【寝取られ】自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と3 【NTR】

妻の真希との結婚式は、私の立場を思い出させるものでした。真希は、私などでは釣り合いが取れないと自覚するほど、美しい女性でした。私なんかと結婚してくれたのは、本当に奇跡のようなものだと思います。



私がプロポーズした時、真希は私に二つの条件を出しました。それは、一生彼女を離さないことと、彼女が私以外の男性と自由にセックスをすることを認めるというものでした……。でも、それは彼女の照れ隠しのようなもので、本気だとは思っていませんでした。



でも、結婚式の当日、それが本気だったことを思い知らされました。まさか、これから式を挙げる直前の控え室で、元カレの巨根に狂わされる真希を見ることになるとは、想像すらしていませんでした。



そして、真希は他人の精液を膣に入れた状態で私と式を挙げ、誓いのキスをしました。それは、私にとってはこの上ない屈辱でしたが、どうしても興奮する自分を隠せませんでした。





そして、表面上は感動的な結婚式……。私にとっては、屈辱的で泣き出したくなるような結婚式は終わりました。



でも、それはほんのスタートでした。新婚初夜、やっと二人きりになれたと思ったら、真希は着替えて出かけていきました。今日の結婚式での、純白の姿からは真逆にも思える、マイクロミニに肩出しキャミに着替えた真希は、日本に到着した元カレの黒人を迎えに行きました。



『じゃあ、ファックしてきま〜す#9825;』

と、悪びれもせずに言いながら出かける真希。彼女が、セックスのことをなぜかファックと言う理由がわかりました……。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年6月12日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【近親相姦】母そっくりのデリヘル嬢と母子相姦プレイ 【背徳感】

大学に入ってすぐ、童貞のくせに熟女風俗にハマッた。

俺、高校まで男子校だったんだが、卒業した先輩から「人妻風俗はいいぞ〜」と

聞かされてて、合格して独り暮らしを始めたら絶対行く!と決めてたんだ。

先輩が愛用してたのは熟女デリヘル。

ただ、下宿に呼ぶのはなんか怖かったから、俺は最初、外で待ち合わせてラブホテルへ行くタイプのにした。

電話するときは、やっぱりドキドキした。

来た嬢は30代半ばくらいかな。

美人でも不細工でもない普通の奥さん風だ。

よく分からんから90分コースを選択。

手コキとフェラと素股で1発ずつ、全部で3発抜いてくれた。

俺が初めてだと知って、いろいろ教えてくれたし、感じも悪くなかった。

貧乳なのは俺的に残念だったけど、最初にしては当たりかな。

出費は痛いけど満足したんで、また頼もうと思った。これが全ての始まりだ。

その2週間くらい後、どうしようもなく溜まって、またデリにお願いしようと決意。

2回目で少し度胸がついたし、ラブホ代ももったいないんで下宿に呼ぶことにした。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年6月7日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【寝取られ】混浴温泉に行って加藤あい似の彼女が淳似のヤリチンにやられた話 【NTR】

735:ワールド名無しサテライト:2014/03/16(日)21:53:01.30ID:fHJaI5u

混浴温泉に彼女と行った時に彼女と友達の彼女が喧嘩になったわ



846:ワールド名無しサテライト:2014/03/16(日)21:58:02.10ID:fHJaI5u

>>783

友達の彼女が俺の彼女を貧乳扱いしてたんだけど混浴で

見比べたら彼女の方がおっぱい大きかったんだ

それでも彼女をガリ扱いするポチャっとした友達の彼女は口喧嘩になり

そのまま殴り合いの喧嘩になったんだ

881:ワールド名無しサテライト:2014/03/16(日)22:01:42.09ID:fHJaI5u

>>858

友達の息子より俺の息子は小さかったからそれも友達の彼女つついてきた

彼女がおっぱいでリベンジしてくれて嬉しかったよ

926:ワールド名無しサテライト:2014/03/16(日)22:31:03.54ID:fHJaI5u

>>921


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||

2015年6月2日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【寝取られ】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった4 【NTR】

息子と行ったスキーで泊まった旅館は、秘境の隠れ宿みたいな宿だった。そして、そこでは私の人生において経験もしたことのないような官能的な時間が待っていた。



私は今、10歳も年下の景子ちゃんに正常位で繋がりながら、旅館の若女将にアナルに指を差し込まれている。こんな風に、一晩にして3人の女性と関係を持つなんて、当然のことながら経験はない。

私は、すでにもう何度も射精をしているのに、若女将のアナル責めの影響もあるのか、ガチガチに勃起したままだ。



そして、景子ちゃんが驚くほど整った美しい顔で私のことを見つめてくる。私の人生では、今までほとんど経験がないことだが、私のことが好きだという思いがこもった目で私を見つめてくれる。





そして、上になっているのは私なのに、さっきから腰を振っているのは景子ちゃんだ。景子ちゃんは、さっきの明奈ちゃんへの責めでよくわかったが、清楚系な見た目に反してドSだった。それなのに、今は正常位の下側で、必死で腰を振ってくれている。私にご奉仕をするように、なまめかしく、そして激しく腰を振る彼女。



『パパさん、気持ちいいですか? 私のおまんこ、気持ちいいですか?』

泣き顔にも見えるような、切なそうな顔で聞く彼女。私はこんなにも美しい女の子に好かれているというだけで、舞い上がりそうな気持ちだった。そして、今まで経験した中で一番気持ち良いと答えると、

『嬉しい! 大好きです!』

と言いながら、景子ちゃんがキスをしてくれた。でも、同時に私のアナルに指を突っ込んでいる若女将が、

『ゴメンなさいね、緩くて』


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年5月27日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【野外】幼少期に感じた事は大人になるとひどくなる 【露出】

私は、今現在は23歳。

地方の県の更に田舎に住んでて、修学旅行ぐらいでしか他県に行った事はありません。

カラオケも隣の町にいかないとないぐらいの田舎です。

(あったけどつぶれたw)



温泉が出る県で、私の地域は観光地ではありませんが、

それでも温泉は少しはあって、町内の人は無料で入れる公衆浴場もありました。

これもやはり田舎ならではだと言う事と、私が父子家庭だったのもあり

ちいさい頃からずっと男湯へ。



父親は私がかわいくて仕方がなかったのか、いつも連れて回ってたし、

女親がいない弊害なのか、娘のそういう女としての部分は気にしてないようでした。

結果的にたくさんの人にかわいがられてましたが、

今思い返せば高学年になるとエッチな目で見られてた様な気がしてます。

もちろん男湯なので同級生とかにも会いますが、


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2015年5月12日 | エロ体験談カテゴリー:野外露出の体験談

【温泉】手コキ体験談 【混浴】

偽物財布コピー、

偽物時計コピー、偽物ベルトコピー、偽物指輪コピー

、偽物キーケースコピー、偽物靴コピー、偽物ペンダント

コピー、偽物ピアスコピー、偽物デニムコピー、偽物チェーン

コピー、偽物コートコピー、偽物ジャケットコピーの偽物

ブランド、ブランド偽者、コピーブランド、ブランド激安、

人気ブランドの販売、通販、オークション、新作のスーパー

コピー、ブランドコピー、韓国スーパーコピー、ブランド激安、

偽物ブランド、ブランドバッグ、激安かばん、ルイヴィトン偽物、財布激安。

商品は全く写真の通りです。

激安、安心、安全にお届けします.品数豊富な商

スピードを発送するのは速い!

4-6日にきっと引き渡す.

税関没収する商品は再度無料で発送します。

期待,ご注文の方は!


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||

2015年5月10日 | エロ体験談カテゴリー:温泉・混浴での体験談

【温泉】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった3 【混浴】

息子と行ったスキーで、秘境みたいな温泉宿に泊まり、恐ろしく淫靡な体験をした。



まだ38歳の若女将と本気の子作りセックスをした後、逃げるように露天風呂に行くと、白ギャル黒ギャルの景子ちゃんと明奈ちゃんとのめくるめく体験が待っていた。





そして、私は二人に腕を組まれながら、人気のない旅館の廊下を歩いて部屋に戻っていった。二人とも、わざと胸に私の腕を押しつける感じで歩いている。そして、ルーズに浴衣を着ている明奈ちゃんの胸元は、私の位置からだと乳首まで丸見えになっている。

『パパさん、見すぎですよ。私の見て下さい……』

少しすねたように、景子ちゃんが言った。そして、カチリと着こなしている浴衣を、グッと引っ張って胸元をルーズにした。すると、景子ちゃんの真っ白な胸と鮮やかなピンクの乳首が見えた。

私は、なぜ景子ちゃんほどの女性が、私なんかに執着してくれるのかわからなかった。



でも、おそらく最初で最後の幸運を、このまま味わおうと思った。息子や娘、妻のことが頭をよぎったが、すぐに振り払った。



すると、明奈ちゃんが私のペニスを、浴衣の上からガシッとつかんだ。

『やっぱ、ヤバいこれw 我慢できないしw』

明奈ちゃんはそう言うと、あっという間に私の浴衣をはだけさせ、いきり立ったペニスを取りだし、自分の浴衣もまくり上げると、立ちバックの格好で挿入してしまった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年5月5日 | エロ体験談カテゴリー:温泉・混浴での体験談

【温泉】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった2 【混浴】

息子と二人でスキーに行き、泊まった温泉宿は、金田一耕助の物語に出てくるような、秘境の隠れ宿みたいなたたずまいだった。

そして、そこを切り盛りする若女将は、和服のよく似合う色気あふれる良いオンナだった。

それだけでもこの宿にした甲斐があると思っていたが、お客さんとして泊まっていた女性二人が、最高にエッチな白ギャルと黒ギャルだった。二人とも美容師で、スノーボードのために来ていたとのことだったが、混浴風呂でその素敵な裸体を見せてもらえた。



そして、キャバクラ状態で彼女たちと食事をし、夜には若女将のスペシャルマッサージまでしてもらえた。





『じゃあ、マッサージ続けますね#9825;』

若女将はそう言うと、スッと立ち上がり、着ていた作務衣を脱ぎ始めた。そして紫のセクシーなブラジャーも脱ぎ、全裸になると、

『たるんでて恥ずかしいです……』

と言った。確かに、38歳という年齢なので、明奈ちゃんと比べると垂れてしまっているが、それでも抜けるように白い餅みたいな胸は、私の欲情をかき立てた。



肌の白さは、景子ちゃんと同じくらい白いと思う。でも、加齢のせいか、それとも経験数の違いからか、彼女の乳首は親指ほどの大きさがあり、なおかつ色素も沈着していた。そして、少し大きめの乳輪も、同じように少し色素が沈着していた。癒やし系の上品な顔からはギャップがあるエロい体に、私はイッたばかりなのに、先ほどからずっとカチカチのままだ。

そして彼女は、ポーチから小さなプラスチックのボトルを取り出すと、中身を手の平に垂らし、私の身体に塗り広げ始めた。それは、良い香りのするオイルだった。

『オイルマッサージしますね』


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年4月26日 | エロ体験談カテゴリー:温泉・混浴での体験談

【温泉】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった 【混浴】

毎年冬が来ると、息子と二人で毎週のようにスキーに行く。そして、温泉旅館にもよく泊まる。小学4年生の息子は、今のところ私とそんな風にスキーに行くのを楽しみにしてくれている。

そのうち、一緒に行ってくれなくなるんだろうなと思うと寂しいが、今はなるべく沢山一緒の時間を過ごしたいと思っている。



寒いところが苦手な妻と、まだ小さい娘はいつも留守番なので、男同士の気楽な旅だ。今回泊まった宿は、かなり山深く秘境の宿といった感じだ。息子も、金田一耕助の映画に出てくるようなロケーションの宿に、妙にテンションが上がっていた。



宿は、古くて小ぶりな宿だったが、手入れの行き届いた清潔感あふれる宿だった。そして、何よりも私が良いなと思ったのが、若女将だった。若女将と言っても、多分30歳半ばだと思うが、こういう宿の女将にしては群を抜いて若いと思った。



そして、和服を着た彼女は、何とも言えない色気があふれていた。露出など皆無な和服なのに、どうしてこんなにエッチに見えるのか不思議だが、私はドキドキしっぱなしだった。



見た目は、安めぐみとか、そんな癒やし系と言われるルックスで、和服の上からでも結構なボリュームを感じる胸は、脱いだらとんでもない事になりそうだと思う。



『ようこそおいで下さいました。スキーでお疲れではないですか? すぐにお部屋にご案内しますね』

と、丁寧さと砕けた感じの混じった口調で挨拶をしてきた。まるっとへりくだった口調で接客されるよりも、ある程度馴れ馴れしい方が私の好みだ。



『僕、スキーは上手に滑れるの?』


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年4月2日 | エロ体験談カテゴリー:温泉・混浴での体験談

【妹と】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間5 【エッチ】

毎年恒例の、母の弟家族との別荘での夏休み。たった一年ですっかり大人になった愛花ちゃんと、予想もしていなかった初体験を経験できた。



それだけではなく、前から憧れていた叔母の千里さんとまで経験をすることが出来た。何もかも最高だった。





僕の目の前で、僕の精液を奪い合うようにキスをする二人。母娘とは思えない程、濃厚にキスをする二人。まだ6年生の愛花ちゃんは、背は低いが胸は母親に似て大きく育ち始めている。でも、少女特有の青い実の固さみたいなものを感じる胸だ。

そして、驚くほどピンク色の乳首をしている。もう数年も経てば、非の打ち所のない美少女に成長するだろうなと思う。



そして、千里さんは30歳を過ぎているようには見えないほど若々しくて美しい。パッと見は、女子大生とかに見える。そして、その大きな胸は多少垂れている感じはするが、それでもとても美しくて良い形をしていると思う。



二人は、僕の精液を奪い合うようにキスをしている。そして、二人ともそれを飲み込んだ。

『ママ! 愛花、お兄ちゃんと結婚するね!』

口の周りを僕の精液でドロドロにしたまま、愛花ちゃんが無邪気な口調で言う。

『もちろん、責任取ってもらわないとねw でも、たまにはママにも貸してね#9825;』

千里さんは、そんな事を言う。とても娘との会話とは思えない。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年3月24日 | エロ体験談カテゴリー:妹との体験談

このページの先頭へ