【M男】女だらけのレクレーション(5)【痴女】

「じゃあ読みますよー、馬の耳に~」  「はいっ」

優子ちゃんが4連勝し、健太君はとうとうズボンを脱ぐところまで来てしまった。

「キャーーー」 と、女の子達から大歓声が起こる。

健太君は、既にズボンとパンツだけなのだ。

「健太、念仏でも唱えたら、アハハハ」 と、千夏からも言われる中、健太君はズボンを脱いでいく。

「キャーー、パンツ一丁だわ」 と、女の子の一人が言うと、それは直ぐに、女の子達による‘あと一枚コール’へと変わっていった。

「ちょっとあんた達」 と、お母さん達が言うのだが、それは決して注意ではなく、むしろ娘達と一緒に楽しんでいる様にも見える。

そんな皆の様子を見て、満足気な顔をする真理子も、

「優子ちゃん、遠慮は要らないから、健太にトドメ刺しちゃいなさい」 と、優子ちゃんを応援する。 そして遂に、

「健太、次負けたら終わりだからね。 じゃー行くわよ、溺れる者は~」  「はいっ」  「あっ」

なんと、今度は健太君が素早くカルタを取ったのだ。  が、しかし、

「健太、それ違うカルタじゃない、お手付きよお手付き」 と沙希が言うと、

勝負は、呆気ない形で決着した。

そう、お手付きも、一枚服を脱ぐのである。

そして、決着がついた瞬間、女性陣から今日一番の大歓声が上がった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | エロ体験談カテゴリー:M男・痴女の体験談

【フェラ】人妻Mの告白1【クンニ】

私は42歳の主婦Mです。誰にも話してこなかった自分のことを書きたいと思

い投稿します。主人(42歳)とは学生時代から付き合って結婚し、現在、大学生と高校生

の子が2人います。

主人の親は北海道で自営業を営なんでいて跡継ぎのために18年前に都心

から北海道へ来ました。

現在は子供のことにも少し手が離れ自分の時間を持てるようになりました。

そんな時にネットで告白の投稿を見て自分も人に話してみたいという気持ち

になりました。

私の実家は子供の頃から厳しかったせいもあり、私は性に対して疎く、

セックスに対しても少し罪悪感を持っていました。

エッチなこと=悪いことというイメージが私の中ではありましたが、色々な

告白の投稿を見て、衝撃や刺激を受けながらも毎日エッチな告白を見てしま

う自分に正直驚いています。今回の告白はロストバージンのことを書きたいと思います。

皆さんが書いてあるような特別刺激的なものではないのですが…なるべく

露骨な表現で書こうとお思いますが、初めて書くので変でも我慢してくださ


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | エロ体験談カテゴリー:フェラ・クンニの体験談

【初体験】マッサージ業【大人】

私は40代の女性。自宅でマッサージ業を営んでいる。

今日のお客さんは24歳の就職浪人生。芳樹くんだ。

初めまして。よろしくお願いします。

今日のご希望は全身コースですが、局部コースも

試しに受けてみませんか?

局部?芳樹が不思議そうな顔をする。

はい。皆さんされた後は気持ちよさそうにしてますし、一緒に

受けられたら500円お安くなります。

わかりました。します。

ではこちらの同意書にサインをしてください。はい。

芳樹がサインをするのを見届けてから。ではベットに横になってください。

はい。足から順番に。お尻、背中といって最後に股間を

手のひらで撫でまわす。

あっ!じっとしててください。すみません。

芳樹が興奮し始めた。少し先がぬれ始めてきたが


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2017年12月25日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【M男】マッサージ業2【痴女】

今日は先日初めて局部マッサージを受けてくれた芳樹君が

再来店する予定だ。

こんにちは、いらっしゃい。こんにちは。

恥ずかしそうに芳樹が入ってくる。

今日のメニューは・・・局部マッサージだけでいいの?

はい・・・気持ち良かったので。

そう、それはよかったわ。では服を脱いでベットに横になってください。

はい。あの・・・全部ですか?パンツ一枚になって。

芳樹が服を脱いでパンツ一枚になる。カラーのブリーフをはいている。

今日は最初からブリーフをはいてきてくれたのね。偉いわ。

はい。新しく買いました。へえ。どれ?お姉さんにもっと見せて。

私はパンツの近くに顔を近づけてみた。

萌えてきたのでもっこりしたところにチュッとキスをした。

芳樹がびくっとする。私はふっと笑って心配しないで、変なことはしないから。

さあ、うつぶせになってください。芳樹が大人しくうつぶせになる。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2017年12月24日 | エロ体験談カテゴリー:M男・痴女の体験談

【フェラ】親友(初体験)【クンニ】

絵里との出来事があって5日後、絵里の方からうちにやってきた。

今日はTシャツにミニスカートという格好だった。

僕はこの5日間、絵里とのことを思いながら何回オナニーしたか分からない。絵里が「暇?暇だったら・・・」と何かを言いたいようで言えない様子。

僕はなんとなく理解して「暇だよ。部屋においでよ」と絵里を家にあげた。部屋に入ると僕はベッドに腰を掛けた。絵里はモジモジして落ち着かない。

僕は我慢できず絵里の腕を掴み引き寄せた。絵里が僕に覆いかぶさるようになって、絵里を抱きしめた。絵里は抵抗するどころか僕に力強く抱きついた。相変わらず良い匂いだった。「今日もしちゃう?」と聞くと絵里は「うん。してほしい・・・」と答えた。

絵里のTシャツとブラジャーを脱がしオッパイを揉みながら乳首にむしゃぶりついた。

絵里の吐息と、たまに可愛い小さな喘ぎ声が聞こえ、片方の手でミニスカートの中に手を伸ばした。

今日の絵里は僕が触りやすいように自分から少し脚を広げてくれた。

パンツの上から絵里のワレメに沿って指を這わせると、絵里は「はぁっぁぁ~」と声を出し大きくのけぞった。指を何度もワレメに沿って動かしてると湿ってきたのが分かった。

すると絵里は「下着が汚れちゃう」と言うのでパンツを脱がせオマンコを直に触った。

絵里のオマンコに顔を移動して、オマンコを広げクリトリスに吸い付き、愛液だらけのオマンコを舐めた。ボディーソープのような良い香りに愛液の匂いが少し混じっていた。

絵里は何度もビクビク体を震わせて感じているようだった。

僕はオマンコに指を入れてみたくなって、「指入れてみていい?」と聞くと、「痛くしないでね、入れたことないの」と言ってきたので「痛かったら言ってね。すぐにやめるから」そう言って、僕の唾液と愛液にまみれた人指し指を穴にゆっくりと入れていった。思ったよりすんなりと指は入った。

中は暖かく柔らかで、オマンコに指を入れたことに少し感動した。

絵里は無言だったが、指を少し動かすと「あぁん」と声を漏らす。それと同時にオマンコの入り口が締まるのを感じた。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | エロ体験談カテゴリー:フェラ・クンニの体験談

【初体験】美和子物語 河口君の合格祝【大人】

美和子物語 河口君の合格祝い



去年の夏に浪人生の河口君となかよし会をしました。

彼は芸大を目指していました。

私学のバイオリン専攻科に合格していましたが、国立の芸大を目指していました。

12月に私学への合格が決まって報告してくれました。

ご褒美に夕食会をお誘いしました。



ホテルのレストランでフランス料理を楽しみました。

彼の童貞卒業のお相手をして以後は電話でのテレフォンセックスだけでした。

合格したら朝までご一緒しましょうとお約束していました。



食事を終えてからお部屋へ移動して洋服を脱がせてくれました。

ブラまでは彼が、最後のショーツは自分で脱ごうとしましたら僕が脱がせてあげます・・・。

彼の希望を聞いてあげました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2017年12月24日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【フェラ】親友(AとBにばれた!)【クンニ】

絵里との関係が戻り、前のようにセックス三昧かと思っていましたが、現実はそうもいかず3年生が引退した後の部活は大会だので忙しく、お互いなかなか都合が付かずセックスできるのは月に1度か2度程度でした。その間もA、B、C、Dに対する絵里の奉仕も回数は減ったものの続き、絵里はその時の様子を必ず僕に報告していました。夏休みのある時、絵里といつものようにセックスした後に聞いてみました。「絵里にはエッチな願望とか何かあるの?」と聞くと「うーん・・・わかんない」と最初は言いましたが、「オナニーするでしょ?その時にはどんなこと想像しながらするの?」と聞き返すと、絵里は「カズのこと考えながらする時もあるし・・・数以外の人、たとえばA、B、C、Dとセックスするの想像してみたり・・・」「たまに複数でされちゃうとか・・・」「他の人に見られながらエッチなことしちゃうとか!?」と言いました。その後すぐに言い訳をするように「何言わすの?恥ずかしいじゃん。私はカズしか知らないでしょ?他の人とするとどうなのかな?って単純に思うだけだよ」と言いました。

僕は「ふーん、他の奴らのオチンチン触ったり舐めたりして入れたいと思ったりする?」と聞くと、「なんか喜んでくれると嬉しいんだよね。それに気持ちよさそうな顔でいく時なんか可愛いなって思う。そんな時はいつもすぐに帰ってカズにしてほしいって思うよ」と言いました。きっと僕に気を使った言葉なのでしょう。僕はきっと絵里は他の奴らともセックスしてみたいという願望があるのではないかと思いました。

僕は「未だにみんなには絵里のオマンコ見せてないの?本当は見せたんじゃないの?」と聞くと、「見せてないよ。カズだけだから!」と言いました。「見られるのは嫌なのか?」という質問には「うーん、だって恥ずかしいよ。もし見せたら歯止め利かなくなっちゃいそうで襲われちゃうよ。カズは私が他の人としちゃっても平気なの?」と・・・

僕はしばらく考え「平気ってわけじゃないけど、あいつらも可愛そうだな~って思って。俺だけ良い思いしててあいつらは手コキとちょっと舐めてもらえる程度じゃん。ほんと可愛そう」と言いました。

絵里は「うーん・・・」と言って無言で僕のオチンチンを触ってきて、僕のお腹の上に頭を置いて徐々に勃起してくるオチンチンを指先で触りながら見ていました。そしてカリの部分を指先でなぞりながら「カズのここの段差って凄いよね。入れられるときよりも抜かれるときの方がビクっとしちゃう・・・他の人のはこんなんじゃないんだよね」と言いました。

その後は絵里にフェラされ口内射精してもらい、絵里はいつものように飲んでくれました。

僕は「今度、他の奴らのも飲んであげたら?喜ぶぞ~」と言うと絵里は「あはは」と笑っていました。

僕は「そろそろみんなに絵里との関係を言わないとダメかな~みんな俺には隠し事しないで絵里とのこと言ってくれるし。裏切ってるみたいじゃね?」と言うと絵里は「そうだね」と言いながら小さくしぼんでいくオチンチンの先から染み出る残り精子をチュッチュッといわせながら吸っていました。夏休みが終わる頃、僕の家にまた絵里が来てセックスを楽しんでいました。

すると突然部屋のドアが開き「え!?」「なに?」と・・・そこには買い物袋を片手に持ったAとBの姿が・・・僕達といえば僕が寝そべって絵里のおっぱいを揉み絵里は僕にまたがり腰を上下に動かしてるという状態の騎上位姿。「お邪魔しました・・・」とAが言って部屋のドアを閉めて出て行こうとしました。絵里はあわててタオルケットを体に巻き、オマンコからオチンチンを抜きました。僕も反射的に「ちょ、おまえらちょっと待って」とドアの方へ走っていきドアを開けるとバツが悪そうに階段を降りていこうとする2人が居ました。

「戻って来いよ」と僕が言うと「え?いいの?」「でも悪いよ・・・邪魔をした」と遠慮して帰ろうとする2人を無理に引きとめました。するとBが笑いながら「それよりもお前・・・」と僕のオチンチンを指差すと愛液でテカテカしてる勃起したコンドームを被ったオチンチンが!慌てて手で隠し苦笑いしながら、「とりあえず入って来いよ」と言いました。部屋の中を見ると絵里は下着をあわてて付けたようでしたが、スカートとTシャツはまだでした。「いいよな?」と絵里に聞くと「うん・・・」と言ってまたタオルケットを体に巻きつけました。

AとBは「お邪魔しまーす」と言ってバツが悪そうに部屋に入ってきて絵里を見て「どうも・・・」と他人行儀な挨拶をしました。

AとBは一応チャイムを鳴らしたようですが、セックスに夢中だた僕達には聞こえなかったようで更に念のためいつも玄関の鍵を閉めるのを忘れていたようで・・・2人は絵里の靴もあったので部屋に居るんだなと勝手に入ってきてしまったそうです。「2人がこんな関係だったとは知らなかったよ」とBが言いました。僕は簡単に経緯を話しました。

そしてA、B、C、Dにもそろそろ話さないといけないと絵里と話していたことも言いました。

AもBも隠していた僕達を怒るどころか「いやー安心したよ。カズだけ絵里に何もしてもらえてないと思っていたからさー。俺達も心配してたんだよな」とBが言うとAも「ホントに心配してたんだよ。このままカズだけが仲間はずれみたいになってて気まずいよってみんなで話してたし」と言ってくれました。すると絵里がどうしてあの頃、僕を避けていたのか話しました。そして初めてが中3の時に僕だったことや、みんなは同じくらい好きだけど僕だけがちょっと特別だった気持ちも言いました。

「で、2人は付き合ってるの?」とAが聞くと僕も絵里も「いや、そういうんじゃない」同時に否定しました。AもBも不思議な顔をしていましたが「そうか・・・まぁ~いっか!食べようぜ~」と言って買ってきたお菓子や飲み物を出しました。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | エロ体験談カテゴリー:フェラ・クンニの体験談

【初体験】ショタっ子と。【大人】

俺には中学生からの恋人がいる。

女ではなく男だ。

しかし、俺は【ゲイ】ではない。

好きになってしまった人がたまたま男であった。

それだけの事。俺はある村に住んでいた。

通っていた学校は、とても人数が少なく全校生徒合わせても平均的な学校の一クラスか二クラス分の人数しかいない。小学校と中学校が同じ棟で殆ど、分校のような状態。俺は小柄で頭は悪くない。

恋人の名前はT.S。

こいつも小柄で、大人しくて綺麗な顔立ち。俗に言う男の娘みたいなものだった。

身体も華奢で声変わりもほとんどしてない。

良く言えば、大人しくてまじめな子。

悪く言ってしまえば、コミュニケーション能力に欠ける、所謂自閉症。

とは言え、仲良くなれば普通に会話はできる。そんなT.Sは幼稚園からの幼馴染。

小学校2年の時位から、陰に隠れるようになった。

しかし、幼馴染である俺に対してだけは懐いていた。小学5年生の時。

T.Sの家で遊んでいるとき、体勢を崩したT.Sが俺の上に乗ってしまった。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【寝取られ】私の実家で妻と…【NTR】

妻42歳

妻とはバツイチ同士で、最近再婚しました。その妻と初めて私の実家に一緒に泊まった時の話です。

本当は泊まる予定ではなかったのですが、状況の流れで一晩泊まって帰ることになりました。夕飯や風呂を済ませ、2階の私の部屋に上がりました。

私がまだ実家に居た頃に使っていた部屋です。

その隣りの部屋には、私の小さい頃や学生時代の写真や思い出の品などが置いてあり、それらを見て妻は楽しそうに喜んでいました。妻と私はいろんな場所を、面白いモノはないかと物色していたときです。

妻が写真の入った封筒を見つけました。

その中から出てきたのは、なんと私の父が撮ったハメ撮り写真だったのです。

明らかに父と分かる男性と母のハメ撮りのモノや、父以外母以外の男女が入り乱れた乱交のモノなどもありました。

初めは私も妻もショックでしまが、見ているうちに段々と2人とも興奮してきて、私の部屋に戻って布団を敷いた時には、2人ともエロモードになっていました。私が妻の身体を触りながら

「セックスしちゃう?」

と言うと妻は

「したいけど…聞こえちゃわないかなぁ…」

と少しためらいました。

私の実家は、かなり古い木造2階建てなので、いろいろな物音がかなり響きます。

ましてや1階には両親と、私の部屋の真下の部屋には兄の部屋があります。


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【初体験】ふんどしいわい【大人】

               

               

村々では十三歳に褌祝い。初めての白布または茜の褌をする。このとき小母とか、年上の娘から性交を教えてもらう。十五歳で若衆入りし、そこですべての男は年上の女や娘から性交を教られる。いまの若い男どもは、夜這いですらうそなどと教えられ、結婚まで童貞が理想などと教えられて、かわいそうだとおもう。村々では十三か、十五になると公式に性交教育を受け、あとは夜這いで鍛錬した。ただ十三、十五というのは公式の儀礼で、その人たちによってちがう。十にもなると女や娘たちが性交を教えるのもある。私は十から教えられ、十一で射精、十二、十三ぐらいになって風呂や泳ぎでほかの同年の仲間と比較、太くて大きいものを見てびっくりした。夜這いのさかんな時代では男も女も初交が早い者もおおい。共同風呂をやっている家に、子供でも、風呂から出てくると次に入いる小母はんが待っていて、お前もうちんぽ大けなったやないか、見せてみい、とつかまえられて、つかんでしごいてくれた。ちんぽむかれて、痛い、痛いと泣くと、ようむかんと嫁はんもらわれへんぜえ、とまたむいて、しごかれた。   

               

               

      


このエロ体験談を読む »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2017年12月24日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談
3 / 45612345...102030...最後 »

このページの先頭へ