【初体験】人妻OLの私と課長の息子【大人】

 私は25歳の人妻のOLです。2年前にとある企業に就職し、秘書課に配属されました。秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待がさせてご機嫌取りをするのが主な仕事でした。自分で言うのもなんですが、それなりの美貌とスタイルを持っていたので、それゆえの配属でした。社内はもちろん、取引先の相手に交際や誘いはあり、その中で選んだは、20歳年上の人事部の部長でした。大人の男といった感じの紳士でしたが付き合って一ヶ月もしないで破局。部長には内縁の奥さんがいたのと、紳士なのは表の顔だけ、自分に都合にいい女である事を求められたので別れました。次に同期の男性と付き合いました。ハンサムで仕事ができる自信家でした。ただし、セックスは下手。私に命令するだけのただの冷凍マグロなのです。まあ、私は奉仕するセックスは嫌いではありませんし、何より彼は自分に都合のいい女である事は求めませんでした。私が結婚を申し込んだとき、自分は女癖はあまりよくないので浮気するから、それでもいいのなら、結婚してもいいといわれました。私はそれなら自分も浮気をして子供を産むというと、彼はいいともと何と承諾。付き合ってすぐに結婚しました。しかし、結婚後、すぐさま、夫は海外転勤。仕事もあるので私は日本に残りました。

 夫が転勤した後、部長が誘いがありましたが、相変わらず自分に都合にいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。そんな私に対し、部長は紳士的な態度はもはやなく、狂犬の様に罵詈雑言の浴びせられ、図太い神経の私も酷く傷つき落ち込みました。夫を追って外国にいこうかと真剣に考えていたとき、私は一人の男の子と会社で出会いました。

 名前は悠君といい、秘書課の課長の子供で中学生になったばかりのとても綺麗な美少年です。私は悠君を一目見て、気に入り、憂鬱な心が癒されました。名ばかりの秘書課なので課長も営業部、それも夫のいる支社の運営の手伝いをしており、悠君は外部の支援会社との必要な書類の運搬係、まあ早い話、経費節減をするためのお手伝いとして来ておりました。

 手伝いとはいえ会社内でうろつかれると困るので、待機中は秘書課の隣にある防音室にいるようにいわれていました。私は悠君を一目見て好きになりました。そして、お近づきになるために急いでその日の仕事を終わらせ、一人でいるので相手をしようという名目で悠君の所に行きました。

 悠君は私が来るとおっかなびっくりな表情で少し顔を赤らめていました。そんな悠君を見て私は可愛いと思い、優しいOLのお姉さん的に話しをしました。悠君と色々な話しをしました。お母さんは小さい頃に亡くなっており、中学に上がってからは一人暮らし状態と聞いたので、私は悠君に「しばらくの間、私の家でご飯を食べなさい」と誘い出しました。さすがに今日からとはいかず、課長の許可を貰い、次の日からとなりました。

 私はやったと思い、家に戻ると下の毛をすべて剃り落とし、ツルツルに仕上げ、ローションやら勝負用の紐パンやらストッキングなどの買いそろえて準備万端して寝床に入りました。そして、その夜に私は悠君と愛し合う恋人同士になった夢を見てしまい、寝ながらオナニーに耽ってました。

 次の日、私は戦闘準備よろしくに化粧をして会社に行き、急いで仕事を片付けて、悠君の元に向いました。昨日から悠君とセックスすることでいっぱいでしたが、頭を冷静にして、防音室のドアを開けるととんでもない光景がありました。何と悠君はズボンとパンツを脱いで、下半身丸出しにしており、悠君のペニスは反り返っていたのです。悠君は私を見てキョトンとしていましたが、私は悠君のペニスに釘付けです。悠君のペニスは女の子のような綺麗な顔に似合わず、太く長く大きかったのです。夫や部長など問題外です。これ欲しいと思いつつも、私は何をしているのかと悠君に訊ねると、実は昨日からペニスの様子がおかしいので調べていたというのです。よく見ると保健体育の専門書が机の上に乗っていました。

 悠君の話によると昨日、私と話をしているときから、ペニスが途端に大きくなったので体に異変があるのではないかと思い、図書館で保健体育の本を借りてきて、調べていたのだというのであります。私はえっと思いました。私はそれを聞いてすぐに悠君に性の知識がないという事と、悠君が私に欲情していた事実を知り、この絶好の状況に迷わず行動に移りました。

「ねえ、悠君。私がこれが何なのか今夜、教えてあげるわ」

「うん、加奈子さん(私の名前)教えて」

「でも、とりあえず、大きくなったこれを小さくしなくちゃね。ちょっと待ってて」

 私は急いでロッカーから野外セックスを想定したグッズを入れたポーチを持って防音室に戻り、しっかりと鍵を掛けました。悠君はじっと私が来るのを待っていてくれてました。もちろん、ペニスは反り返ったままです。

「じゃあ、これを小さくする準備するわね」

 私はそういうと来ている服を脱ぎ始めました。

「え、加奈子さん、ちょっと待って」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2017年12月22日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【出会い系】3人のJC5人のJKをモノにしています 【SNS】

JCと援○したときの話です。

最初に居酒屋へ行き、付き合ってもらいました。彼女は意外に酒を飲み慣れており、焼酎を私より飲みぐでんぐでんに酔って泥酔状態になりました。



その後ラブホへ行き、彼女は風呂に入りました。私は彼女の後少ししか入ってない水のペットボトルに媚薬を入れました。



最初は一回分でいいかと思いましたがせっかくゲットしたJCなので、どうなるか試してみたくなり3回分も入れました。説明文には強力なので一度に1本までにしてくださいと書いてありましたが無視です。(笑)



彼女が風呂からあがり、残っていた水を飲み干して、開始です。条件はゴム有りで他はあり・・



彼女は愛撫開始5分くらいで頭がくらくらする、と言い感じる部分を舐められたり触られたりすると、体を異常にビクビクさせます。そしてついに彼女のマンコに私のチンポを挿入。



しばらくピストンすると…『ああああーー』彼女はのたうちまわり、マンコからは愛液が溢れます。そして1時間後、体位を変え立ちバック。



彼女は足をガクガクさせてなんとか立っている状態でした。私が絶頂を迎えようと、高速で突いているといきなり彼女が床に倒れ込みました。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2016年1月6日 | エロ体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】「ピッチャピッチャ」「スッチョッ、グッチョッ」と湿った音が・・・ 【SNS】

 女性の肌に触れるのは3ヶ月ぶり。彼女は出会い系のチャットで「裸を見られるのが死ぬほど恥ずかしい」と言っていた。だから真っ暗な部屋でするのが条件。暗闇の中彼女が服を脱ぎ始める。かすかに聞こえる衣擦れの音。何も見えないんだけど、逆にそれがオレを興奮させた。彼女をベッドに押し倒し、強引に足を開かせる。「ヒッ」という怯えたような声。とにかく湿った部分に先端をこすりつけて、腰を前に進める。何度かトライしているうちにズブっという感じで奥まで入った。真っ暗闇。視覚が奪われた状態でのセックス。それがこんなに興奮するなんて。

 夢中で腰を振っていると「ピッチャピッチャ」「スッチョッ、グッチョッ」と湿った音が聞こえてきた。その音を聞いたとたん彼女が乱れ始めた。耳を塞いで「イヤっ、イヤっ」と叫ぶ。オレは耳を塞いでいた手を払いのけると、わざと音を立てるように激しく出し入れし始めた・・・。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||

2015年12月30日 | エロ体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【妹と】横山ゆかりちゃんゆうかいぞ権2ちゃんねる 【エッチ】

酒鬼薔薇と横山ゆかりちゃんは実はベトナム人これ本当




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|

2015年7月14日 | エロ体験談カテゴリー:妹との体験談

【友達と】バイト先のいい肉付きした短大ブスとやった 【エッチ】

2013/03/08at11:03AM



性欲に負けてブスとやった人いる?スレより





<>794:えっちな18禁さん:2013/03/01(金)02:13:21.91ID:/guPNcY+0<>



学生の時にバイト先のいい肉付きした短大ブスとやった。

温泉街にあるカフェで観光客相手に夜12時まで開けてた。

たまに酔っ払った客も居て、ブス美を口説く客も居たが

内心こんなブスよく口説く気になるなぁと思ってた。

ある時、泥酔した客が店内でゲロった。

俺は何だよ!と思ってどう片付けようか思っていると

ブス美はサッサと素手で塵取りに入れ片付け始めた。

「俺が汚いよ。」と言うと「後で洗えばいいんだから」と


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2015年7月12日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【乱交】仕事場の忘年会【王様ゲーム】

<>169:えっちな21禁さん:2005/12/17(土)12:27:09ID:2RUzGo9i0<>

この前、仕事場の忘年会(温泉に泊まり)がありました。

元々、女の方が多い職場だったので、油断していたのもあるのですが、温泉に入って、浴衣に着替えるとすっかりリラックスしてしまって、宴会の席で少し飲みすぎてしまいました。

ホロ酔いになって、トイレに行こうと立ち上がると、少しフラッとして倒れてしまいました。

同僚の女の子達もみんな結構ベロベロで、たまたま傍にいた先輩(男)が心配してトイレ(入り口)までついて来てくれました。

「もしかして襲われちゃうかも」とドキドキしていた私は拍子抜けしたままトイレで用を足して出るとまだその先輩が前で待っていました。

そして、その先輩は「ちょっと飲みすぎたみたいだから少し休むと良いよ」と言って、私の部屋まで連れて行ってくれました。

部屋に入って、布団に横になると、なぜかその先輩も同じ布団に・・・

内心、「よっしゃ〜〜」と思いながらも「ダメ・・・」と軽く拒みましたが、当然そのまま布団に・・・。

でも、先輩はそのまま何もせず寝てしまったので、私は少し拍子抜けした気分になりながら、私も寝てしまいました。







<>187:169:2005/12/19(月)08:28:18ID:y/Tla/4g0<>

すいません。ちょっと用事が入っていたので・・・。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年6月24日 | エロ体験談カテゴリー:王様ゲーム・乱交の体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 4 【NTR】

前回↓









翌日、旅館の食堂で朝食を食べ終わった一行は、帰りのバスが待っている駐車場に集合していた。





「昨日は悪かったな菜穂、色々と面倒を掛けちゃったみたいで。俺、全く記憶がないんだ。」





「ううん……。それより智明体調は大丈夫なの?このままバスに乗っても。」





「あぁ、心配ない、もう大分酒は抜けてるし。」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年6月15日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【酔った】密かに育まれた命 【勢いで】

僕の視線の先には、密かに育まれた命が一生懸命生きようとしている。

堕落しきった僕とはまるで、正反対の世界にいる君。

君がそこにいる事がわかったのは、本当に偶然なんだ。

君のママ「もう半年も来てないんだよね~♪生理不順まじサイコ~♪」

モブ「妊娠したとか?」

君のママ「いや、あたし処女だし」

モブ達「うっそ?このご時世に遅れまくりまくび~♪」

君のお母さんは顔と胸に栄養をとられ過ぎて、こんな感じのおバカさんなんだ。

正直、こんなのが君のママになるなんて…。

そうそう、君がそこにいる理由を話さなきゃね♪

あれは…。



ある日、君のママのグループが僕の秘密基地であるログハウスに無断侵入してきたときだったね。

あの時、僕は君のママの写真を見ながら至福の時を過ごしていたのに

窓ガラスが割れたと思ったら、君のママのグループがやってきたんだ。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||

2015年5月31日 | エロ体験談カテゴリー:酔った勢いの体験談

【酔った】セフレとの体験談 【勢いで】

コピー財布商品

コピー財布商品

世界一流ブランドコピー財布、スーパーコピー商品、激安ブランドコピー。

ヴィトンコピー、ミョウミョウコピー、シャネルコピー、エル

メスコピー品格安通販。商品は全て最高な材料と優れた技術で造られて、

正規と比べて、品質が無差別です!人気ブランド..

経営方針:品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です。

主要取扱商品バッグ、財布、腕時計、靴、装飾品、小物等!

スーパーコピーブランド通販専門店!京都スーパーコピー販売通販、ヴィトンコピー、

グッチコピーシャネルコピー腕時計コピーヴィトンコピー偽物を通販している専門サイトです。

ブランド財布コピー

ブランドコピー財布

ルイヴィトン財布コピー






このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||

2015年5月10日 | エロ体験談カテゴリー:酔った勢いの体験談

【寝取られ】同期一の美女を落とす 【NTR】

その女、由紀に出会ったのは某アパレル企業の入社式だった。

同期100人程が一堂に会した室内で、由紀が立ちあがって自己紹介した時、

隣に座る貞森から「おぉ〜」という歓声が聞こえた。

貞森は慌てて自分の口を押さえて真っ赤になっていたが、気持ちは俺も同じだった。

他の同期や研修の担当者までもが皆、声までは漏らさないまでも、

ぼうっと由紀の美貌に見惚れているようだった。

可憐という表現がぴったりの、間違いなく同期で1番の美女だった。

いや、俺のそれまでの人生の中で、これほど魅力的な女に出会ったことはなかった。

気品あるノーブルな顔立ちと柔らかそうな髪がとても印象的で、

スリムな体型にはリクルートスーツがとても良く似合っていた。



入社式も終わらぬうちから大規模な争奪戦が始まり、

何人もの男達が、何かと話し掛けたりしているのが目に付いた。

当然、この俺も当たって砕けろの精神で何度となく声をかけたが、

一度として誘いに乗っては貰えなかった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||

2015年5月3日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談
2 / 11212345...102030...最後 »

このページの先頭へ