【マニア】ペニスリング【性癖】

ペニスリングを3ヶ所に無理やり着けられます。まずペニスと玉袋とを一緒にして、その根元に40mmリングが装着され、その次は、玉2個と玉袋を一緒にし、こんどはその根元に31mmのリングが装着されるが、このサイズのリングの中へ玉袋ごと入れるのは、慣れないと、玉が潰れそうなくらい痛いです。玉1個はリングの中へ入りやすいが、2個は慣れが必要です。次はペニスの根元へ21mmのリングが2~3個装着されます。この一連の動作がもたつくと、どうして勃起してしまい。もう玉袋もパンパンになり、なにもしなくともヒリヒリと痛いです。色も赤黒く変色し、苦しくて苦しくて、気が変になりそう・・・・

それでもはじめのころは、まだ比較的少し余裕のあるリングでしたが、装着のしかたが慣れてくると、彼女は玉袋の根元に装着して

いるリングを、こんどはもっと小さな26mmのリングサイズに変えました。やはり玉1個はなんとかリングの中へ通すことができるのですが、2個目がなかなか入らないし、玉がはずれ袋の中でズレた場合、おもわず声に出るぐらい痛かったです。玉はタマゴ型で少し

楕円形ですので、彼女は、玉をタテ長状態に維持して入れると、なんとかリングの中に納まりました。何もしなくとも、玉袋はパンパンの状態です。動くな!!  と言われても、どうしても腰をよじってしまいます。両手・両足は、もともともう縛られているのですが・・・

ペニスはず-と何時間も勃起したままの状態なので、とにかく痛いです。パンツをはいてもペニスがはみ出してしまうし、以前、トレ-ナを着て、散歩させられ、前の部分が一目でもっこりなっていて、恥ずかしい思いをしましたその影響で、ペニスの長さに変わりはないのですが、以前に比べると、太さが大きくなり、逆に普段のとき、ペニスの表面の皮膚が

伸びて、蛇腹のようになってしまった。痛くて本能的に、ぼくは動いてしまうので、ジム用のレザ-張りの長イス(四隅に手足を縛るスチ-ル製の支柱がある)に縛られる

リングを全部装着して、痛がっているぼくをみて、彼女はぼくに口枷をし、少し短い縄で、さらにペニスと玉袋との根元を別々にきつく縛った。 ぼくのペニスは切れてしまうのではと思うぐらい痛く、口枷はされているが、悲鳴に近い声をあげ、涙目の顔を左右に振っていた。この世の地獄です。でも、リングを外した時の解放感は、とても気持ちよく、自然とペニスから透明な液体が出てきます。

その後日、尿道プレイやら、蝋燭責め、それも低温蝋燭ではなく、市販の日本蝋燭でリングを着けた状態のペニスをです。最後は、

針で責められ、気絶したことがあります。  苦痛なのですが、逆に生きているという実感があります。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2018年1月15日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【マニア】アパート暮らしは楽しい!③【性癖】

ある日の朝、私がいつもの様にアパートから出てると、

2階の御主人も…奥さんは居ないな…。

“おはようございます!”と私。

“あ、おはようございます…”とご主人。

少し照れくさそうな顔をして私の横を通り過ぎていく瞬間

“お盛んですね~”と小さな声で…。

ギョッとした表情を浮かべて凍り付く御主人。

私は耳元に唇を寄せ“聞こえてましたよ、さ・く・や・も!”

“えっ・・・・”と益々凍り付く御主人。

“うらやましいなぁ…私もあんなに可愛がって欲しいなあ・・・”

“えっ?”

“私なんか一人暮らしじゃないですかぁ…夜なんか一人で寂しくて…”と

しおらしい表情を作ります。

“あの…彼氏さんがいらっしゃるのでは?”と御主人。

“彼氏じゃないですよぉ、あの人は既婚者だし…ま、セフレかな…”


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2018年1月14日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【マニア】 嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った2【性癖】

嫁の由紀恵と松田との温泉旅行の録音を聞いて、まだ宿にさえ着いていない序盤だけでもう後悔していた。運転する松田のペニスをフェラしながら、我慢できなくなった由紀恵は、サービスエリアでカーセックスをした。

それだけでもとんでもなく凹む内容だったのに、二人が話す内容がきつかった。

由紀恵は、先日の自宅でした松田とのプレイの最中に、中高とヤリ部屋に通って大学生に廻される日々だったという話をした。それは、私を興奮させるためのウソだったと、由紀恵は後で私に説明したが、ドライブ中に松田と話す内容は、それが本当だったと物語っていた。

どちらが本当か、もう聞くまでもないと思っていた、、、

ただ、この状況ですら、興奮しすぎてイキそうな私がいる。多少心が落ち着いたので、続きを再生した。

録音するのはセックスの時だけという指示だったので、いきなりセックスの最中になった。

こんな事なら、全てを録音させれば良かった。移動中に何を話したのか、気になってしかたない。

”ちょっと、まだ食事中だって!宿の人も来るかも知れないって!”

松田の声が響く。

”だってぇ、、 口移しで食べさせてくれたからぁ、、、  もう我慢できないよぉ、””マジ淫乱w じゃあ、由紀恵が食べさせてよ。”

”食べさせたら、すぐ入れてくれる?”

”いいよw”由紀恵がこんな事を言うとはとても信じられない。

本当に、ただのビッチがいる感じがする。

”美味しいw 由紀恵、すっごく美味しいよ。愛してるよ。”

いきなり真剣に口調で言う松田。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月13日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【マニア】3.息子のお友達に見られて興奮する私【性癖】

息子の友人にエッチな姿を見られて癖になった私。

イケない事と知りながらも、興奮する気持ちを抑える事が出来ない私。

何度、息子の友人の前で淫らな姿を曝け出し、興奮した事でしょう。

その日は、息子も幼稚園に行っていて、午後2時過ぎには帰って来るので午前中に

買い物を済ませようと出かける事にしました。

いつもの公園の近くを通ると、息子のお友達が砂場で1人で遊んでいました。

 ”こんにちは・・・今日は1人?”

 ”うん!友達は幼稚園に行ったから・・・”

 ”そうなの?幼稚園には行かないの?”

 ”ん~ママが行かなくていいって”

 ”ママは?”

 ”寝てる!夜お仕事して来たから”

 ”そうなの?家に来る?”

 ”うん!”

そんな事で、私は買い物を止め息子のお友達を連れ家に向かいました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2018年1月11日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【マニア】なおぼんは見た 前編【性癖】

私は、双葉(ふたば)家政婦協会に所属する家政婦です。

家政婦などというものは、お金持ちの奥様などがお雇いになるというのが相場でございます。

決してお安い利用料ではないからです。家政婦というお仕事をしておりますと、ついつい、その御宅の秘密などを目にするものでございます。

まあ、秘密のない御宅など探すほうが難儀(なんぎ)ではございますが。つい先だっても、ある御宅にご縁があって、お世話をさせていただくことになりました。

その時の奇妙なことと言ったら・・・私は都心から小一時間はかかる、高級住宅街の会社役員をされていた御宅に向かいました。

協会から渡された地図を頼りに、坂を上り、また下り、またまた上って小高い丘の上の一軒家にたどり着いたのです。

たいそう古い洋館建てのお家で、高い屏で囲まれ、頑丈な鉄扉(てっぴ)が備えられた、まったく外からは中が窺(うかが)えない御宅でした。表札に「京極(きょうごく)」とありましたので、間違いございません。

私は呼び鈴を押しました。

インターホンというものはなく、昔ながらの呼び鈴だったのです。

このような古い御宅では珍しくございません。中から、五十絡みの品のよいブラウス姿の奥様らしき女性が出ていらっしゃいました。

「私、双葉家政婦協会から参りました、横山と申します」

鉄扉の上の隙間から目だけを出して、そう伝えたのです。

「ようこそ、いらっしゃいました」

そう言って、女性は鉄の重そうな扉を開き、私を招き入れてくれました。彼女はやはり、この家の奥様で、京極妙子(たえこ)と言い、ご主人はあの有名な京極興産会長の京極為次(ためつぐ)です。応接間に通され、私にしばらく掛けて待つようにと奥様が申されました。

アールデコ調の上品な調度品で飾られたお部屋は、趣味のよいものでした。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2018年1月10日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【マニア】拝啓 ご両親様 乱筆乱文お許し下さい その6【性癖】

拝啓

結局わたしたち夫婦はそれから2ヶ月ほどしてから、主人の浮気を理由に離婚することにしました。

もう一緒には暮らしていません。どうしているかも知りません。

娘とは私のことが理解出来るようになってから会おうと思っています。

構わないですよね。お父さん。一緒にいたくない男と一分・一秒でも長く生活することには耐えられませんから。

やはり尚子はお父さんとお母さんの娘です。

たった一度の人生ですから、したい事をして、楽しく、面白おかしく生活した方が得ですよね。

もう、悔いは残したく有りません。反省する暇は今の私にはありません。

ということで、親権も捨て、ただの淫乱メス奴隷になってこの親子の極太チンポたちにお仕えする道を選びました。

同じマンション内なので一応室内飼いにしてもらっています。

ただただ毎日大好きなセックスをしていただいてぶっといチンポにしがみついて生活している毎日です。

もちろん身に着けているのは何時でもお相手ができるようにるようにと

本当に薄い薄い小さなスキャンティーだけを頂いています。

お尻の方から見るとTの字状の細い細い紐がかろうじて見えるだけで、布があるのは本当に蜜壺の部分だけです。

しかも、その布も幅が2センチあるかないかの狭さで、左右両方の外陰唇を一緒には包めません。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2018年1月10日 | エロ体験談カテゴリー:マニアな体験談

【浮気】人妻と少年(親友の息子)【不倫】

 すいません、これはコピペです。

 去年の事です。

 故郷の親友の息子(中学3年生)が夏期講習で、我が家に来た時のことです。

 彼は東京の高校を志望しているため、お願いされたのでした。

 私は30半ばの既婚でしたが子供はいません。

 そんな事こともあり、彼を我が子の様に見ていましたが、彼にとってそうではなかったのです。

 でも、私はそんなことに気づく事はありませんでした。

 夏休み初日、彼は家に着くとすぐに、夏期講習の受付にでかけました。

 私は彼の帰りを待っている間、私はソファーでウトウトしていました。

 どれくらいウトウトしていたのかはわかりませんが、何か人の気配を感じ目を覚ますと彼が隣に座りじっと私を見ています。

「どうしたの」

「おばさん、僕」

「何?」

 と、突然、私に覆いかぶさってきました。

「だめよ、こんなことしちゃ」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2018年1月9日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【妹と】いつもありがとう2【エッチ】

お昼も食べ終わって部活がないので早めに兄さんと帰宅しました。

きょうは帰宅ラッシュでもないのにまた痴漢に会いました。

兄さんが気づいて私を後ろにして「やっぱりね!」といい次の駅でおりました。

私は驚きを隠せませんでした。痴漢してた人は同じ学校の生徒でした。

兄「なんでこんなことしてたん?」

痴漢「スミマセン!許して下さい」

兄「俺は聞いてるねん」

痴漢「私ちゃんのことが好きで・・でも話す勇気もなくて」

私「・・・」

兄「だから痴漢したん?」

痴漢「はい。本当にスミマセンでした。」

私「あのもうかかわらないで下さい。」

兄「いや、俺は許さんで!一回警察いこか」

痴漢「(つい出来心で!と言って泣いてました)」周り注目してて恥ずかしかったです。

そのまま兄さんは駅員さんに連れて行きました。家


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2018年1月9日 | エロ体験談カテゴリー:妹との体験談

【大学生】8年ぶりに再会した3つ上の幼馴染と【JD】

俺が小2の時に隣に住んでいて俺の面倒をよく見てくれていた3つ上の幼馴染のお姉ちゃんが引越しすることになりその当日俺の家にあいさつに来たとき俺は号泣した

寂しさもあったが俺はお姉ちゃんが好きだったから余計涙が出てきた

そんなお姉ちゃんは目に涙を受べながら俺を慰めてくれてほっぺたにキスをしてくれた

それからお姉ちゃんとは会っていなかったが俺が高1の時のことだった

「あれ~ユウキ君?」

俺の名を呼ぶ声が聞こえ振り返るとお姉ちゃんが笑顔で手を振って立っていた

「あぁ~久しぶり」

それは8年ぶりの再会だった

「ユウキ君大きくなったね」

「お姉ちゃんこそ」

「今学校の帰り?」

「うん お姉ちゃんは?」

「私も大学の帰り 今一人暮らししてるの」

「え~そうなの」

「今日暇? 暇なら家に遊びに来ない?すぐそこだから」


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2018年1月9日 | エロ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【従姉妹と】春子【エッチ】

数年前とある田舎の村に親戚がいたのでたまたま行く事になった。

そこで親戚の娘春子(小6)と久しぶりに会った。

春子と会うのは子供の頃以来でほとんど初対面と変わらなかった。

田舎だけあって都会のチャラチャラした感じの娘とは違って素朴な感じの女の子だった。

そしてその夜俺が部屋に一人でいると春子が入ってきた。

都会の話を聞きたいってな事だった。

俺は最初普通に話をしていたが元々ロリで春子位の年がかなり好きだった俺は次第に胸

や太股あたりをちらちら見ていた。

夏で春子はかなり薄着というのもあったからかもしれない

が、自分でも気付かない内にいやらしく見ていたようだ。

春子はそれに気付いたらしく「にぃエッチやなーあたしの見たいの?」などと言ってきた。

俺ははぐらかしたが春子は「見せてあげてもいいよ」などと言ってくる。

俺は理性に勝てず見せてと言ってしまった。

春子は薄いワンピースを脱いだ。ブラもしてなく小さいがしっかり形のできた胸だった。

俺は固まってしまっていた。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2018年1月3日 | エロ体験談カテゴリー:従姉妹との体験談
1 / 45612345...102030...最後 »

このページの先頭へ