【おっぱい】慰安旅行先の40代半ばのコンパニオンの悲劇【巨乳】

昨年の6月3~5日(月~水)で会社の研修(慰安)旅行がありました。

社長(68才)の意向で地方の温泉旅館に泊まり名所旧跡を巡るという若い者には退屈な旅行でした。

ところがその社長本人は急用とかで直前になって行けなくなってしまい、専務(社長の息子)が

「こんなことなら韓国かマカオにしとけば良かったのに!」

と初日からブツブツ・・・

専務は最初から韓国かマカオ、上海と言ってたようだったが、社長の鶴の一声で国内に決定したのだ。

そもそも専務は社員の前では偉そうに言ってるが社長の前では借りてきた猫みたいなものだ。それはともかく初日、二日目と名所旧跡や偉人の記念館とかを巡ったのだが、興味の無い専務を筆頭に添乗員を急かせて旅館に急行。

初日の旅館では専務が酔ってコンパニオンや仲居さんにお触りしたり追いかけたりして、コンパニオンには早々に逃げられるし旅館からは注意されるわ、大変でした。

社長が居ないのを良いことに好き放題したのです。二日目の旅館に到着する前に年配の役員さんから注意があったのと、少し格式が高そうな雰囲気もあり、専務も静かでした。

この旅館は本館と別館に分かれてて、本館は家族向けや少人数の客筋?

別館は各部屋の外に専用の露天風呂が付いていました。さて問題の宴会が始まるのですが、専務(33才)と取り巻きグループ(30~38才)が9名、年配の役員、管理職グループ(46~60才)が5名、そして俺たち若手グループ(23~28才)の8名に自然と分かれて座りました。

本当は若手は多いのですが、慰安旅行には理由を付けて出てきません。

新年会や忘年会には女子も入れて30人ぐらいは参加するのですが、慰安旅行には女子は全く参加する気配すら無かったです。午後6時からの宴会でしたが、早く旅館に到着したのもあり温泉に浸かりゆっくりしたにも関わらず無理を言って早く始めました。

しかし早く始めたのは良かったのですが、肝心のコンパニオンが10分余り遅刻してきたのです。

しかも20代は2人だけで、30代半ばが2人、もう1人は40代半ばの5名だったのです。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | エロ体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【出会い系】始めてやった出会い系で近所で見たことある人妻さんと・・・ 【SNS】

最近人妻さんや熟女さんにハマっている大学生の俺です。

今まで出会い系を使って人妻さんとは20人近く経験しました。



去年の夏休みのことですが、初めて出会い系をやりました。

俺の年齢は隠し、セフレキャンドルで人妻好きの大学生と書き込むと

1時間後には次々と返事が入ってきました。



まあ、さくらばっかかなと思いながら

何人か気になった人妻さんがいたので、何人かとメールでやり取りをしました。

みんな高校生興味があるようで

中でも近場の人妻さんに絞ってやり取りをし、何とか会う約束をしました。



人妻さんは40歳の色白で

人妻さんには、俺と同じ年齢の息子がいるらしく

最初は抵抗があったようですが


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2015年12月21日 | エロ体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【浮気】嫁の出産月に嫁の母親とセックスして妊娠させた 【不倫】

嫁の知香が妊娠、予定日が近づいてきたら嫁の母親(お義母さん)がうちに泊まりにきてサポートしてくれるようになった。



知香はお義母さんが若いときに産んだ子で、お義母さん自身も若く(40歳代)て美人。

お義母さんがもし知香の年齢だったらきっと知香よりも美人でかわいいと思う。



お義母さんはよく「早く孫の顔が見たいわぁ」と言っていて、知香のお腹の中の子はもう男の子だと分かっているので尚うれしく思っている。



嫁の出産予定日の月になり、妊娠が分かって以来ずっと嫁とセックスしていない欲求不満の僕は、お義母さんとカラダの関係を持ってしまった。



お義母さんと言っても一人の女性。その女性と同じ家、鍵のしていない隣の部屋で夜は寝ている。



嫁が体調があまり良くないと早く寝てしまった夜に

お義母さんが寝ている部屋(寝室のとなりの部屋)で・・・



お義母さんはルームライトの豆球(オレンジ灯)を点けて寝ていて辺りはよく見えていた。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2015年5月31日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【会社】部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた完 【職場】

普通のセックスに飽きてしまい、人妻や恋人がいる女性しか興味がなくなった私は、より強い刺激を求めて、身近な人間の妻に手を出してみることにした。



私の会社の大黒柱のような男である間宮をターゲットにし、その妻の美帆を堕とすことにした。公私ともに仲の良い二人なので、私の背徳的な興奮は久しく感じたことのないレベルにまで高まっていた。



そして、それは上手く行き、美帆は私のペニスに完堕ちした。



社長室に、新規開拓先の企業の報告をしに来た間宮。大口の商談に、熱が入る間宮。それを、優しい笑みを浮かべながら見ている美帆。

「背負うものが増えると、さらに熱が入るね。あまり無理するなよ」

私がそんな事を言うと、照れたように笑う間宮。そして、間宮は美帆を見る。



「美帆、気分悪くなったりしてないか?」

『気が早いわよw まだ、お腹だって大きくなってないんだからw』

「それはそうだけど、無理はするなよ」

『ありがとう。あなたもね#9825;』

二人は、本当にお互いを大切に思っている感じだ。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2015年4月22日 | エロ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【浮気】結婚式衣装女性スタッフと妊娠SEX(略奪愛・前編) 【不倫】

彼女と結婚式場を回っていたときに結婚式の衣装女性スタッフ(衣装担当)の美名(みな)さんと出会った。



しばらく担当してもらった印象は、美名さんは小柄でスリム、清楚な感じで仕事の姿勢は真面目、謙虚で頼まれると断れないタイプに思えた。

口数も少なくておとなしく、正直、接客業に向くように思えない。



彼女と僕の両方の衣装担当で彼女の方も時間がかかり、特に女性は式場に見に行く日に、当日他の花嫁が着ていて実物を見れなかったり、その日に着終わっても当日クリーニングに出され、戻ってくるまで見れない。



ウェディングドレスとカクテルドレスの種類も多いため何回も日にちを変えて見に行かないと選べない。



僕はすぐ選べば選べたが、作戦があって敢えてそうしなかった。



僕の行った式場の試着室は一人当たりの広さがすごい。

美名さんと一緒に入ってカーテンを閉めてもすごくスペースがある。

靴を取ってもらったりするときに、四つんばいのまま後ろを向く美名さん。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年4月16日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【レイプ】彼氏の目の前で、初々しい彼女の処女をもらっちゃったw 【強姦】

ムリ打ちしまくって、20年もこんなところで暮らすことになって、人生完全に終わったから、暇つぶしにこんなものでも書くことにした。



しかし、こんな所に20年とか、人権侵害じゃね? こんな事になるなら、やんなきゃよかったわw

学校でも、刑務所の見学とか体験入所させて教えろって話だよな。こんなとこって知ってたら、絶対に入んねーよーに上手くやったのにw



まぁ、こんなモノ書いても、破棄されちゃうかもしれないけど、暇つぶしw





俺は、26歳の時に初めて無理打ちした。それ以来、月に2~3回はやってたけど、無理矢理やっても泣くばっかで、あんまり面白くなかった。

基本、若い子が好きで、一人暮らしの子ばっかり狙ってやってたけど、やっぱり相手が感じないと面白くない。人妻とかも狙ったけど、エロマンガやAVみたいに感じる女は本当に超レアだった。

ただ、勝手なもんで、感じる女に当たっても、それはそれで白けるし、俺は無理打ちに向いてないんじゃないかと思ってたとき、それは起こった。





いつもみたいに、コンビニで目星をつけた若い女の後をつけて、部屋に入るときに押し入るというミッションをしたとき、まさかの彼氏in部屋だった。

でも、女みたいにナヨッとした彼氏は、俺を見て完全にパニクって、怯えていた。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2014年12月2日 | エロ体験談カテゴリー:レイプの体験談

【人妻】海開き(花火大会)【拝借】

2年前の話になります。

地元の恒例行事に海開き花火大会があります。

数時間で1万発もの花火が大空いっぱいに開花するんです。

海辺には、数万人の人が集まり露店も多く出ているので、大変な賑わいをみせます。

私達は、その込み合いから逃げる様に、穴場を見つけ陣取っていました。

その日の夕方、妻は薄い藍色の浴衣に身を纏い髪を束ねた姿は、久々にドキッとする位

女性らしさを醸し出していました。

(妻25歳、165cm/50kg/88・60・91 顔も結構可愛いいと思います)

妻とは、幼馴染で物心ついた頃から一緒にいて、中学卒業と同時に交際を開始し、7年後に

結婚し、この花火は何度一緒に見た事か・・・。

歩いて30分!ようやく現地に到着し、シートを敷き花火が上がるのを待つ事にしました。

穴場と言っても、多くの人がいましたし、露店も数店出ていて食べ物や飲み物を購入し、

夕食を兼ねて食べ始めていました。

”パンパン”始まる合図の花火が上がり、会場もザワザワとし始めました。

”ヒュ~ン・ド~ン”大きな花火が頭上で開き、今にも落ちて来そうな感じがしました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年9月27日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【浮気】結婚3年目の人妻のエロさは異常w 【不倫】

出会い系を初めて10年以上になる。



といっても、時折休みながら続けていた。



会った女性は多いが、すごい!と思える美人とは会ったことはない。



2ヶ月前の事でした。



特にエッチ目的での出会いを求めてた訳でもない彼女を見つけた。



何故だか気になり、紳士的な文章でメールを返した。



やりとりが始まり、少しずつ彼女の事が分っていく。



彼女が結婚3年目の人妻だと言う事。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年9月25日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】連れ子【拝借】

息子(妻の連れ子)は、ほとんど毎晩のように私と妻のSEXを覗きに来るようになりました。そろそろいい頃だと思った私は、先日、SEXの後に疲れて熟睡している妻を寝室に残して息子の部屋に向かいました。

息子は部屋に入ってきた私に驚いたようでした。きっと覗いていたことを叱られると思ったのでしょう。身体を硬くして俯いている息子に、私は声をかけました。

「SEXに興味があるのか?そうだよな。でも、中学生のお前にはまだ早すぎるな。もし、友達の女の子とHして、赤ちゃんでもできたら大変なことになるだろう。わかるよな。」

思いがけず優しく言葉をかけられた息子は、驚きながらもほっとした様子でした。

「ごめんなさい。もう覗かないから・・・」

そう言う息子に、理解ある父親を演じながら、私はついに息子をあの計画に誘いました。

「そうは言っても、興味はあるだろ?お前くらいの年頃なら『Hしたい』って気持ちはあって当然だしな・・・うん・・・そうだな・・・お前、ここからの話は母さんには内緒だぞ。約束できるか?」

「え?何?どういうこと?」

「いいから、約束できるか?どうなんだ。」

息子は突然話の雰囲気が変わって戸惑っていましたが、私の勢いに押されて返事をしました。

「う、うん、わかった。約束する。」

「よし。じゃあ、ひとつお前に聞くぞ。父さんとHしてる母さんを覗いててどう思った?」

「どうって・・・?」

「大丈夫。母さんには絶対に言わないから、正直に言ってみろ。興奮したか?」

息子は私の真意がわからず、まだ多少おどおどしていましたが、私に促されて話し始めました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月20日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】部下の奥さんと【拝借】

私は単身赴任のひとり住まいです。でもマンションf2LDKなので部屋は余っている状態です。先日、結婚した部下が夫婦で料理をつくりに来てくれました。結婚式のときにビックリしたのですが、奥さんはモデルとも思えるスタイル抜群の美人です。正直、こんな女と一回でいいからやりたいと思ったほどです。

ウチに来た時も白いミニスカートにブラウス姿で、下着の線がくっきり見えて、そそられました。手料理を肴にビールを飲んでいましたが、前に買ってあったウォッカを出して、ジュースと混ぜて二人に飲ませました。実は、部下はそれほど酒は強くなく、大体1時間ぐらい経つと眠くなることも知っていました。案の定、部下はトロンしてきて、私は奥さんにウォッカの濃度を上げ、しかも媚薬を混ぜて勧めました。酔いが次第にまわっていき、胸元から見える肌は徐々にピンク色になっていきました。いろいろ話をしていくうちに、奥さんが写真に興味があることがわかり、私がこれまでに撮影した写真を見せるために隣の部屋に行くことになりました。

その前に、もう一杯だけ一気飲みしてからにしようと私の方から言って、さらに濃い目のジュースを与えました。効果はテキメンで、思うように歩けなくなり、隣の部屋で倒れこんでしまいました。ミニスカートははだけて、かわいいピンクのレースのパンティが丸見えです。ほのかに甘酸っぱいような体臭がただいました。私は、介抱するふりをして体を抱き寄せ、「大丈夫?」と顔を彼女の顔に寄せました。彼女は嫌がる様子もみせないため、軽くキスをしてみました。すると、彼女の方から抱きついてきました。夫と間違えているのか、部下の名前をいいながら「大好き。○○のおまんこに早く入れて!」と、舌をからませてきました。たっぷりDKをした後に、ブラウスのボタンをはずし、ピンクのブラもはずすと実に形のいいオッパイが出てきました。ピンク色の乳首がツンと上を向いて、実においしそうです。僕は、思わず手でもみながら唾液をたっぷりつけて、丁寧に舐めてあげました。

「あ〜ん、気持ちいい。もっと舐めて〜。おまんこも舐めて〜」と、それまでの彼女からは想像もできない卑猥な言葉が次々と口から出てきました。その言葉にも刺激され、すでに愛液がたっぷりあふれ出ている「おまんこ」を時間をかけい堪能しました。彼女の中は、狭くて締りがよく、実に気持ちのいいものでした。さすがに、中出しはせずに外に出しましたが、3回の射精はすべて快感そのものでした。

彼女は、そのまま眠ってしまい、着衣をもとに戻して、毛布をかけてあげました。

それから1時間ほどして、部下が眠りからさめ、彼女が寝ていることに気がつきました。私は、「二人とも酔っ払っちゃたみたいだな」というと、二人とも申し訳なさそうにして、帰っていきました。

でも、彼女のあそこはきっと快感を覚えているはず・・・。でも夢の中と思っているのだろうか。

僕は、彼女のすみずみまでハッキリと覚えているよ。おまんこの写真も何枚も撮ったし・・・。でもいい女だった!

レスを書く国内最大級不倫専門サイト!人妻と秘密の関係を築きませんか?


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月9日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 2512345...1020...最後 »

このページの先頭へ