【寝取られ】ロリ妻環奈と高校生の彼氏2 【NTR】

僕には、見た目が未成年……どころか、子供にしか見えないような妻がいる。実際の年齢は27歳という、そろそろおばさんと呼ばれる年齢だ。でも、いまだによく補導員や警察官に声をかけられるし、夫の僕から見ても、正直子供に見えてしまう。

AAカップのぺったんこの胸に、やめた方がいいと言ってもかたくなに変えないツインテールの髪型も、より環奈を幼く見せていると思う。



環奈は見た目と同じく、中身も子供そのもので、無邪気で純真だ。昔リストランテでシェフのまねごとをしていた僕が、環奈のために夕食を作っている時、椅子に座ってブランブランと幼児みたいに足を揺らす仕草が、僕は大好きだ。

27歳にもなって見た目も中身も子供なのは、本当ならば問題なのかもしれない。でも、ロリ属性の僕にとって、環奈は理想の天使なのだと思う。



そんな環奈との毎日は、幸せそのものだった。でも、環奈が高校生のタケル君にナンパされたことで、僕と環奈の関係に大きな影響を及ぼし始めた。



#8212;#8212;『ダメだよw タケル君が先だもん#9825;』

環奈は小悪魔のような顔でそう言うと、手の平に垂らした僕の精液をティッシュで拭い始めた。僕は、まだ環奈に飲精してもらったことがない。そして環奈は今、僕のを飲むよりも先にタケル君のを飲むと宣言した。

もちろんそれは、僕が寝取られフェチであると断定した環奈の挑発だと思う。本気でそんな事をするつもりはないはずだ。

結婚して以来、一途に僕だけを愛してくれている環奈が、他の男のモノを飲むなど、あり得ないと言い切れる。

でも、僕はその光景を想像すると、信じられないくらいに興奮してしまう。



『なんでもうこんななの?』


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年3月3日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【教師】家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった3 【先生】

前回↓







16話



千佳 「ふぅ……さっぱりした。」





お風呂から上がった千佳は、濡れた髪の毛をタオルで拭きながらベッドの上に腰を下ろした。



ここは千佳が大学に入って一人暮らしを始めてから3年以上住んでいるアパート。



部屋の中は決して広くはないものの、女の子らしく綺麗に整頓されている。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2015年2月11日 | エロ体験談カテゴリー:教師・先生との体験談

【彼氏】田井中律とセックスした話 【彼女】

その夜、遅くに帰ってきた俺は発泡酒を飲みながら

いつものようにネットサーフィンをしていた矢先のことだ。

偶然にも昔付き合っていた彼女のブログにたどり着いてしまった。

いや、正直言うとカラダの関係はあったけれども、

正確には彼氏彼女の関係ではなかった。



ブログの中の彼女は元気に日々を過ごしているようだった。

OLというよりは専業主婦が似合うだろうなと思っていたが

まさに彼女はそのとおりで。

律子は1男1女の母親になっていた。

(プシュッ!)

思わずうれしくなった俺は普段は1本しか飲まない発泡酒を

2本目に手をつける。

今夜くらい良いだろう。

我ながらいい商談ができたし、自分へのご褒美だ。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年2月11日 | エロ体験談カテゴリー:彼氏・彼女との体験談

【友達と】濃いH【エッチ】

以前ネットで知り合った女子○生との話を書いてみます!

「失恋したので誰か癒して!」という書き込みに僕がメールを送ってみたんです。

 少しメールを続けてるうちに、彼女は僕の事をお兄ちゃんと呼び始め、そういう関係なら逢っても良いか!? って事になり、彼女に「海に連れてって!」と言われ逢う約束をしました。

 平日という事もあって待ち合わせ場所に現れた彼女は学生服とそれがピッタリな可愛い顔をした子でした!

 海に着き車を降りて、彼女を一人にしてあげて僕は少し離れた場所に腰掛けて彼女を見ていました。

 潮風に短いスカートが揺らぎ海のどこかを見つめている彼女は、悲しい時にも関わらず本当にかわいらしく太陽に負けていないくらいに眩しく魅力的です。

 しばらくして気が済んだのか、彼女は僕のところに戻って来ました。

 少し瞳が腫れぼったい気もします。

 僕は気晴らしにと思い、車からプラスチックのボールとバットを持って来て、彼女を誘いました。ボールが高く飛んで行くと、「キャッーお兄ちゃーん!」と、パンツをチラチラさせ、はしゃぎながら走ってます。そしてボールを拾う度にかわいくしゃがみ込む彼女、僕には彼女の白いパンティーが丸見えです!

 かなり野球ごっこをしたりサーフィンや海の話とかをして愉しみました。

 ちょうど昼を回った所だったので、「おなか空いたよね?何か食べようか、食事に行かない?」と誘うと、彼女は「靴の中も砂だらけだし、髪もバサバサで汗もすごいから、これなんとかしたい・・・」と、困った顔で言うではありませんか! チャンスなのですが、弱った事に彼女は学生服です・・・。

 海のそばのホテルや、部屋のきれいなホテルは知っている方なのですが、制服のままそういう人目に付く所には連れ込めません・・・

 そこでひらめいたのが、形式の古いモーテルで、車のまま部屋の横まで行けて、会計の際も誰にも会わないで済む所です。

 かなり若い頃、一度だけ行った事のある場所へと車を走らせました。

 するとあるではないですか、昔のまま健在です!


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月19日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】 婚約者を御曹司に肉体改造された 【NTR】

僕は背も低く、男なのに女顔をしているので、昔からよくイジメのターゲットになっていた。と言っても、殴られたりといった暴力的なヤツではなく、性的なイジメの対象になることが多かった。



中学時代は、ヤンキーみたいな奴らのボス的なヤツに、目を付けられるというか気に入られてしまって、無理矢理口でさせられたり、逆に口でされたりした。

ホモじゃない僕は、ただただ気持ち悪くて吐きそうな日々だったけど、他の奴らからは一切イジメを受けなくなったので、だんだんとその環境に慣れてしまった。



それからは、開き直って早くイカせるために、テクニックを研究したり、視覚的に喜ばせて早くイカせようと、女性の下着を身につけてあげたりした。



男物の学生服がはだけて、ピンクのブラが見えたりするとたまらないようで、すぐにイッてくれて楽だった。でも、そいつもやり方がわからないのか、お尻に入れようとはしてこなかった。それだけは本当にありがたかった。



毎日のようにそいつとキスをしたり、口でしたりされたりしていたので、逆に女の子への憧れというか、彼女が欲しいという気持ちがすごく強くなった。





性のはけ口にされた3年間が終わり、高校に入ると、念願の彼女が出来た。可愛くもないし、スタイルがよいわけでもないけど、嬉しくて仕方なかった。



3ヶ月くらいでキスをして、やっとセックスが体験できると思っていた矢先に、中学の時のアイツが現われた。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年8月6日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達と】ホームラン【エッチ】

 うちの野球部には、ひとつの“ごほうびルール”があります。それは、試合でホームランを打ったら、マネージャーとエッチできるというものです。

 マネージャーはわたしだけしかいないので、必然的にわたしがエッチすることになります。すべては甲子園に行くため、とわたしも割り切っています。4番バッターの吉田君とは、もう何回したか分かりません。

 だいたいホームランを打つ人はいつも決まっているのです。でも、今日は、意外な人が起死回生の逆転ホームランを放ちました。“バント職人”と呼ばれる、2番バッターの鈴木君です。

 試合を終えて学校に戻ると、マネージャー室に鈴木君がやってきました。すでに、顔を真っ赤にして緊張しています。

「あ、鈴木君」

「あの……マネージャー……その」

「分かってるよ。大丈夫だよ。エッチしに来たんでしょ」

「……うん」

 鈴木君は硬直したまま、まったく行動を起こそうとしません。緊張しきった鈴木君の学生服やワイシャツを、わたしは一枚ずつ脱がせていきます。

「鈴木君、今日は頑張ったね」

「うん……、マネージャーとどうしてもエッチしたかったから」

 わたしは嬉しくて、鈴木君にキスをしました。舌を入れて絡ませると、鈴木君は目尻をとろんとさせて、かわいらしい表情になりました。クチュックチュッ、音を立てて舌を絡ませながら、ズボンとトランクスをおろします。

「鈴木君、エッチするのはじめて?」

「……うん」

 唇を離し、下に視線を向けて驚きました。そこにはメジャー級のオチンチンが勃起していたのです。はちきれんばかりに硬直しています。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2014年7月15日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】ブロンド美女からスパンキング【エッチ】

幼少からMの気がある男です

小学生の時に川原でSM本を見つけて拍車がかかりました

とくにぶたれることへの興味は大きく、中学になったころ英語の辞書で【スパンキング】という単語を知り

そこに「(罰として、子供の)尻を叩くこと」と書かれていました

こんな単語があるほど海外では一般的なのかと感動すら覚えたのですが、同時に悔しさもありました

どうして自分はそういった国の子供に産まれなかったのか

スパンキングへの強い憧れが捨てられず、僕はある行動に出てしまいます英語の授業は海外からメアリー先生という外国人教師を招いて行っていて

先生が帰国するまでの期間に必ずひとつ英語で質問をするようにと課題が言い渡されていました

先に質問をしてくれた子のおかげで先生には子供がふたりいることがわかっていたので

僕は思いきって、怒ってお尻を叩いたことがあるかどうか聞いてみようと思ったのです

ただ授業中に聞くのはどうかと思い

質問の答えを記入するプリントを持って昼休みに先生のところへ行くと

『う~ん、放課後でもいいかしら?』と職員室を出たところで追い返されてしまいました

僕の頭に悪い考えがよぎります

お尻を叩いたことがありますかなんて普通は質問しないし、他の先生に相談されたらどうしよう


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月13日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【学校で】女教師の憂鬱【エッチ】

俺が中学生の時、担任が女教師だった。

いつも白のブラウスに紺のスーツで女教師の典型みたいな格好してた。



その女教師はいつも放課後の掃除を生徒と一緒になってやっていたんだが

ある日、俺と数人がほうきでチャンバラしてふざけていたら足を滑らせて

女教師の胸をおもいっきり鷲掴みにしてしまった。

女教師の胸は見た目よりもはるかに大きく、掴んだ俺の手が沈み込んでしまった。



女教師はちょっと上擦った声で「気をつけなさい」と言っただけだった。

しかし、それ以来その女教師の一挙手一投足が全てエロく見えはじめて、

授業中なんかずっと勃起しててさっぱり身がはいらなかった。



その日から俺のプチストーカー行為が始まった…。        実話です。






このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年5月30日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【寝取られ】天国と地獄【NTR】

えーと、まだ実家暮らしの時の話なんだけど、俺ん家って結構大家族なんだわ。

爺ちゃん、婆ちゃん、親父に母ちゃん、子は上から長女、次女、長男、次男の俺、三女。

一番上の姉ちゃんは大学まで行ったが他は皆、中卒か高卒まで。どうも両親は長女を

大学までいかせてみて全員は金銭的に無理だと悟ったらしい。

そんなのもあって俺より上の二女と長男は二人とも中卒でしかも夜の仕事で働いてた。

俺は高校行ってて当時18、卒業後の事で悩み抜いていた。進学って選択肢は無かったもんで。

とりあえず触れとくが、童貞だった。それどころか奥手な自分が将来、経験する事自体が想像

できなかった。出会いもなかったし。

小遣い無し、バイトで稼げ、バイト無い日は帰って来て家事を手伝え、爺さんの介護も子が分担、

家に恋人連れ込むのも無理。って恋愛とかできる環境じゃなかった。

個人の部屋も無くエロビも観れなかったし彼女もいない。18だった俺は相当ムラムラしてた。

もう姉ちゃんや妹でも良いからやらせろ!ってくらいね。母ちゃんは勘弁だったけど。



ある日、夜の仕事してるって書いた21の兄が「お前彼女とかいるの?」って聞いてきた。

「無理だよ」って答える。まぁ兄ちゃんも同じ環境で育ったわけだから、


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年4月12日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【人妻】妻の過去の写真で欲情【拝借】

結婚5年。妻も私も30歳。子供なし。大体週3回は体を求めあいます。

先日妻の実家を大掃除することに。当然我々夫婦は妻が結婚まで使用していた部屋を片付け。

子供の頃からのおもちゃなど雑多なものが詰め込まれた押入れからモノを引き出し、不用品を裏口に出す。

私が押入れの奥に入ってひっかき回すとクッキーの入れ者風の四角いカンが。

中を開けると若いころの妻の写真。どうやら修学旅行かなにかの写真のようだった。

妻が庭で不用品の片づけ中だったので、見た事ない若い頃の妻のブレザー姿をしばし観賞。

と、数枚目の写真の妻の横には、親しげに腰に手を回す学生服の男の姿。

結婚前に数名と付き合いがあったとは聞いていたが、やはり過去の男の事は気になる。

階段を戻って来る妻の足音に気付き、缶に写真を戻して、さりげなく片づけに戻る。

缶の行方に注意していると、他の「捨てない物」と一緒に新しい段ボールに入れられていた。

その晩は妻の実家に泊まったので、元妻の部屋だった所で二人で寝た。

なんとなく昼の写真の男と若い妻の写真が頭から離れずに、隣の妻に手を伸ばす。

「みんなに聞こえるから」(義弟夫婦が廊下の向いの部屋で寝ている)と小さく拒絶する妻。

しかしモンモンとしている私は我慢できず、パジャマの上から妻の胸を揉みしだく。

必死で声を堪えながら身もだえする妻。しばらくしてパンティーの下に手を入れて確認すると、すでにしっかりと濡れていた。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年4月6日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 512345

このページの先頭へ