【人妻】夢【拝借】

ほんと笑い話のような出来事なんですが、今年の夏の民宿での出来事です。



先日友人夫婦と子供連れで海水浴に行きました。みんな日頃のストレス発散にほとんど寝ずに遊んだあげく、新鮮な魚介類に舌鼓を打ち、お酒もたくさん飲みました。9時ごろには子供たちがダウンし、子供たちを寝かせに奥さんたちも部屋に寝に行き、ぼくと友人二人でお酒を飲んでました。



多分11時をまわったころか、友達もその場で寝てしまい、食堂で寝かせるわけにいかないので、部屋につれてかえり「おやすみ」を言った後私も部屋へ戻り、床につこうとしました。横では母子仲良く寝ています、見ると今日は珍しく可愛いパジャマです。ついムラムラして胸のボタンを解き、オッパイにむしゃぶりつきました。



妻も、寝たままの状態でしたがしたい様にしてという状態です。

私も疲れているせいか、あまり無理な体位は出来なかったので、妻の背後 から横向けにオッパイを触りながらオマンコを頂戴しました。今に思えばいつもより大きなオッパイ、しまりのいいオマンコ、気がつかないわけないんですが、ぜんぜん判らなかったんです。



そのまま朝になり、目が覚めると横には友人の奥さんがすやすや寝てます。足の片方にパンティがぶら下がり、お尻からは多分私のものと思われる精液が流れ糸を引いてます。パジャマは剥ぎ取られ(多分剥ぎ取ったのは私)オッパイはあらわに。いったいどういう状況かわからないうちに、奥さんが目を覚ましました。



奥さんも状況がわかったかわからなかったのか、それでも私とSEXしたことだけはわかったようです。とりあえず「ごめんなさい、相手を間違えてしまったようです」とありのままを告げ、昨日の状況を説明しました。



ふと気がついたのですが、隣はどうなってるんだろう?




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月6日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】複雑【拝借】

親友は36歳の独身。

そんな親友から、お願いしますと頭を下げられた。

実家の母がお見合いの写真を持って来るとの事

結婚する気のない親友は、その日だけでいいからと俺の妻に恋人のフリをして欲しいと。

その事を妻に話すと、何気に乗り気で面白そうと悪戯な顔をしてたのでOKした。

待ち合わせ当日、妻は普段着ないスカート姿 白のワンピースで、俺から見てもいい感じな見た目で出かけた。

帰って来たのが夜の10時を過ぎた頃で、その日は食事をしてドライブと観光後に料亭で夕食を食べて来たとの事です。

その後、3回も母親が来る度に恋人のフリをして出かけました。

妻的には、美味しい物を食べれて観光できるのが楽しくて、いつでも誘われたいと言ってました。

そして先週末、成り行きで熱海に一泊旅行に行ってしまったのです。

母親は、気を利かせて別部屋を用意してくれたとの事でしたが

別 の意味が違いました。

母親が別の部屋だったのです。

妻も親友も知らなかったとの事ですが、親友から電話が来て俺に詫びました。

俺は何故か変な興奮が生まれて、親友に言いました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2014年10月5日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】幼い頃に、叔母にエッチな事をして楽しんだ【拝借】

もう11年も前の話になる。

私が9才の頃、母親の実家によく行って遊んでいた。

当時、母は28歳は仕事が忙しいと私を実家に預けて仕事に向かっていたんです。

母の実家には、兄夫婦(33歳/27歳)が住んでいたんですが、まだ子供も居ませんでした。

俺の他にも、母の妹の子供(レン5歳・みっち7歳)が預けられ、その世話役を兄の妻(レイちゃん)が

見てくれていた。

レイちゃんは子供が好きだった様で、いつも一緒に遊んでくれていたんです。

母の実家は農家だったので、祖父母はいつも田畑に行っていて、家にいるのは、レイちゃんと

オッピ爺ちゃん(当時74歳)と僕たちだけでした。

その時は、仮面ライダーゴッコと言いますか?まぁヒーローと悪役って感じで、レイちゃんが悪者役です。

奥座敷で、座布団や敷布団を利用し大はしゃぎ!玩具の剣や鉄砲で”バンバン”言いながらレイちゃんを

攻撃していたんです。

レイちゃんも本気で遊んでくれるから、私達も本気でアタックしていると、レイちゃんが布団に倒れ込んだんです。

その時、レイちゃんはミニスカート姿だったので、白いパンティがモロ見えです。

まぁ子供ですから、相手にしてみれば関係無かったと思うんですが、当時の私はちょっとマセていて、


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2014年10月5日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】40女さんに共感です【拝借】

私は30代半ばですが、胸チラで楽しんでいます。

もちろん旦那公認ですよ!

ここ数年、女性が楽しむ胸ちらブームみたいですね!

旦那の後輩を我が家に連れてくる時は結構ワクワクします。

その時は、乳首まで見える様、ブラのひもをゆるめます。

その子は私の胸を強引に覗こうとはしません。

おしゃべりな子ですが、エッチな話はNGです。

だからこそ見せたくなるんです。

見られて感じれるんですから。プチセックスって感じ。

視線を感じた時は・・・一言で言うと快感です!

旦那にとっては、私の胸を見られたとか、見せたりとかは、

かなりの動揺があるみたいですね。

本能的に、私を独り占めしたくなるみたいです!(結構うれしい!)

40女さんがおっしゃる通り、女になるのか、おばさんになるのかは

大胆になるか、ならないかで、極端に変わってきますよね!


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||

2014年10月5日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】睡眠薬で眠らせた妻に夜這い      友人妻編【拝借】

私の妻を友人に抱かせてから2週間が過ぎようとしている時です。

巨乳の奥さんを持つ友人から飲みの誘いがきたんです。私はもう一人の友人と彼の家に向かいました。

玄関を開けると、奥さんが立って迎えてくれたんです。

相変わらずの巨乳です。服を着ている上からでも十分に大きさが分かる位です。

何年振りに見る彼女は、若干老けたでしょうか?リビングに入ると、友人が幼い子供を抱き座っていました。

「よく来たな!まぁ座れよ」

「あ~子供か!随分大きくなったなぁ。何才だっけ?」

「もう3歳になるよ」そんな中、奥さんがキッチンで夕食の準備を進めていた。

「本当にいいのか?今日抱かせてくれるんだろ」

「あ~いいよ!そのつもりで来たんだろ!」

「奥さんいくつだっけ?」

「もう34になった。大分体の張が無くなって来たけどなぁ」

「でも相変わらずデカいなぁ・・・何カップだっけ?」

「Gだったけど、最近Hになったとか言ってたなぁ」

「Hカップ!!!パイズリ出来るなぁ」そんな事を考えているだけで、股間がMAX状態だった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年10月4日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】ボロアパート【拝借】

去年の夏、私は妻と結婚しました。

なかなかいい女性に巡り合えず、気づけば37歳になっていた。

そんな時、妻(綾)と出会い系サイトで出会いました。

綾の家族は片親(母)だけで、家計が大変という事で綾は弟の学費を仕送りしていたので

付き合っていた男性とも結婚することなく、結局飽きられ30を過ぎた頃には1人寂しく生活

をしていた様です。

そんな綾も33歳で、私と出会い結婚。お互い遅いスタートとなりました。

私達は、子供も欲しかったんですが、MY HOMEも欲しかったので、資金を貯める為、安い

アパートで暮らす事にしたんです。

築30年だけあって、家賃も安く外観はリホームされ多少小奇麗でしたが、中はやはり古い作り

で、隣の声は聞こえる位薄い壁でした。

初めだけと綾とも相談し、我慢する事にしたんです。

引っ越して直ぐに、ご近所周りをしました。

1階には、老夫婦(60代)1組、2階には隣に50代の男性(独身)と40代の男性

(単身赴任)が住んでいるようでした。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2014年10月4日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】彼女兼妻は美人CA【拝借】

僕は1年前ある事で悩んでた

当時僕は19で彼女は25歳で有名航空会社の添乗員をしていました。まぁ今も何ですが。

彼女は僕みたいなガキにはもったいないぐらい綺麗で胸が大きくスタイルもよく優しいので毎日甘えていました。

年齢の事もあり彼女は結婚願望が強く「いつ私を**くんのお嫁さんにしてくれるの」なんて言ってきました、嬉しいんですが、はっきり言って幸せにしてあげる自信はありませんでした。

まだガキだったし、仕事も金融会社に勤めていますがまだまだ半人前で給料も高くなかったし、でもこんないい女はいないと思って悩みました。

所が悩んでもいられなくなってしまいました。彼女から妊娠したって打ち明けられ彼女は泣きながら結婚してと言ってきたので、もう迷ってもいられねぇなと決心しました。

彼女はすごい喜んでくれましたが当の僕は内心不安で一杯でした。彼女は給料もいいし姉さん女房的存在で僕をしっかりサポートしてくれます、でもやっぱり19と言う年齢がネックだった

まぁそれでも結婚して子供が産まれ幸せに、と思ってましたがやっぱり不安が的中して、若気の至りと言うのかお客を契約の問題で殴ってしまい、そのまま責任を取って辞めました。

それからは僕がバイク便の仕事をしながら子供の面倒をみて彼女が働いてくれています。

不安どうりになってしまいましたが子供も可愛く、彼女も相変わらず美人でスタイルも変わらなく、たまに制服姿を見るとすごい綺麗でやっぱり結婚して良かったと思います。

最後に彼女との出会いを紹介させてもらうと親父の田舎に一人で行くのに飛行機に乗り、その時の添乗員が彼女で、飲み物を頼んだときに彼女が僕のズボンにこぼしてしまい拭いてもらっているうちに勃起してしまい、「もう大丈夫です」と断りトイレで抜こうと思い行くと彼女も心配して付いてきて、まぁあとは勃起に気付いた彼女にお詫びと言って口で抜いてくれました。

そのあとは僕の携帯の番号を教えて、ちょくちょく電話やメールて仲良くなり彼女と住んでいる県も近かったので遠距離恋愛の形で付き合い、僕が19になり上京して彼女のマンションで同棲し今にいたります。

まぁ初めの出会いは少し現実離れでしたが本当なので運命ってわからないものです。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2014年10月4日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】近所の変出者と私【拝借】

これは、最近起きた出来事で、内緒話です。

夫と結婚し2年が過ぎました。

まだ、子供も出来ない状態です。

夫:37歳/私:25歳専業主婦(由香)/義父:60歳 嘱託社員

夫と結婚して、2人で暮らしたかったんですが、義父も1人(義母は別れた)で

淋しいだろうと、一緒に住むことになりました。

夫の実家は、街外れの山に囲まれた集落で、何も無く私は暇な毎日を送っていました。

まだ、若い私は性欲も強く、夫に求めるんですが、夫は1回/月位しか相手にしてくれませんでした。

私は、昼間1人オナニーをして欲求を解消していました。

毎日家の中でのオナニーに飽きた私は散歩しながら家周辺を探検すると、家の裏山に神社がある事を

知りました。その神社は、小奇麗で裏にはプレハブ小屋が設置され鍵もかかっていないので

中に入る事も出来ました。

中には畳が敷いてあり、お祭りの時に使う道具が締まってありました。

神社の正面には、集落が一望出来しかも遠くには街の中心部も見えました。

開放感から、私は無性にオナニーをしたくなり、裏のプレハブに入ると思いっきり逝くことが


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年10月4日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】計画的混浴〜2〜【拝借】

これから目の前で夢にまで見た妄想が現実のものとして、妻が男二人によって弄ばれようとしている。

それを考えると私の男根も徐々に固さを取り戻し、無意識の内にそっと手を添えていた。

洗い場へ向かっている三人を見ると、まさに二匹のゴリラに捕まった全裸の女といった感じだった。

日に焼けた筋骨逞しい二人の男、足から続いている毛は尻全体をも覆い尽くし、

その二人の黒さとは対象的に、色白の背の低い妻の素肌が、ピンク色に染め上げられている。



歩く度に妻の大きく張った乳房がゆらゆらと揺れ、その動きに合わせ、

二人の天を突く程に固く勃起した男根もメトロノームがごときに歩調を合わせ、

右に左に大きく揺れていた。

洗い場に着くと、妻を立たせたまま私の方へ裸体を向け、手にボディーシャンプーをたっぷり付けると、

一人は立ったまま、一人は床に胡座をかいて、上と下を同時に洗い出した。

妻の体に艶かしく男の4本の手が絡みつく。

上の方では、既に妻の隠した胸の手が外され、たわわに実った左右の乳房が大きな毛だらけの

手によって優しく包まれている。

下のほうでは、男の手が足の先から徐々に太股へ撫で回すように登っている。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年10月3日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】近所のガキどもの妄想が【拝借】

 いつの時代もそうだが、きれいな大人な女性には憧れがあるみたいで、

近所の中学生、高校生ぐらいの男の子が自分の妻をおかずにしてるみたいだった。

どうやら、写真も出回っているようで、そこそこな値段で取引されてるみたいだ。

 その写真をみながら、毎日自分の息子をコスって妄想上の妻にどんな変態的な

行為をさせてるのかと考えると、ゾクっとしてしまう。

 一人の男の子が近所の本屋で友達に対して

「あー、一度でいいからあんな人とHしてみたいなぁ。」

という、つぶやきを聞いたとき、自分の息子は今までにないくらいの勃ちでした。

 最近、マンネリ気味な夜の営みを考えると、3Pもいいかなとか思えきた。

その男の子が一人になるところを見計らって、事情を話し、電話番号とメアドを交換して、

その日はわかれた。

 妻をとっとと説得して、3Pを経験するため奔走してました。

続く…


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||

2014年10月3日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ