【姉ちゃんと】実の姉に優しくイジメられる生活 【エッチ】

上のページにあった体験版がエロくてM男にはぴったりだったので、ここに丸ごとコピペします。



以下。

















『実の姉と、後輩の女の子に優しくイジメられる生活』サンプルver.



                              小松 とんねる




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2015年4月21日 | エロ体験談カテゴリー:姉ちゃんとの体験談

【友達と】酔っ払って彼女と友達と4Pしてみた【エッチ】

年始に彼女(A)と友達の(TとH、二人とも男)の4人で温泉に行った。

みんな専門学校の友達で、卒業してからも未だによく酒を飲んでいる。

今回も、せっかくの休みだから温泉で酒を飲もう! と、言う感じで一泊二日。温泉につかったら、後は豪華な夕飯を肴にとにかく酒を飲んだ。

で、2時間もするとみんなベロベロ。Tはさっさと眠りはじめ、しかもはだけた浴衣からトランクス越しにわかるぐらい勃起してやがる。

みんな大笑い。悪乗りして、トランクスずらして丸見えに。そして写メ撮ったり、刺身についてた小さい菊の花を乗っけたり。とにかく悪戯の限りをつくた所で友達が「Aちゃん、可哀そうだからイかせてやんなよwww」とかぬかしやがる。

彼女も「え~だって…」とか言って俺を見る。まて、俺の反応次第では気持ちよくしてやるってことか?

酔っ払った頭をフル回転させて、いろいろ考える。気まずい事になる気もするが、一度乱交はしてみたかった。相手もこいつらだし。「よし、いろいろやっちゃったからな。仕上げにイかせちまえ!」と、可能な限り明るく言った。

俺の許可が出ると彼女は「え~じゃあ、手で」と、ちょっと恥ずかしそうにサワサワしはじめた。友達のチンコを彼女が触ってる! そのシチュエーションに、俺フル勃起。

サワサワがシコシコになると、Tが目を覚ました。すげぇビックリしてたが「Aちゃんがヌイてくれるってよ」とHが言うと「まじで!?」と、すげぇうれしそうにしやがる。

「Y(これ、俺の名前)のよりちょっと大きいね」「そんなことねぇだろ」と、俺もチンコを出し「よ~く比べてみな」と、片手で俺のをしごかせる。もともと乱交願望のあった俺さ。後はどうにでもなれだ!

「俺のもしてよ」Hも全裸になった。彼女がまた俺を見る。「みんなで気持ちよくなろう」と彼女を抱きしめるように愛撫した。股間に手をいれると、予想以上に濡れていて、ちょっと悔しかったけどすごく興奮した。

後は順番にフェラされて、俺がゴムを持ってたので順番にセックス。俺の目の前で、彼女から腰を落としてチンポを挿入させていく姿にすごく興奮した。俺の前なのに平気で他の男のチンポを楽しめる彼女のエロさに嫉妬と愛しさ半分半分だ。

全員がイッたところで温泉に。いまさら恥ずかしがることも無いので、人のいない男湯で混浴。セックスまでしたのに、なぜか恥ずかしがって入浴してる彼女に萌え。再勃起。

今度はじっくりとフェラしてもらい、それぞれ手コキだとかフェラだとか、一番好きな方法でイッた。

寝る時はさすがに他の二人とは隔離。俺達の部屋に戻り「すごいことしちゃったね」と、抱きついて来た彼女がすごく愛しい。「大丈夫。今日の事は二人でしたくてしたんだから。誰とどんなことしちゃってもAが大好きだよ」と、全力で抱きしめ返した。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2015年1月31日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】お前すごいな【エッチ】

<>330 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/09/29 19:15 ID:LkOJPU7q<>

一度ひと気の無いところでめちゃめちゃフラフラの女に遭遇したことがある。

マジでひと気が無い場所なのでおいらも怖くて急いでいたところ、

目の前に千鳥足の女性がいたのよ。歳は20代後半ってところか?

当時その場所が怖くて嫌いだったため

そんな女には目もくれず通り過ぎようとしたら突然「よっ!」

って言って絡んで来やがった。

不意をつかれたため「びくっ!」としたらその女「ごめんっ!!」だって。

今考えればホテルに連れ込むことも、その場でやることも出来たかも・・・。

もったいないことしたぜ。せめておっぱいだけでも揉んでおけばよかったなぁ・・・。

長文すまそ。



<>331 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/09/29 21:54 ID:uTKy9vl1<>

お前すごいな。

今までのヘタレ自慢のなかじゃ一番だ! カコイイ!


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||

2015年1月29日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】元カノA子【エッチ】

友人夫婦に誘われ、居酒屋に行くと元カノのA子も来ていた……しかも新しい彼氏と。

私は酒をほとんど飲まないんで食べるのみ、帰りは友人の奥さんが皆を送ってくれました。まずは一番近かったA子の彼氏が降りたんで私が

「甘いモンでも食べに行かない?」

と言うと皆行く事に。

パフェを食べながら話していると……酔いのせいもあるのか、A子といい雰囲気に。

甘いモノも食べ終わり、次に近いのはA子だったが私を先に送ってもらう事に。

私はA子の耳元でコッソリと

「すぐに迎えに行くから少し遊びに行かない?」

A子「………」

私「少し待ってて、嫌なら帰ってて良いから」

と言って友人の車を降りました。

私は駐車場に急ぎ、自分の車でA子の家に向かいます。

A子の家近くに着いたらちょうど友人の車から降りる所だったんで少し離れた場所に車を停めました。

友人の車が走り去ると…A子はちゃんと待ってました。

私は車を出してA子を乗せるとA子は


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2015年1月26日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】酒に付け込まれた【エッチ】

<>117名前:えっちな18禁さん投稿日:2011/02/13(日)16:14:29ID:YKSoUXYL0<>

昔彼女が喰われた話書きます



彼女は年下だけどクールでしっかりした娘。

無口っていうか必要最低限のことしか喋らない。

あと結構口が悪くて、俺にはよく毒を吐く。

同性の友人に対してはそこまで辛辣では無いみたい。

ただ周りに無関心というか、人付き合いが不器用そうな感じ。

素っ気無い猫というか、ハリネズミみたいなキャラ。

目つきも悪いし。

だけど本当は優しくて、そこに惚れた。

すごいおばあちゃんっ子だから、老人にはすごく自然に気配りが出来て、惚れたのもそういうところ。





<>118名前:えっちな18禁さん投稿日:2011/02/13(日)16:15:04ID:YKSoUXYL0<>


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2015年1月22日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】泥酔【エッチ】

焼肉屋で飯を食いながらワインを2本飲んでから近くの飲み屋で焼酎のボトル

を1本を2人で飲みきったので、帰る頃にはM美はヘロヘロ。

M美をタクシーからアパートの部屋に担いで入れ、床に寝かすと泥酔いで寝

てしまっている。

捲れたスカートからみえる下半身を見ていたらやりたくなってしまった。

ついでにと、スカートから見える下半身、服を脱がせた下着姿、全裸、おっ

ぱい、オマンコと何枚か写メを撮っておいた。

服を脱がそうが写メを撮りまくろうがM美は微かな鼾をかきながら寝てい

る。

この時点でチンコはビンビンだったのでオマンコを少し舐めてからすぐ入れ

た。

いつもは生でやって最後は口に出すのだが、飯を食っている最中にM美が今

日は安全日だと言っていたことを思い出し中出ししてやった。

M実が安全日だと言う日はいつも中出しだが、意識の無い女とやるのは初め

てだったのでけっこう興奮した。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年1月13日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】泥酔女【エッチ】

私は中年の独身男ですが、若者が集まるクラブで見かける生意気そうなギャルに目がありません。

しかし容姿はチビで年齢もいっている私のような男はそうそう相手にされるわけもなく・・。

そんな私に先日、女神が微笑みました。

明け方ちかくのクラブ店内。

常連客のナオというギャルがかなり酔っているのを見て介抱してあげていました。

このナオという娘。まだ20歳でした。

170cmの長身に小麦色に日焼けしたなんともHなカラダをしていまして、腰のあたりにはタトゥーも入ってます。ひよわな男なら逃げ出しそうな女王様っぽいキリッとした美貌がたまりませんでした。このナオをオカズに今まで何度オナニーしたことか。

もちろん言い寄っても言い寄っても今まで何度もフラれていました。

それが今夜にかぎって、私が水を勧めるのを「ありがと」と素直に飲んでいるのです。

私はナオを心配しながら必死に介抱して「好きだ」と繰り返しました。

それから2時間後、ナオは私のマンションの部屋にいました。

アルコールが回って完全に眠り込んだナオ。

薄いピンクのタンクトップにジーンズの短パン。

そこから伸びる健康的な長い脚をみているだけで射精しそうでした。

汗ばんだカラダから甘い香りが誘うように鼻先をくすぐります。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年1月11日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【会社】プライド高い同期の奥さんをトコトン堕とす(1) 【職場】

その女、由紀に出会ったのは某アパレル企業の入社式だった。

同期100人程が一堂に会した室内で、由紀が立ちあがって自己紹介した時、

隣に座る貞森から「おぉ〜」という歓声が聞こえた。

貞森は慌てて自分の口を押さえて真っ赤になっていたが、気持ちは俺も同じだった。

他の同期や研修の担当者までもが皆、声までは漏らさないまでも、

ぼうっと由紀の美貌に見惚れているようだった。

可憐という表現がぴったりの、間違いなく同期で1番の美女だった。

いや、俺のそれまでの人生の中で、これほど魅力的な女に出会ったことはなかった。

気品あるノーブルな顔立ちと柔らかそうな髪がとても印象的で、

スリムな体型にはリクルートスーツがとても良く似合っていた。



入社式も終わらぬうちから大規模な争奪戦が始まり、

何人もの男達が、何かと話し掛けたりしているのが目に付いた。

当然、この俺も当たって砕けろの精神で何度となく声をかけたが、

一度として誘いに乗っては貰えなかった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||

2015年1月5日 | エロ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【友達と】最後に一度だけ【エッチ】

52才兼業人妻です。誰にもいえない体験をここで告白させてください。実は昨年の暮れに最後のお別れにと帰任となる上司(既婚58才)と一度だけ体を重ねました。

彼が赴任してきたのは約2年前、初めはうるさ型と思っていましたがなぜか段々と私の中で惹かれていました。昨年の夏の事です。彼から「ここにいるのは後半年もないけど、それまで付き合って欲しい。もちろんお互いに結婚し家庭があるからそれなりの関係(つまりはHは無し)でいいから」と告白されました。私は彼に惹かれていたので、数日後「お願いします」と返事をしました。

それからは当日までは本当にHは事はまったくありませんでした。彼が私に触れるといえば、手を握る位。それ以上は本当に何もありませんでした。私は過去には不倫体験はありませんでした。学生時代に今の主人と出会い初めての男性に。それからはかっこいい言い方をすれば主人一筋でした。でも、子供は手を離れ主人も段々とかまってくれなくなった今、主人以外の男性に優しくされるのは本当にうれしくもあり、女としての幸せを感じていました。

唯、彼が私に手を少しも出す素振りすら見せないのは、初めの約束があったにせよ少し寂しさも感じるようになっていました。

その日(日曜日)主人は年末の残務のため仕事に出かけました。彼は引越しの支度をすると言っていましたから、手伝いとの口実で彼の所に出かけました。

引越し、と言っても単身赴任ですからお昼過ぎにはだいたい片付きました。遅いお昼を近くのお弁当やさんで仕入れ二人で食べていた時、突然彼から「今まで付き合ってくれてありがとう」本当に突然でした。「私こそありがとう。もう最後だね」

そのとき彼は、「一度だけハグしてもいいかな?」と。「いいよ」。彼はとてもとてもきつくハグしてくれました。その時、彼の頬と私の頬が触れ合いました。どのくらいの時間か分かりませんが(本当はすぐだと思います)彼の唇が私の頬にキスして、だんだんと口に近づきとうとう唇を合わせてしまいました。

「キスは約束違反だね、ごめんなさい」と彼。私は俯いたまま「私が好きなの?私はあなたが好き。女の口からいうのは恥ずかしいけど、あなたのしたいようにしていいから」

彼は無言で私の手を採ると優しくベットに連れて行って寝かせてくれました。そして、今度は優しくそして深く唇を重ねました。

私は彼に一糸まとわぬ姿にされ、彼も同じ姿。主人とは違う愛され方に酔ってしまいました。

彼は上になり、性器と性器が触れ合い一気に私のお腹の中に進入してきました。

何回か激しく突かれ彼は頂点に達しそうと言います。「このまま、好きならこのままいっぱい私の中に、お願い」彼は言葉通り私のお腹の中で果てました、後には彼の体液が私の股間から流れ出ました。

最後の最後の日、彼に抱かれたことは思い出としてしまっておきます。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2015年1月5日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】私好みの男の子【エッチ】

数年前の話です。

会社に4~5つほど年下の、私好みの男の子が入社してきました。

趣味の面で話が合う子だったので、どんどん親しくなりました。

当時私には彼氏がいましたが、もともと一緒に遊ぶ友達は男の子が多かったので

その子と遊ぶ事を咎められたりはしませんでした。

 

ある日、その子の部屋に何度目かの訪問をしたとき、

一緒にお酒を飲みながらしゃべっていました。

彼も私もそんなに強い方ではなく、割とすぐに酔っぱらって

そのままベッドに横になったのですが、

一応私はベッドではなく床に寝ころびました。

それに気付いたその子は、「○○さん、こっちに寝てくださいよー」と

私をベッドに誘ってきました。それは、特に変な意味はなくて

“そんなところで寝ると身体が痛くなるよ”という意図だったのは

なんとなくわかったので、素直にベッドに移りました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2014年12月29日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談
3 / 11212345...102030...最後 »

このページの先頭へ