【姉ちゃんと】真夏の夜の夢[15]【エッチ】

ありきたりな表現だけど、このかわいさは犯罪であろう。最近はマサルの態度ばかり気に

なってよく顔を見ていなかったので、そのことをそれほど意識はしていなかったのだ。確

かに俗に言う美男子ではあったけど、そうゆう類とも少し違い、とにかく絶妙なかわいさ

なのである。私はマサルのおでこに汗で張り付くくせ毛をそっとどかした。

 ミサキはマサルの足首とふくらはぎを両手で支えまっすぐに整える。もう一方の足も整

え終えると私たちの作戦の第一段階は終了した。股はわずかに開かれていたが、「大の字」

というよりも「小の字」になっていた。やはりマサルには「大」は似合わないわ、そんなこ

とを思いながら滑々の腕をなでてみる。少し湿り気はあるけど、そこには産毛すら感じられ

ない。ミサキも負けじと太ももをなで、私の方を振り向き笑う。

「やっちゃいますか」、私は静かにささやいた。

「ますか」

そう言うとミサキはベッドに上がり股の間と左足の横にそれぞれ膝をつき、両手をパンツの

ゴムに添えた。それは女子中学生が小学生を今にも犯そうとする瞬間に思え、私はズドンと

いう衝撃を体に受けた。やばい、この光景はやばすぎる……。私はまだ彼氏とのセックスに

も快感を覚えたことはないのだけれど、この光景にはさすがに下半身が緩むのを感じた。ミ


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月27日 | エロ体験談カテゴリー:姉ちゃんとの体験談

【姉ちゃんと】真夏の夜の夢[14]【エッチ】

 私たちはまず布団を抱くマサルの腕を解くところから始めた。ベッドに片膝をつき、静かに指を一本ず

つ広げていく。マサルの手は汗ばんでいた。一本、また一本。その様子をミサキはマサルの足の方から興

味深そうに眺めている。手が布団から離れると、手首をそっと両手で掴み横へずらしていく。一瞬、マサ

ルの寝息が大きくなった気がして、二人ともその状態で制止した。その時のミサキの顔ったら、眼をまん

丸にして、子供のシーサーみたいなんで、そのせいで思わずマサルの腕を落としてしまいそうになった。

それからしばらく待ってその腕をベッドのわきにそっと置いた。

 マサルは見事に仰向けになり、両手はだらんと横に広げられている。だだ、あとは丸まった布団がマサ

ルを縦に二分するように乗せられているだけだった。ようし、そう心に呟き、私は上半身にかかる布団を、

まるで宝を覆う布を取り払うかのように、そっと慎重に持ちあげた。その間にミサキはマサルの右足に引っ

かかる布団を取り外す。私はミサキの手際の良さに感心した。そして、私たちは細長い布団の両端をそれぞ

れが持ち、それを床の上に危険物でも取り扱う業者のようにそっと置いた。私たちは一瞬見つめ合い、そし

て再びマサルに視線を戻す。

 マサルは文字通りパンツ一枚の姿でそこにいた。無防備にも片膝を曲げ、口をぽかんとあけて寝息をたて

ている。いたずらじみた八重歯がわずかに見える。それは先ほどよりもいくらか深い眠りに入っているよう

だった。あらためてマサルの体を眺めていると、やはりとても中学生の体格とは思えるものではなかった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2017年12月26日 | エロ体験談カテゴリー:姉ちゃんとの体験談

【フェラ】妻の同窓会、いかせますか?【クンニ】

男性の皆さんは、彼女や奥さんに同窓会いかせますか?私45歳、主人44歳、2人の子供がいます。

ごく普通の家族です。

子供達は大学やらで家を出ていて、現在は主人と二人きり。私と主人とは初めて同士で、お互いに他の人は知りません。

私は昔から周りの人に清楚というくらいにふしだらな事は苦手で真面目と言われてきました。もうしばらく主人とはセックスレス。主人は求めてきますが私がその気にならないし断っています。

いまさら主人に男を感じることもなくなっていました。大げさにいうと主人に触れられるのも気持ち悪いとも思ってしまいます。

もう主人を愛してないのかというと別にそこまでじゃないんですけどね。年齢的なものでしょうか?

性欲がなくなったわけではないので、そんな気持ちの時もありますが主人としたいとは思わないのでオナニーで済ませます。

指でクリトリスを触って挿入しないでもすぐにエクスタシーに達し満足します。

頭の中では主人ではない他の男の人のペニスを舐めたり咥えたり。私の大切なところを舐められたり。主人とはしないような色々な体位でセックスしてることを想像します。たまに数人の男の人を相手することも想像します。数人の男の人に脱がされ、アソコを広げられ何人もの男の視線で犯されて、体中を触られ舐められた後に代わる代わる私の穴に男達のペニスが挿入され犯される。

そんなことも想像してオナニーします。

そんなことなら主人とセックスしたらいい気もしますが、なぜか面倒と思ってしまいます。

つい先日あった実話です。

そんな私に先日、同窓会があり参加しました。同窓会のため実家に行くことになり数日間行きました。

久々に会う同級生と懐かしい昔話をして盛り上がり、あっという間に2次会まで終わってしまいました。

22時でした。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月26日 | エロ体験談カテゴリー:フェラ・クンニの体験談

【M男】女性センターの悪夢①【痴女】

 うちのアパートから徒歩4~5分のところに、公共の施設があります。 名称は、“女性福祉センター”とか、“女性総合教育センター”とかそんな感じで、僕のような男の独身者が足をふみ入れていい 場所ではありません。(過去にトイレを借りようとしたら、受付のお姉さんに「ここに男性トイレなんてありません!」と言われて追い払われたことがあります) この中でなにが行われているのか・・・・平日の昼間に、こんな施設を利用するのは、もっぱら近所の 奥さんたちであるように思います。

 ある夏の午後・・・・センターの前を通りかかると、近所の奥さんたち三~四人がコンビニ袋をさげて 建物の中に入っていきました。夏休みのせいか、母親につきしたがう女子生徒の姿も見えます。 こども会かなにかの会合でしょうか。

 ・・・ところが違いました。隣のアパートに住み、たまに挨拶するぐらいしか面識のない、主婦の 凉子さん(37歳)が、話しかけてきたのです。それも、尋常ではない命令口調で。 「あら、◎◎くん。いいところで会えたわね。いまから、あなたのうちまで迎えにいくつもりだったのよ。 まったく、ナイスタイミング・・・・ってやつね」 あ、あの・・・・・・なんのことでしょうか?? 「いいから、来ればわかるから。でも、一応簡単に説明てあげると、このあいだの、わたしの、 ベランダの洗濯物の件・・・・と言えばわかるかしら?」 げえっ!やっぱり、ばれていたんだ・・・・。実は、一週間ほどまえに、凉子さんのベランダから、風で 飛ばされた下着を一枚、頂いたことがあるのでした。 これで僕はすっかりしどろもどろになり・・・・・・鋭い目で睨む凉子さんの命令を拒むことはとうてい許されず、 気がつけば、他にも三~四人の主婦に取り囲まれ、半ば強引に、“女性センター”の中へ 引きずり込まれたのでした。



 怖ろしいことに、センター内には、たくさんの女性が待ち受けていました。大半は、地元で小学生の娘を持つ、 比較的年齢の若いお母さんたちです。娘とペアで座っているのがそうで、制服を着た女子中高生の姿もあります。 スーツを着込んだ女性がふたり。小学校と、中学校の教師であることが、女性たちの会話からうかがえました。 あっ、前に僕にトイレを断った受付の女性(三十前半くらいで、茶髪で、背が高くて、こわそう)も加わっています。 僕は、凉子さんにぐいぐい引っぱられて、茶髪の受付嬢に背中を押され・・・・女性たちのいる会議室に姿を 見せると、そこでは大ブーイングの嵐が巻き起こりました。 みんな、僕のことを、凉子さんの下着を盗んだ、とんでもない変態野郎だと聞かされているのでしょう・・・。

 「ヘンターイ!!」 「最~低!!」 「ありえな~い」 「帰れ、帰れ~!!」などの野次が飛びます。 あの、帰っていいなら帰りますけど・・・。 小声でつぶやいてみたところ、凉子さんがとんでもないことを言いました。 「ダメよ。ここにいる女性たちが、こんな暑い日に、なんでわざわざ集まってくれたと思うの?最低の痴漢であり、 変態野郎のあんたを、みんなでお仕置きするためにやって来たのよ。それも、痴漢の被害に遭いやすい女の子たちの目の前でね」 あまりのことに、僕は呆然としてしまいました。 お、お、お仕置きって・・・・・・い、いったい、なにするんですか? 凉子さんは答えませんでした。ただ目を細めて・・・鮮やかなルージュの口元をゆがめて、 笑ったのだけは、僕の目にはっきりと映ったのでした。

 そのための舞台は、すでにととのえられていました。

 女性教師と、数人のお母さんたちが指導的な役割を果たし、他の二十人近い女性を上手く まとめています。 僕は会議室の一番奥、一段高くなったところに、正座させられました。

 指導者のひとり、今瀬梨津子という四十代の女性 (この人には高校生の娘がいて、この集会にも加わっている)が、低い声で言いました。

 「正座の前に、服を脱いで」 僕は、最初、なにを命じられたのか分からず、まじまじと彼女の顔を見てしまいました。 「聞こえなかったの?正座する前に、服を脱ぐの!下、パンツだけはいていいから」

 二回目の彼女は、まゆげがつり上がり、とても怖い顔で言いました。 え・・・・・・な、なんで、服を脱がなきゃならないの? 僕はとまどい、唯一顔見知りの凉子さんを探しました。 大人と子供、あわせて二十五人ほどの女たちの中に、煙草に火をつける凉子さんの姿がありました。

 彼女は僕と目が合うと、ちょっとだけ笑い、

 「言うこと聞いた方がいいわよ・・・。梨津子さん怒らすと、お仕置きどころじゃ、済まなくなるわよ」

 そう言って、煙草の煙をはきました。 今瀬梨津子だけでなく、女性たち全員が、怖い顔で僕を睨んでいます。 会議室の扉が閉まり、内側から鍵がかけられました。窓には分厚いカーテンです。 「ほら、ぐずぐずしないで、早く脱いで!」

 三十代半ば、めがねの女教師が、僕の尻を叩きました。なんか見たことあるなと思ったら、中学のとき習った小菅美帆先生(音楽)です。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | エロ体験談カテゴリー:M男・痴女の体験談

【姉ちゃんと】真夏の夜の夢[10]【エッチ】

 伯母が勤め先の熱帯魚ショップから帰って来たのは十一時頃だったと思う。私はかけていたジャズ音楽

のせいか半分夢の世界に入り込んでいた。どんな夢だったって、それは女子高生にはあまり口に出せるよ

うなものじゃなかったってのは確かね。部屋に戻ってからずっとマサルのあれのこと考えていたんだし、

だってさっきマサルを見ていたときに脇の毛すら生えていなかったのだもの、それじゃあ下の毛だってあ

やしいじゃない。もし、そうだとするとあれにさわることになるのは私ってわけね……。そんなことをぼ

ーっと考えながら見た夢は、結構変態的な夢だった。私はリモコンでソニーのコンポの電源を落とし、静

かに廊下へと出る。ミサキの部屋から枠淵に沿って明りがもれているのを確認し、そっと扉を開いた。

「ミサキ、ちゃんと起きてたの?」、私は小声で言った。

「あたりまえじゃん。だってさすがに寝られないよ、ねえ」、ミサキがそう言うと、私は少し恥ずかしかっ

た。「何時頃に決行?」

「決行」、私はその部分をなぞるように言い、そしてまた「決行」と言った。

「そう、何時頃?」

「そうねえ。今日はお父さんは帰って来ないから一時頃なら大丈夫だと思う」

「ラジャー!」、ミサキは片手を水兵のようにおでこへ添えて言った。水色のパジャマを着たミサキは作戦

決行前の水兵そのものだった。「おねえちゃん、寝ないでよ」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | エロ体験談カテゴリー:姉ちゃんとの体験談

【M男】女だらけのレクレーション(5)【痴女】

「じゃあ読みますよー、馬の耳に~」  「はいっ」

優子ちゃんが4連勝し、健太君はとうとうズボンを脱ぐところまで来てしまった。

「キャーーー」 と、女の子達から大歓声が起こる。

健太君は、既にズボンとパンツだけなのだ。

「健太、念仏でも唱えたら、アハハハ」 と、千夏からも言われる中、健太君はズボンを脱いでいく。

「キャーー、パンツ一丁だわ」 と、女の子の一人が言うと、それは直ぐに、女の子達による‘あと一枚コール’へと変わっていった。

「ちょっとあんた達」 と、お母さん達が言うのだが、それは決して注意ではなく、むしろ娘達と一緒に楽しんでいる様にも見える。

そんな皆の様子を見て、満足気な顔をする真理子も、

「優子ちゃん、遠慮は要らないから、健太にトドメ刺しちゃいなさい」 と、優子ちゃんを応援する。 そして遂に、

「健太、次負けたら終わりだからね。 じゃー行くわよ、溺れる者は~」  「はいっ」  「あっ」

なんと、今度は健太君が素早くカルタを取ったのだ。  が、しかし、

「健太、それ違うカルタじゃない、お手付きよお手付き」 と沙希が言うと、

勝負は、呆気ない形で決着した。

そう、お手付きも、一枚服を脱ぐのである。

そして、決着がついた瞬間、女性陣から今日一番の大歓声が上がった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | エロ体験談カテゴリー:M男・痴女の体験談

【フェラ】人妻Mの告白1【クンニ】

私は42歳の主婦Mです。誰にも話してこなかった自分のことを書きたいと思

い投稿します。主人(42歳)とは学生時代から付き合って結婚し、現在、大学生と高校生

の子が2人います。

主人の親は北海道で自営業を営なんでいて跡継ぎのために18年前に都心

から北海道へ来ました。

現在は子供のことにも少し手が離れ自分の時間を持てるようになりました。

そんな時にネットで告白の投稿を見て自分も人に話してみたいという気持ち

になりました。

私の実家は子供の頃から厳しかったせいもあり、私は性に対して疎く、

セックスに対しても少し罪悪感を持っていました。

エッチなこと=悪いことというイメージが私の中ではありましたが、色々な

告白の投稿を見て、衝撃や刺激を受けながらも毎日エッチな告白を見てしま

う自分に正直驚いています。今回の告白はロストバージンのことを書きたいと思います。

皆さんが書いてあるような特別刺激的なものではないのですが…なるべく

露骨な表現で書こうとお思いますが、初めて書くので変でも我慢してくださ


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | エロ体験談カテゴリー:フェラ・クンニの体験談

【学校で】CFNMスカートめくりのお返しに【エッチ】

小学5年の時、クラスでスカートめくりが流行っていた。

隙をついて女子のスカートをパーッとめくって逃げるんだけど、

いつしか女子の方も、男子のチンコを揉んで逃げるという反撃をするようになっていた。 学校が終わったからも時々遊んでいる仲のいい先輩小学6年生の女の子がいたんだけど、

その子のスカートをめくったり、逆に反撃されたりもしていた。

ある日その先輩小学6年生の女の子の家に遊びに行って遊んでいる時に、スカートめくりの話題になった。

「なんで男子はスカートめくりをするの?」と聞かれた。 最初はみんながやってるからとか遊びでやってるとか答えてたんだけど、

しつこく聞かれたので「見ると嬉しいし、なんか興奮する」と正直に言うと、

「そんなに見たいの?・・・じゃあ見せてあげようか」

と言ってきたので「うん」とうなずくと

立ち上がって自分でスカートを捲ってパンツを見せてくれた。

俺は興奮しながらアソコの部分ばかりを凝視していたと思う。 しばらくしてその先輩小学6年生の女の子が「○○くんのも見せて」と言ってきた。

「僕のパンツが見たいの?」と言うと、「おちんちんが見たい」と言ってきた。 めちゃくちゃはずかしかったけど、その時は

「なんでそっちがパンツなのにこっちはちんちんを見せなきゃならないんだよ?」

なんてことは思わず、

見せてもらったんだから見せなきゃならないという思いでいっぱいだった。 俺は膝立ちになって半ズボンとパンツを下ろすと、その子は顔を近付けてまじまじと見てきた。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【初体験】マッサージ業【大人】

私は40代の女性。自宅でマッサージ業を営んでいる。

今日のお客さんは24歳の就職浪人生。芳樹くんだ。

初めまして。よろしくお願いします。

今日のご希望は全身コースですが、局部コースも

試しに受けてみませんか?

局部?芳樹が不思議そうな顔をする。

はい。皆さんされた後は気持ちよさそうにしてますし、一緒に

受けられたら500円お安くなります。

わかりました。します。

ではこちらの同意書にサインをしてください。はい。

芳樹がサインをするのを見届けてから。ではベットに横になってください。

はい。足から順番に。お尻、背中といって最後に股間を

手のひらで撫でまわす。

あっ!じっとしててください。すみません。

芳樹が興奮し始めた。少し先がぬれ始めてきたが


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2017年12月25日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【学校で】CFNM小学校6年生の時に【エッチ】

小学校6年生の時,ちょっとかっこつけてる下級生(小学校4年生)の男子がいたんで、体育倉庫に呼び出して,女子数人で囲んで裸にさせて観察した。そしたら、そいつのアソコがおっきくなってきたから、

みんなで触ったりしごいたりして遊んでたね。そいつは半泣きだったけど、気持ちいいのか時々声だして

そのうち精液出したと思ったら、本気で泣き出しちゃった。(笑)それからもしばらくそいつで遊んで、後はそいつの服を女子トイレに捨てて帰ったよ。今思うと…そいつ、どうやって帰ったんだろうね?


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

このページの先頭へ