【友達と】幼馴染とセクスした話wwwwww【エッチ】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土)17:51:09.00ID:yDKcG2e50<>

スペック

俺 

高2

フツメンでありたい

バトミントン馬鹿wwww

ちょい痩せてる



幼馴染のスペック

同い年

背は160くらい

セミロングの黒髪

華奢 

Cカップくらいの胸

顔は結構かわいい 


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2014年12月28日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】お隣さんと【エッチ】

同じマンションの隣の部屋の黒人さんとセフレの関係です。最初は挨拶を交わすぐらいだったけど、だんだん話をするようになり、英会話を教えてもらったりもした。ジョーイ(黒人の名前)に何回も告白されたけど、外人は恋愛対象外だったので、いつも断っていた。

ある日、二人でご飯を食べに出掛けた帰りの車の中で、ジョーイがいつもとは違い、積極的に迫ってきた。最初は手を繋ぐだけって言ってきたのに、キスしていい?って聞いてきて、キス以上はしない約束でキスをした。その時スカートの中に手を入れてきて、パンツの上から触ってきた。私はずっと無理無理!って言ってたらジョーイは諦めてくれて、そのままマンションまで送ってくれて部屋の前で別れた。

部屋に戻りさっきの事を思い出し考えていると、だんだん体がムラムラしてきて欲求が押さえられなくなり、ジョーイの部屋に行き抱いて!ってお願いした。そのまま玄関で激しいキスをされ服を脱がされ、お互い全身を舐めあい立ちバックで入れられ、駅弁をされ、ソファーに行き正常位で一発目が終わった。ゴムをしてなくてお腹の上に出されたけど、大量に出ててビックリした。ジョーイは二回目を要求して来たけど、あまりの大きさと激しさに、私の体力は無くなった。二人で裸のままベットに横になって話をして、ジョーイが付き合えなくても良いから、セフレになりたいって言ったので私はOKをしました。それから当分は毎日ジョーイとHをしていました。

だんだんマンネリ化してくると、いろんな玩具を試されたり、コスプレで色々な格好をさせられたり、変な下着ばっかり付けさせられたりした。

この前は二人でアメリカに行き、人が少なくて結構穴場な海岸に連れていかれ、ジョーイに渡された水着をきた。下はTバックで上は超極小ビキニだった。乳首がギリギリ隠れる位の布しかなく、Eカップの私の胸だと少し動いただけでポロリしちゃいそうでした。

人前でヤラシイ格好をした事がなかったのでメチャクチャ恥ずかしかったけど、海外と言うこともあって次第に大胆になれた。そのまま海岸の隅の方でHをしていると、地元の少年達にジロジロ見られていたけど、それもまた快感になっていた。

今じゃあもぅ、恋人以上の関係かもしれません!


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月26日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】風俗に行こうとしたら女友達に見られて、そのまま女友達の家に行った【エッチ】

風俗に行こうとしたら女友達に見られて、そのまま女友達の家に行ったエッチ体験談。



大学生の時、彼女に振られて沈んでる俺に、友人が風俗を紹介してくれた。彼の行きつけの店だと言う風俗店の前まで行ったがどうも踏ん切りが付かず、その周辺をうろうろしていた。そこでバイト先の女友達に偶然会ってしまい、行きがかり上、飯でも食おうか?ってことで、居酒屋に行った。



二人ともほろ酔い気分になった頃、彼女が言った。「さっきいやらしいお店に入ろうとしてなかった?」いきなりのことで言い訳を用意してなかった俺は言葉につまり「やっぱり、入ろうとしてたんだぁ〜、いやらしい!!」と彼女に突っ込まれてしまい、もう開き直るしかなかった。



「そうだよ、彼女に振られたから、風俗に行こうと思ったんだ、でもなかなか入り辛くてね!」バイトではなかなかエッチな会話はしたことなかったけど、この会話を皮切りにエッチな話題で盛り上がった。帰る時に、彼女が「これからいやらしい店行くんでしょう?」って言って来るから「そうだな、一人で帰っても寂しいから、行こうかな?」って完全に開き直って返すと「寂しいなら、うち来る?」と思いがけない言葉が…



ちょっと小心者の俺は下心を抑えて「え、いいの?じゃあ、おまえんちで飲みなおそう!!」と返すのが精一杯。完全に彼女のペースだね。



彼女の家に着くと、「その辺に座ってて、私ちょっと楽な格好に着替えちゃうね」女の子の家に入ることでちょっと興奮気味の俺は着替えという言葉を聞いてさらに興奮、しかし、着替えを終え、「お待たせっ!!」っと言って戻って来た彼女の姿にまたまた興奮、彼女は、上はT-シャツみたいな奴(前かがみになると、胸が見えちゃうような奴、なんて言うのかな?)、下はショート

パンツの生足。思わず「ゴックンっ!!」とつばを飲み込んだが、無言になってはイケナイと思い「イロっぽいねぇ〜、いつもそんな格好してるの?」と聞くと「そう?イロっぽい、興奮しちゃった?」とイロっぽい眼差しで俺のことを見ながら、俺の横にちょこんと座った。



「……」結局、無言になってしまった俺。




このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2014年12月24日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】今朝…【エッチ】

昨日は忘年会があり 盛り上がり朝4時まで飲んでしまい 車で寝る事にしました。

ふと目が覚めると 隣の駐車エリアには 黒と白のワゴンRが止まっていました。

ジュースを買う為に車をおり 自販機に行こうとするとその2台の車に20代前半

ぐらいの女の子が4人寝ていました。

1台の車には ズボンをはいた2人 もう1台はなんと ミニとズボン よく見ると

ミニから 赤と黒のパンティが見えているではありせんか。

最初のうちは少しだけだったのに 写メを撮っているうちに 足が開いていき つい

には全開に 内ももの付け根の部分は 毛がはみ出して今にも匂いがしてきそいです。

夢中になり写メ ムービー撮ってたら 隣の車の窓が開いてるじゃありませんか。

チャンスと思い恐る恐る胸を触ってみました。

目が覚めるかなと思いつつ、モミモミ 目が覚めません。

思い切ってお腹から手を入れてブラを少しずらし、生乳 生乳首ゲット もうビンビン

に立ってたので触りながら シコリ いざ発射という所で顔に向けて発射。

とどかずに胸の所にかかりましたが納得いきません。

ちん○についてたのを指ですくい、唇に塗りました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||

2014年12月22日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】突然の訪問者【エッチ】

俺が大学生の時の話。

夜、部屋でひとりテレビを見ていたとき、不意にインターホンが鳴った。

もう深夜の1時を回っていたので不審に思ったが、

覗き穴から見てみると、そこには見知った女の顔。

俺はドアを開けた。

「こんばんは〜☆」

明らかに酔っていると思われる調子の声。

彼女は、同じ大学の友達美穂だった。

「終電なくなっちゃった。今日泊めて」

そう言うとサンダルを脱ぎ捨てて、ずかずかと部屋の中へ入っていく。

「お、おい、ちょっと待てよ」

俺の制止の声など聞こえないのか、部屋に上がりこんだ美穂は、

ベッドに腰掛けるとつけっ放しだったテレビを見始めた。



「あっ、この番組おもしろいんだよね〜」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2014年12月22日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】オルガスターの快楽 後日談【エッチ】

イクと同時に、私もKも寝てしまったようだ。

4時ごろKが目を覚ました気配で私も起きる。

「あぁ、起きた?」

「状況が全然わからないんですけど・・・私・・・」

どうも記憶が整理できないらしい。ここでひとつ賭けに出た。

「Kちゃん昨日は大変だったんだよ。完全に酔っ払って帰らないとかいうからホテル入っちゃった。

そしたらKちゃん酔っ払ってそこの自販機で面白そうとか言っていきなり買っちゃって」

自販機を指差す。ひとつだけ販売済みのボックスがあるのだが、それは私がローションを買ったためである。しかしKは恥ずかしくて直視できず、それに気づかない。

「それで・・・どうしたんですか?」「Kちゃんがかわいいから、それに便乗しちゃった。大丈夫。絶対秘密にしてあげるから」

「ありがとうございます・・・」背中を指先でなぞると、体を震わせる。全身性感帯なのかもしれない。

「あ、あの・・・どんなもの買ったんですか?私?」エッチにもつれ込むのを避けようとしたのか、Kが私に尋ねた

オルガスターを見せる。Kは手にとってまじまじと見ている。

「これが振動するんだよ」スイッチを入れる。

「は、恥ずかしい・・・」振動を強くすると顔を真っ赤にして目をそらすK。

そのままKの手をとって乳首にオルガスターの振動部を当てる。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||

2014年12月19日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】昔の経験【エッチ】

この話は、30年も毎の話です。まだ僕が旅行会社に入社したての駆け出しの添乗員をしていた頃の事です。当時は募集旅行と言って新聞で広告をだし、旅行参加者を募集して参加者が集まったら遂行するという旅行形態でした。そして、必ず前日に参加者銭インへ連絡をし、集合時間と場所を確認する作業がありました。その時にはまだ僕の友人の母の下の名前を知らずにいたのですが、幼いころからそのおばさんには興味(女としての)がありました。しかしあくまでも憧れのおばさんであり、僕などは相手にされないものと思い込んでいたのです。そして確認作業の最中、代表者の名前の後に参加者の名前があり、その中に寺島君江と言う名前を見つけたのですが、まさかその人が僕の憧れのおばさんだとは気が付きませんでした。そして旅行当日、バスの前で参加者の確認をしていた時、後ろから不意に声を掛けられ振り向くとそのおばさんが満面の笑みで僕を見つめていたのです。「アッ、寺島君のお母さん…」「ひさしぶりねえ、こんなに大きくなって・・・」「今日から二泊三日、よろしく面倒見て!」といい、軽く僕の肩に手を置き、意味ありげな微笑みを掛けてきたのです。もちろん添乗員ですから、その時は単に毎日座席の位置を変えるので、いい席をお願い、みたいに言ってきたのだと思い込んでいましたが、そのおばさんは自分の仲間の女性3人に、「この彼は、あたしの息子の友達で小っちゃなころから知っていて、よく家に遊びに来ては一緒にお風呂に入っていたのよ」っと紹介し始めたのです。さすがに、そのことを聞いた時には僕のおチンチンは半起ちになったのですが、これからの仕事の事の方が気になり、バスへ乗り込むとすぐに忘れてしまったのです。そしていよいよバスは出発し、自己紹介とこの旅行会社を使っていただいたお礼と、乗務員さんの紹介を難なくこなし、バスガイドさんにマイクを渡し席に着きました。最初の休憩場所へ着くとすぐに昼食場所への連絡、そして旅館への人数確認と津着予定時刻を報告し、トイレに向かい用を足して戻ってきた時、バスの前でそのおばさんグループとバスガイドさんが集まって僕の事を話していました。当時はカラオケと言っても8トラックのカセットで曲数も少なかったのですが、まずは場を和ませるため添乗員が先陣を切って歌わなければならなかったのです。そして、バスガイドさんから指名を受け、一曲演歌かなんかを歌い、参加者全員にマイクを回し、自己紹介と歌を披露してもらっていました。そして最初の見学地へ着き、みんなガイドさんの後に続いて見学に行った後、僕はバスに戻り一服していたのです。そのうちガイドさん一人が戻ってきて、「聞いたわよ、添乗さんって大きいんですって?」とニヤニヤしながら僕の下半身をいやらしく眺めてそう言い出したのです。僕は「何が?」ととぼけると、さっきの寺島さんがあなたが中学の時にうちに泊まりに来てお風呂に入っていたのを覗いたら、しっかり下の毛も生えそろい物も大きかったって自慢げに噂してたわよ」と打ち明けられたのでした。そこからが僕にとって大変な旅行になったのです。まず、旅館へ着く数分前に部屋割り表を参加者全員に渡し、夕食宴会の時間を知らせバスが旅館へ到着して、参加者が降りた後バスの中を見回り、旅館へ入ったのです。まだ、夕食宴会まで時間があったので、ガイドさんと運転手さんの部屋へ行き、明日の旅程の確認をして自分の部屋へ引き返したのです。もちろん、運転手さんガイドさん僕はそれぞれ一人部屋で、唯一僕がゆっくりできるところはここしかなかったのですが、急にガイドさんが部屋に来て、今日は久しぶりだから宴会が終わった後、一緒に飲まないかと誘われ、断る理由もないし、前から何回も一緒になったことがあるガイドさんなので、「いいよ、今夜は盛り上がる?」と悪乗りして言ったのが間違いでした。そして宴会になり、まず最初に僕が今日はお疲れ様でしたと明日の予定を良い、参加者の中から一人乾杯の音頭を取って頂く人非お願いし、宴会が始まりました。とは言え、初めて会う人たちばかりなので、最初は打ち解けにくく白けた雰囲気に満ちていたのですが、まず最初に僕が口火を切る格好で、一曲カラオケもなく演歌を歌いだしたのです。そしてそれぞれ参加者もお酒が入り打ち解けだし、いい雰囲気で宴会も盛り上がっていました。その時も僕の憧れのおばさんも盛り上がっていて、時々浴衣の裾が乱れているのをしっかりと目に焼き付けていました。そしてお開きになり、僕もお酒が入っていたのですっかりガイドさんとの約束を忘れ、そのおばさん達が旅館のスナックで飲もうと誘ってきたのです。もちろん願ってもないことでしたので、「では、素早く部屋のシャワーを浴びてきますので、スナックで待っててください」と言い残すや否や、ダッシュで部屋に戻りシャワーを浴び、スナックへ行きました。もうそこは泊り客で一杯で、どこにおばさんたちがいるのか分からず、うろうろしていると、突然僕の浴衣が引っ張られ、座席に倒れこんだのです。するとそこにはそのおばさん達4人組とガイドさんが座っているテーブルだったのです。そして僕が倒れこんだ場所は、憧れのおばさんとガイドさんの真ん中でした。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2014年12月14日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】漏れは、カッコつけ。【エッチ】

<>144 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/09/12 17:48 ID:rw+hsWYV<>

去年の今頃、自転車通勤していたとき、残業で1時頃に帰ったのだが、

帰り道の土手に、オヤヂが寝込んでいて、轢きそうになりマスタ。

オヤヂが邪魔で通れなかったので、道ばたによせたのですが、その時

懐から分厚い財布が見えマスタ。

一瞬躊躇したのでつが、街灯もないところでしたので、お財布をいただ

いて帰ってきマスタ。



<>145 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/09/12 17:53 ID:1zEBYhbh<>

>>144

時効まであと6年あるねぇ。



<>146 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/09/12 17:54 ID:rw+hsWYV<>

その途中、アパートの近くで若いオネーチャンが寝てマスタ。

顔をのぞき込んだら、お隣さんでしたので、お持ち帰りしマスタ。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||

2014年12月8日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】酔って友達の部屋に置き去り【エッチ】

<>571358sageNew!04/05/2310:11ID:0LQn7HNS<>

お酒を飲むとエロくなって何度かお持ち帰りされてるけど、

目が覚めると知らない人と寝てたとか、泥酔して覚えてないとか、

そういう経験はないのね。エロくなるっていうか、人肌恋しくなる感じかな。

寂しがりやなのかもしれない。彼氏がいる時はちゃんと彼氏に相手してもらう。

浮気もしない。問題は彼氏がいない時期。



でね、酔っぱらいながらも一応相手を選んでいる、らしい。

最低限のルールは前から知っている人で、わたしに関心をもっている人、らしい。

そういう基準を満たしていたら、後は気分次第っていうか、勢いっていうか、

テキトーっていうか・・・わたしの中のエロ女よ、もう少し選んでよ。



で、お持ち帰られじゃなくて置き去りにされた話です。



<>572358sageNew!04/05/2310:12ID:0LQn7HNS<>


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||

2014年12月6日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達と】最高のオナニー【エッチ】

<>441名無しさん@ピンキーNew!2013/07/29(月)07:22:13.21ID:m/Y/wYFc<>

自分をフった女の子と会うことほど気まずいものは、世の中に中々ありません。

僕はその日おびえていました。1年前に勇気を出して告白したものの見事に玉砕した香奈枝ちゃんが、家に遊びに来るというからです。



そもそも決して可愛くもなく、ましてタイプでもない彼女に告白したのは、何度か二人で遊んでいるうちにこっちに気があるのではないかと勘違いしてしまうという非常に恥ずかしい理由でした。

不思議なもので、一度そういうことを意識してしまうと止まらないものです。

僕は気がつくと毎晩彼女でオナニーをしていました。

童貞の僕は、彼女が見せる白い生脚や、ストローを吸う時の唇のすぼみなどを思い出してはそれを白く汚す妄想に取りつかれていました。

繰り返しますが、香奈枝ちゃんは決して可愛くありません。

芸能人で言うとPerfumeのかしゆかにかなり似ていますが、あれをほんの少し崩すと結構微妙な顔立ちになるのは想像していただけるかと思います。

ただ身体つきはいやらしいものでした。170cm程度の高い身長とほのかに肉のついた稜線はその抱き心地の良さを感じさせましたし、

何より肌が凄い白くてそこが僕の欲情を非常に掻き立てたのです。

オナニーで満足できなくなった僕は、その身体にどうしても自らをゆだねてみたいという欲望に逆らえず、また流石に失敗は無いだろうという慢心から軽い気持ちで告白してしまいました。

結果は玉砕。

普通にあっさり断られ、その後の交流は殆どなくなってしまったのです。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年12月1日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ