【友達と】単純KY馬鹿童貞中高生どもへ【エッチ】

お前らみたいな童貞中学生の奴がデータベースにいると目障りなんだよ!! 体験談書く場所に 募集なんかしてんじゃねーよ!! 引っ込んでろ!! 

体験談書く場所を荒らすな!!

純粋に体験談を見る楽しみを お前らのようなガキが壊しているのがわからないのか!! 

募集掲示板で募集でも何でも勝手にやってろ!! 

    ↓ ↓

彼女募集掲示板

http://www.gem.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/buru/ibbs.cgi

彼氏・彼女募集掲示板

http://www2.finito-jp.net/bbs5-1/mailbbs.cgi?id=kantkare

彼女募集掲示板


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月8日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】王様ゲームで寝盗られ【NTR】

一ヶ月程前の話ですが。

大学の友達(♂3♀3)が僕の部屋にやって来ていきなり飲み出しました。

それでお決まりのパターンで王様ゲーム。その内に下系へ。

僕はそっち系のノリはちょっと苦手だし、

強引に部屋に上がり込まれて正直気が滅入っていました。

するといつもより度が過ぎた指示が飛びました。

これからトイレ(UB)で二人きり、

15分経たないと出てきてはダメというものでした。

指名されたのは、

いつも女にガッつき気味の友人と控え目で大人しい清楚系の女の子でした。

僕はドキドキしてしまいました。

一瞬、場に変な空気が流れましたが、

その友人は照れながらも嬉しそうにしてるし、

この女の子も押しに弱いっていうか…気丈に見せる為に照れ笑いをしていました。

指示した張本人の王様も引っ込みがつかず、


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2014年7月7日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【人妻】偶然に【拝借】

最近、体験したことを軽く書き込みたいと思う。

私と妻は共に41歳。結婚8年目。子供はいません。

今年に入って私は妻に以前から持っていた願望について話した。

それは混浴温泉巡り。

最初は妻はこの話にけんもほろろで取り付くしまもない。

やっとの説得で、妻の了解を得てGWに初めて混浴温泉旅行に行ったのだが

露天風呂には、周りに客がほとんどいない。

私は少しがっかりしたが最初はこのような感じで良かったかもしれない。

緊張していた妻は想像していたよりも混浴がHな感じではなく

美味しいものを食べて温泉に入れるしで旅行に満足していたから。

そして、この秋に九州に混浴温泉旅行に行くことがすんなりと決まった。

先月、九州新幹線で旅館へ。今回は少し贅沢をして高めの旅館に2泊3日宿泊した。

旅館に到着したら私は早速広い混浴露天風呂に直行した。

妻はもう少し部屋で休んでから露天風呂に来るとのこと。

この旅館は男女別の内湯から出てくる造りになっていて脱衣所も別々だった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年7月5日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】大好きな優子ちゃんが同じ会社の奴に喰われた【NTR】

今日、大好きな優子ちゃんが同じ会社の奴に喰われたことが判明。

そいつはナンパ野郎として社内でも有名な遊び人。社内食堂でそい

つのグループと隣になった時、自慢げに話しているのを聞いてしま

った。複数で飲んでいたようだが、移動中二人がはぐれたらしく、

二人での2次会でガンガン飲ませてタクシーで優子ちゃんの家へ。

ベッドに横にしたらすぐに寝てしまったのでイタズラ。ムラムラし

てそのまま喰ったとのこと。そいつは初めから狙っていたらしい。

途中からは優子ちゃんの意識も戻って完全和姦。「最初は痛がって

大変だったけどマ○コの締り良くてサイコーだった」だと。

優子ちゃんは清楚な雰囲気で顔もスタイルも本当に可愛いので社内

でも評判の子。去年入社してきた時に一目ぼれ。オレは同じグルー

プで仕事してて仲良いから他の男からうらやましがられていたんだ

けど。優子ちゃん、ずっと彼氏ができなくて寂しいって言ってたの

に。まさか処女膜を破られたのでは・・・。午後は隣で笑顔を見るの

がとてもつらかった。かなりへこんでいるんだけど、家に帰って野


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年6月27日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【人妻】続 息子の同級生と妻【拝借】

俺は、風呂の外で会話を聞きながら自分の息子をギンギンにしていた。

タケシ「もう俺、勢力限界かも・・!もう疲れたなぁ」

リョウ「確かに、今日は5回以上抜いたしな!」

ひろこ「今日は、もう終わりにしましょ」

タケシ「でも、せっかく泊れるのに、もっと楽しみたいなぁ」

リョウ「当たり前だ!こんなもんで終われると思うな!旦那の前でもっとイヤらしい事するからな」

ひろこ「旦那の前だけは勘弁して・・・バレたら大変でしょ」

リョウ「大丈夫!旦那さんはもっと酔わせて、目の前で犯してやる」

ひろこ「無理よ、絶対駄目!駄目よ」

リョウ「そう言われると、益々犯したくなるよ」

タケシ「俺も見てみたいな!」

リョウ「俺の体を洗え!その胸で丁寧に洗え!それとお前の穴は全て綺麗にしろ」

タケシ「俺の息子も口で綺麗にしろ!」

ひろこ「んっ・・・・」

妻はちんぽを咥えているようだった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年6月27日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】陰毛を剃り落とす【拝借】

妻の陰毛を剃り落とした昔の話です。それは妻が三十二歳の初夏のことでした。

その頃、私の陰阜に毛虫がついのか痒かった。その痒さが性交を通して妻の陰阜にも移ったらしく、妻もやはり痒いという。私は「剃り落とそう…」と云って妻と一緒に風呂場にいきました。当時の風呂は、まだ、五右衛門風呂でした。私の男塊は、妻の恥部を剃り落とす好奇心で弾けそうに固く漲っていました。

風呂場に妻を立たせました。妻は恥ずかしがりましたが、それを慫慂して石鹸を膨らみの丘に泡立てると、その泡が、黒い恥毛に馴染むように、しゅわ、しゅわ、と音を立てて塗り込み、一瞬にして白いスロープが出来上がりました。私は、そこに密生していた黒い林の全部を、皮膚を傷つけないように慎重に反り落としました。その黒い恥毛は剃り落されるのに、三分もかかりませんでした。膨らみの丘に泡立つ石鹸を洗い流した私は、その変わり果てた膨らみの丘に視線が釘付けになっていました。

恥毛がそり落とされたところは青みがかっていましたが、真っ新らで、一点の曇りもない少女のような白い恥丘に変わっていました。その丘はこんもりと盛り上がっていて、真ん中に薄いピンク色の恥裂が割れて走っていました。産毛一本も生えてなく、つるりとしたた美しい少女の陰阜の丘に変身して現れたのです。赤い恥裂は会陰部まで続いているのが見えました。

ツルツルになった膨らみの丘に指を当てて見ました。指先を少し膣口に差し込むと、その恥裂は、もうたっぷりと潤い溢れていましたが、括約筋がいち早く収縮して、そこがいかに女の敏感な部分であるかを教えていたのです。もう少し指を押し込んでみると、狭く小さな膣口は頑固に拒もうとしました。

お尻に手を回して見ると、そこは白く輝く半球形のヒップが、固さの中にも柔らかく膨んでいて、可愛いい少女のお尻のように見えました。妻は、恥じらいながらも、私にそこらを見せてくれました。私は凄く興奮し、男根から液が弾け出そうなのをグット我慢していました。

風呂場から出た私は、妻とともに全裸のままで寝床に横たわりました。妻を仰臥させ両脚を拡げて見ると、少女のような恥毛のない陰阜が、大の字になった妻の太腿の付け根に浮かび上がってきました。その恥部を愛撫し、潤んだそこに、強張った男塊がその花園に吸い込まれていったのです。

剃り落としてから一週間が過ぎていました。妻は膨らみの丘がチクチクするという。仰臥させて白いパンティをづり下げて見ると、その丘一面に約二ミリ程度の黒い芽が頭を出していました。陰毛のない恥裂を拡げてみると、ピンク色の小さな突起が頭を覗かせていました。それが恥毛のない谷間に埋まる女の敏感な蕾なのでした。私は、芽生える恥毛の痛さから、恥骨や陰阜を擦りつけないように肘を立てて、ゆっくりと静かに律動を繰り返し、妻を昂ぶりに誘い込んでいくのでした。

剃り落としてから三週間が過ぎていました。妻は、社内試験の第一関門突破して第一次合格し、気分良く浮き浮きしていました。その夜、その気分に浮かれた妻は、両脚を大きく拡げて応じてくれました。陰毛は五ミリ程度一面に伸びていました。その夜も恥裂を拡げて跳びだした突起を見つめていると、妻の外側の厚い肉襞がぷっくり膨らんできて、そこが、次第に沼地となって濡れて、その沼地に男塊がめり込んでいきました。その夜も、陰毛が多少芽生えてはいるものの、まだ、擦れ合う少しの痛さがあって、恥骨と恥骨を擦らないように腰を浮かせながら、静かな躍動を繰りかえし果てていったのです。

剃り落としてから一ヶ月が過ぎていました。三歳の子供が眠ったのを見届けてから、妻の下着の全部を剥ぎ取って、薄明かりに膨らみの丘を眺望しました。剃り落とした陰毛は、もう一面に黒く生え揃っていました。そのためその夜は、恥骨と恥骨をぴったりと合わせて律動を繰り返しても、陰毛は伸びていて、私はもう芽生える陰毛の痛みは感じませんでした。女は男にされるままにからだを投げ出して、快感の宙を彷徨っているのでした。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年6月25日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【浮気】援交相手は小学生で息子の彼女【不倫】

以前私は援交していました。初めは会社の同じ趣味、いわゆるロリコン仲間の同僚から誘われました。

聞くところによるとすごく若い女の子を紹介してくれるサイトを見つけたのでぜひ私にも試してみろと言ってきたのです。

重度のロリコンであった私も興味心身だったのですが。独身の同僚とは違い私は所帯持ちで捕まるのも嫌なので断っていたのですが、そいつが携帯を取り出してとある写メを見せてきましたそれが驚くことに、一緒に映っていたにはどこからどう見ても小学生か中学生だったのです。

本物かどうか聞いて確かめたところなんと本物の小学生だというのですよ。

それに興奮した私は、ぜひ紹介してくれと頼みサイトのアドレスとパスワードを教えてもらいやってみることにしました。

そして釣れたのは加奈子ちゃんという女の子、なんと年齢は十一歳。家の息子と同じ年の女の子でした。彼女はなんと泊まりでの希望、写真付きで見てみるととても可愛い子で私の好みでした、しかもまだ彼女にアプローチするライバルはいなかったのでこんなチャンスは速攻でメールを送りました。幾らかの金額と私自身のアピールを書いて送ると返信が返ってきました。その後短い内容での連絡を繰り返した後に『会ってくれますか?』と書かれたメールが送られてきて約束を取り付けることができました。



二週間後家族には内緒で二日間休暇を貰い、出張だと言い家を出ました。

指定された待ち合わせはちょっと田舎の方にある駅で、待つ事数分。駅のホームに旅行鞄を持った女の子がやってきました私はその子に近づき。

「久しぶり加奈子ちゃん」

「あ、叔父さんお久しぶりです」

とやり取りをするして少しでも怪しまれないようにし、女の子を車に乗せた。私の車出勤なのでその辺りは便利だった。

で、車を発進させ走りながら会話をする。

「はじめまして、加奈子ちゃん」

「はじめまして、小父さん」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年6月19日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【友達と】初めての最後【エッチ】

保険の外交をしていた彼女は四十八歳。十年前に離婚し、女の子を引き取って育てていた

小柄なタイプで贅肉もなく笑顔の可愛い女性だった

その彼女とは十年前に彼女が勧めてくれた養老保険に加入してから

時々ホテルのレストランで昼食をしたり、

ある時は会社に「胡蝶蘭」を持ってきて飾ってくれたりもした。

保険外交で出入りする彼女に心を惹かれて既に十年

密かに慕いもしたが不思議に彼女を独占した女にしようと云う気は起こらなかった

が、「下心がなかった」といえば嘘になる

自分の方に気を向かせようと思った事は事実だ

そんな時、彼女の生命保険会社が倒産するという噂が拡がった

その噂に惑わされ、預けた養老保険を解約することにし、

師走の日曜日に彼女を呼び出し 彼女の家の近くのスーパー駐車場で待ち合わせをした。

車の中で彼女が来るのを見つめていると彼女は約束の十一時に姿を見せた。

彼女を車の乗せ、レストラン「かだん」に車を走らせる

レストランに入ると入り口に近い席に案内され、一時間半、たわいもない話題の内にデザートが出されて食事が終わった


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年6月18日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【学校で】女友達のお願い【エッチ】

俺は36歳の会社役員。今年1月に7歳離れた妻と結婚して、

現在妻の身体には新たな生命が宿っている。至って普通の夫婦だ。

しかし3月11日に起こった東日本大震災の影響で心がナーバスになっていた妻が

10日間くらい実家に帰りたいと言うので、5日前に里帰りした。

俺としてはこれからお腹の子供も早く成長するだろうし、

なかなかすぐに行ける所ではないし(妻の実家は九州の温泉街)、

何よりも義父母や親戚が凄く心配していたので帰郷する事を許可したのだ。

本当の事を言うと俺も付いて行きたかったのだが、仕事の関係もあって断念した。

そろそろ本題に入る。

3日前の午前中に1通のメールが入る。(投稿日: 2011/05/23(月))

妻だろうと思って携帯を開くと女友達からのメールであった。

「お久しぶり!ちょっと○○(苗字)さんに御願いがあって。昼休みに電話していい?」

という内容のメールだった。

俺は少し驚いてしばらく考えてから「いいよー。」と返信した。

何せその女友達から連絡が来たのは5、6年ぶりだし、いや、


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月17日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【人妻】バドミントン部で. . .【拝借】

俺は中学でバドミントン部に入った。

あまり知らない奴ばかりだったので気まずそうに黙っていた。

後ろから肩を叩かれた。

振り向くと、男子とは思えない程綺麗な子がちょこんと座っていた。

俺は相手が男なのに萌えてしまった。

次の日、その可愛い男子を自宅へ誘った。

両親とも、仕事に出かけていて、遊び放題だった。

しばらくはゲームをして遊んでいたが、飽きて、可愛い男子(以下よりK太郎)を意識していた。

K太郎は、喉が乾いたと言って、冷蔵庫を勝手にあさりだした。

K太郎は、冷蔵庫の水をガブ飲みし、「外で遊ぼうよ!」と、可愛らしい顔で振り向いた。

そしてK太郎は短パンでももぐらいまでしか無いのを履いていた。

俺は、「いきなり外で運動するのは危ない」と言ってK太郎に準備運動をするように言った。

K太郎は寝ころび、美脚がヤバいほど見えてる。

俺は迷わずK太郎の服を全て脱がした。

そしてK太郎にちんぽをくわえてもらい、激しく動きながら、K太郎の口に白い液体を吐き出した. . . . . .


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月15日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ