのです。妻も何度もそれとはなしにK君に注意したらしいが、はぐらかされて聞き入れてくれないらしいのです。

ちょうどその頃は、会社も忙しく夜遅くなるのが当たり前だったので、昼間の様子を把握する事が難しかった状態でした。そして、3ヶ月ほどたったころです。日曜日に外出することが徐々に多くなっていった妻が、去年のクリスマス・イヴに珍しく外泊したのです。

 すぐに帰ってくるからと言って。だが、妻は夜中の12時頃帰ってきたのです。いつもなら家族三人で祝うのが当たり前となっていた。時計を見ながら注意すると、妻はどこか慌てた様子だが、どこか嬉しそうな潤んだ瞳であることに気がついたのです。しかも、その手には綺麗に包装された小さな箱を握り締めていました。

 妻に問いただすと、昼間友人と買い物をして、友人の家に買った物を取りに言ったらしい。ついつい話こんでしまって遅くなった事を謝った。私も仕方がないのでその場は許しました。

 その日を境に、妻の口からK君の話も出なくなり、息子に関してはひとまず安心しました。だが、今年のバレンタイン・デ−に私は、台所でまるで女子高生のように楽しそうにチョコレ−トを作っている妻を見て、自分に贈るものだと思い、見てみぬ振りをしていました。しかし、予想に反して妻から貰ったのはいつものス−パ−で売っている安いチョコだったのです。

 いやな予感がしました。そしてその時、私は確信しました。妻は浮気をしていると・・・・もしや・・・

 私は会社を早退し、家の近くにある空き地に身を潜めて、何日か監視した。すると、もう家に来ないはずのK君が、堂々とした態度で、玄関の呼び鈴を鳴らしたのです。どうやらまた学校をサボったのだろうと思いました。だが、それより驚いたのは妻の態度だったのです。ドアを開けると、嬉しそうにK君の手を引き、ドアを締めるとき彼に抱きつき、辺りを気にすることなくキスをしたようなのです。

 そして、K君が妻の腰に手をまわしていたようなのです。私はあまりのショックその場から逃げたくなりました。だが、ふと我に帰った。不思議な興奮状態でもありました。

 もちろん、あんな若造に妻を寝取られてただ見ているのは自分のプライドが許さないと言う怒りもあったのですが。何故か、私は気づかれない様に静かに家に入ると、なんと、2階の私達の寝室から喘ぎ声のようなものが聞こえてきたではありませんか。

私は二人に気づかれないように階段を上って、そっと少し開けっぱなしになっている寝室の中を覗きこんで見ました。

そこには自分の息子と同じ年齢の少年にしがみつく妻の姿があった。私は興奮しました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年5月21日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【寝取られ】嫁が入っていたサークルは、乱交サークルだった 【NTR】

今日は、嫁が遠い親戚の法事で、実家に泊まりで行っているので、久しぶりの独身気分で浮かれていた。



俺は28歳で普通の会社員。嫁の里香は26歳で、結婚してまだ2年だ。

付き合い始めて半年ほどで結婚したので、まだまだラブラブだ。

里香は155cmで、50kgを切る体重なので、小柄で可愛らしい感じだ。美人とは言えないかもしれないが、リスみたいでなんか愛嬌がある。

いまだに学生に間違えられることも多い里香だが、胸だけは爆乳だ。

見た目の幼さと爆乳はギャップがあり、そこが俺の好きなところでもある。





まだ子供作りは始めていないが、そろそろ作りたいなと話しているこの頃だ。



とくに倦怠期でもなんでもないのだが、久々の一人はちょっとウキウキする。



とは言っても、会社もあるし、とくにしたいこともないのがホントのところだ。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年4月20日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【人妻】自分の趣味で妻を他人に・・・【拝借】

私にはちょっと変わった性癖があります。

妻と結婚し、3年が過ぎますが、まだ子供がいません。

30後半の晩婚(妻36歳・私40歳)だったので、半分諦めています。

お互い夜の営みも人並みにしている方だと思っていますし、

まぁそれなりに満足していましたが、それ以上に興奮する事を知ったんです。以前から、レイプとか他人妻といった名目のDVDに興味があった私は、結婚と同時に

妻が他人に・・・何て考える事もあったんです。

そんな願望も年々増し、妻を道具や色んな体位で弄ぶ様になり始めました。

エッチが嫌いではない妻も、そんな私のお遊びに付き合ってくれていました。ある日、妻が同級会に参加すると言う事で、参加する時の服を選んでいました。

「久々の同級会何だから、大人っぽい(色っぽい)服装で行って見たら・・・」

「そうかな?変に見られないかな?」

「そんな事無いよ、綺麗だねって羨ましがられるかもよ」

「そう~ぉ?・・・」

そう言って妻が選んだ服装は薄緑のワンピースで丈も短めで、胸元も開いた感じの物だった。

学生時代は、痩せていてショートヘヤーだったので、今とは別人・・・。

今は、大人っぽく肉付きが良くなって、胸も大きくDカップ、ストレートのロングヘヤーだ。同級会当日、妻は念入りに化粧をし、ワンピースを着ていたが10歳は若く見え、しかも色っぽい。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年4月16日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ